予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

日本の「伝統的酒造り」が無形文化財として登録されたことを記念して「伝統的酒造りシンポジウム」を開催!【2月26日・国立科学博物館にて(オンライン配信あり)】

伝統的酒造りシンポジウム事務局のプレスリリース

日本の伝統的な酒造りの技術は、その恵まれた気候風土の中で育まれたこうじ菌を使う独特のものであり、日本が誇る文化です。その技術は歴史性が評価され、「伝統的酒造り」として、令和3年12月2日に無形文化財に登録されています。
このシンポジウムでは、次世代への伝統継承・発展を模索するために、日本の酒造りに欠かせないこうじ菌に焦点を当てて、酒造りの文化や歴史に関する講演及びパネルディスカッションを行います。

 

< 開催情報 >
2022年 2月26日(土) 14:00~16:00(受付13:30)
国立科学博物館 日本館2階講堂(オンライン配信あり)
参加料無料 ※別途博物館の入館料が必要です。
※本シンポジウムでは、酒類の提供・試飲はありません。

< 参加人数 >
■来場 50名様 限定
■オンライン視聴 450名様 限定
※新型コロナウイルス感染症の状況により、来場参加定員は変更する可能性があります。
※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
※抽選結果は2月15日(火)までにご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。ご案内が届かない場合は、事務局(sakedukuri@ech.co.jp)までご連絡をお願いいたします。

< プログラム >
■基調講演
講演テーマ:「日本人が育てたカビ(仮題)」
細矢剛 氏(独立行政法人国立科学博物館植物研究部長)
[ 経歴 ]
1963年東京都生まれ。1986年筑波大学生物学類卒業。製薬会社研究員を経て、2004年から国立科学博物館に勤務。専門はビョウタケ目という微小なきのこの系統分類。

■パネルディスカッション
ディスカッションテーマ:「こうじ菌文化の素晴らしさ」
【司会】
 宇都宮仁 氏(日本酒造組合中央会理事)
【パネリスト】
 石川達也 氏(日本酒造杜氏組合連合会副会長)
 小泉武夫 氏(東京農業大学名誉教授)
 後藤奈美 氏(独立行政法人酒類総合研究所前理事長)
 多田 格 氏(九州本格焼酎協議会会長)
 村川絵梨 氏
 (※五十音順)

※宇都宮仁氏、石川達也氏、多田格氏は「日本の伝統的なこうじ菌を使った酒造り技術の保存会」の副会長でもあります。

村川絵梨さん村川絵梨さん

[ 村川絵梨 氏 プロフィール]
1987年、大阪生まれ。歌手デビューを経て、2004年から女優業に進出。2005年~2006年のNHK連続テレビ小説「風のハルカ」でヒロインを務めて以降、ドラマ・舞台・映画と幅広く活躍。2021年 NHK大河ドラマ「青天を衝け」では主人公渋沢栄一の姉・なか役を演じた。待機作に5月より上演の舞台『奇跡の人』がある。
2016年に「唎酒師」の資格を取得。2020年には自身でも日本酒のプロデュースをしている。

ーーーーーーーーーーーーー
< 感染症対策に関して >
・ご来場される方はマスクの着用を徹底してください。
・ご入場時に体温を計測致します。37.5度以上体温がある方はご入場をお断りいたします。
・会場内では密を避けて他のお客様との間隔を保つようにご協力ください。
・出入口や会場内では消毒液を設置しておりますので、こまめな消毒をお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
< アクセス >
国立科学博物館 日本館2階 講堂
〒110-8718東京都台東区上野公園7-20
・JR「上野」駅(公園口)から徒歩5分
・東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅(7番出口)から徒歩10分
・京成線「京成上野」駅(正面口)から徒歩10分
※館内に駐車場及び駐輪場はございません。
※シンポジウムへの参加は無料ですが、博物館の入館料(630円)が必要(65歳以上の方等は無料)です。
※開館時間は9:00~17:00です。
ーーーーーーーーーーーーー
【主催】国税庁
【共催】独立行政法人国立科学博物館、日本の伝統的なこうじ菌を使った酒造り技術の保存会、文化庁、独立行政法人酒類総合研究所
ーーーーーーーーーーーーー

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。