予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

この美味しさからは抜け出せない! 天文のまちから壮大な宇宙をテーマにしたオーガニック日本酒を発売

丸本酒造株式会社のプレスリリース

自社栽培のお米を使った日本酒を作り続けている自然派酒蔵である丸本酒造株式会社(本社:岡山県浅口市鴨方町本庄2485、代表取締役:丸本 仁一郎、以下 丸本酒造)は、天文のまちから送るお酒として「竹林 ブラックホール」「竹林ホワイトホール」を発売しました。
丸本酒造公式ホームページ:http://kamomidori.co.jp/
丸本酒造オンラインストア:https://marumotoshuzou.com/

天文のまちで丹精込めた作られたお米を使用した有機日本酒

蔵人が育てる山田錦を100%使用した日本酒シリーズである丸本酒造の代表銘柄「竹林」は16ヘクタール(東京ドーム4つほど)ほどの田んぼで徹底的な土壌分析を行って育てられた山田錦を使ったブランドです。
銘柄「竹林」の名前は蔵の背後にそびえる竹林寺山に由来してします。
その山の頂上には国内最大の国立天文台があり、天文台や蔵、田んぼのある岡山県浅口市は「天文のまち」として、地域活性化に勤しんでいます。
二つの対となる天体「ブラックホール」「ホワイトホール」をモチーフにしたこのお酒は、同じようで異なる味わに仕上がっており、ブラックは爽やかな酸味、ホワイトは優しい甘さと程よいキレが特徴です。

「天文のまち」岡山県浅口市

浅口市の条例には
「浅口市日本一の天体観測適地を守る条例」
があり、晴天率が高く大気が安定していることで、天体観測適地となったこの街を市全体で、光害から守っていこうという活動です。それほどまでに天候に恵まれ、星が綺麗な土地となっています。
 

国立天文台
国立天文台

丸本酒造の取り組み

今から30年以上前より自社によるお米(山田錦)の栽培を始めた丸本酒造は今なお、米作りを続けています。酒造りをしない農家のお米ではなく、酒造りをする酒蔵のお米で納得のいくお酒を目指しているからです。今ではすべての田んぼの土壌分析、さらに収穫されたお米を製造工程(麹米・掛け米)ごとに使い分けて、お酒を造っています。そんな酒蔵は全国でも数少ないのではないでしょうか。そして丸本酒造はさらなる次元へと歩みを進めています。

■商品情報

名称 : 竹林 ブラックホール/ホワイトホール
価格 : 2750円(税込) 数量限定酒
容量  : 720ml
保存温度 : 常温
販売場所 : 全国「竹林」お取り扱い店舗、オンラインショップ、丸本酒造 売店

■会社概要

社名   : 丸本酒造株式会社
代表者  : 代表取締役 丸本 仁一郎
所在地  : 〒719-0230 岡山県浅口市鴨方町本庄2485
設立   : 1867年(慶応3年)
事業内容 : 日本酒・リキュール・その他の醸造酒の製造と販売
資本金  : 1,000万円
URL    : http://www.kamomidori.co.jp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。