予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

春日井製菓のおかしなトークイベント「スナックかすがい」が1月20日(木)に大阪初上陸!校長室とスタジオをつなぎ、無観客・オンラインで無料生配信!

春日井製菓株式会社のプレスリリース

春日井製菓株式会社(愛知・名古屋市、代表取締役社長:春日井 大介、以下、春日井製菓)は、創業90周年の2018年11月から東京で始めたトークイベント「スナックかすがい」の22回目を、初めて大阪の地で開催し、オンライン生配信いたします。
新たな集客策やリピート来店率を高めたい店舗運営者さんや、 企業の人材採用担当者さん、学校をもっと良くしたいと奮闘している教育関係者さんや、コミュニティの立ち上げや活性にヒントがほしい運営担当さんにとって、たくさんのヒントが手に入る機会になると思います。

22回目を迎えるスナックかすがいは無観客オンライン配信!田中校長は校長室からリモート生出演!22回目を迎えるスナックかすがいは無観客オンライン配信!田中校長は校長室からリモート生出演!

 

開催概要
●開店日時:2022年1月20日(木) 
18:30 乾杯でスタート、ゲストトーク前半
20:00 かすがいタイム(zoomブレイクアウトルーム機能で4人一組でおしゃべり)
20:15 ゲストトーク後半
20:45 クロージング
21:00 閉店

オンライン会議システムzoomをお使いになれば、どなたでも無料でご参加できますが、以下Peatixからご登録が必要です。
https://snack-kasugai-vol22.peatix.com/

スナックかすがいとは?
好奇心旺盛な大人たちが、グリーン豆をつまみに、気になる人の気になる話を聞いて楽しむ社交場的トークイベント、それが「スナックかすがい」です。
社名の”かすがい”は創業家の苗字ですが、ことわざの「子はかすがい(鎹)」に用いられる、二つの柱をつなぎとめる”かすがい”を思い浮かべる人も多くいらっしゃることから、弊社の社員が視点も立場も違う二人のゲストの”かすがい”となって、テーマについてお話を掘り下げるトークイベントを2018年11月から開始してきました。

22回目を迎える今回は、当初は2年ぶりの現地参加のお客様とオンライン配信のハイブリッド配信を予定していましたが、オミクロン株の急拡大を受け、無観客・オンライン配信に変更しました。田中校長は校長室からリモート出演されます。

これまでWeWork新橋(東京)、なごのキャンパス(名古屋)、スナックひきだし(東京)、半蔵門スタジオと様々な場所で開店してきましたが、大阪で開店するのも、ゲストが離れ離れでトークを繰り広げるのも、今回が初めて。しかも、ゲストが校長室から出演するスナックは、恐らく前代未聞です。

●「女王のミルク」が引き合わせてくれた、ゲストとの奇跡の出会い
春日井製菓が2021年9月に発売した、前代未聞のミルクキャンディ「女王のミルク」が催した「#たった一度でいいから 叶えたい夢キャンペーン」で5つ目の夢「演奏会を開きたい!」を叶えたのが箕面自由学園吹奏楽部、そしてその場所が、みのおキューズモールでした。
 

 

 

ツイッターで1,400件も集まった夢の中から5つ目に選ばれたのは、自分のためではなく吹奏楽部の生徒たちの夢を叶えたい!と応募してくださった島さんのお導きで巡り会ったのが、みのおキューズモールの総支配人の志村さんと、箕面自由学園高校校長の田中さんでした。

商いの舞台であるショッピングモールの支配人と、学びの舞台である学校の長の共通点は、どちらも「人がいないと成立しない場」を経営するお立場であること。今でこそたくさんの人で賑わう「みのおキューズモール」と、特色ある取り組みで全国から生徒を集める人気校「箕面自由学園高校」は、数年前はお客さんや生徒さんがなかなか集まらなかったそうです。お二人それぞれにお話をお聞きするにつけ、その情熱と知性と人間愛に魅了され、このお話は多くの人のヒントになると考え、スナックかすがいの大阪開催を決意しました。

買い物にも学び舎にも素敵な選択肢に事欠かないこの北摂エリアで、「みのおキューズモール」と「箕面自由学園」という舞台を監督する、熱くて明るくてよく笑うこのお二人は、どんな苦境から何を想い、何をして人を惹きつける場に昇華させたのか?根掘り葉掘りお訊きしてまいります。

こんな方におすすめ
☑ 新たな集客策を探している商業施設関係者さん
☑ お客さんのリピート来店率を高めたい事業者さん
☑ 一緒に働く仲間集めにヒントがほしい経営者さんや採用担当さん
☑ 学校をもっと良くしたいと奮闘している教育関係者さん
☑ コミュニティの立ち上げや活性に悩んでいる運営者さん

ゲストのご紹介

みのおキューズモール総支配人 志村 敦史さんみのおキューズモール総支配人 志村 敦史さん

志村 敦史さん|Mr. Atsushi Shimura
東急不動産SCマネジメント株式会社 運営本部 第2運営部 みのおキューズモール 総支配人

1978年生まれ。約12年程前、今とは全く異なる業種で仕事をしており、通勤時に小さい時から知っている古い町並みの天王寺駅南西エリアで大規模な再開発が行われているのを見て、街そのものを変える事業に携わってみたいという想いから、キューズモールの運営会社である東急不動産SCマネジメント株式会社へ入社。
2011年からあべのキューズモールの開業準備業務や通常運営業務、またその他小規模ながらいくつかの商業施設の立ち上げを経て、2018年みのおキューズモールへ着任し、今に至る。座右の銘は「猪突猛進」
でしたが… 40歳を超えて冷静に振り返ってみると、一緒に走り抜けてくれる人、時には手綱を引いてくれる人が居てこその人生だなと感じており、2022年からはベタですが「一致団結」に変更し、家族、友人、同僚、また自身に関わる色々な人々と一緒に突っ走りたいと思います!(結局突っ走ります笑)
—————————————
 

箕面自由学園中学高校校長田中良樹さん 箕面自由学園中学高校校長田中良樹さん

田中 良樹さん|Mr. Yoshiki Tanaka
学校法人 箕面自由学園 学園長 中学校長 高等学校長

昭和38年兵庫県生まれ。大学院を卒業後、通信教育で教員資格を取得し、27歳から教壇に立つ。
大阪桐蔭高等学校に14年、近畿大学附属高等学校に11年務める。
平成26年から箕面自由学園高等学校の副校長に着任し、翌年校長に。
令和3年学園長を兼務。箕面自由学園高等学校長に就任して6年目。
自称「学校のお父さん」。
めまぐるしく変化する教育環境の中で、大切にしていることは「自分で決めて、努力して努力して、つかみ取る!」。
「こたえは全て生徒の中にあり」をモットーとし、毎日生徒に語りかける。

●これまでのスナックかすがい
 

 

 

 

2020年1月の名古屋開催時の様子(コロナ禍前)2020年1月の名古屋開催時の様子(コロナ禍前)

2021年からオンライン配信に変更2021年からオンライン配信に変更

今後も、様々な”かすがい”を生み出し、お菓子のある楽しいひと時をお届けしてまいります。

★春日井製菓について
1928年に愛知県名古屋市で創業し、現在はキャンディ、グミ、ラムネ、こんぺいとう、豆菓子など幅広い年齢層に支持される菓子を手掛ける菓子メーカー。主力商品として『黒あめ』『塩あめ』『キシリクリスタル』『つぶグミ』『グリーン豆』など。商品アイデアや業務改善など、年齢や部署を超えて全員が主体的に参加できる制度やワークスタイルを採っています。https://www.kasugai.co.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。