予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

【啓翁桜をプレゼント】創業117年の桜なべ屋「桜なべ 中江」で2月1日より「桜の季節の桜なべ」を存分に楽しめる「春メニュー」を販売致します。

株式会社 中江のプレスリリース

創業明治三十八年、浅草・吉原発祥の「桜なべ」の秘伝と味、伝統を守り続ける「桜なべ 中江」を運営する、株式会社中江 (東京都台東区日本堤、代表取締役:中江 白志) は、2月1日より東京の開花宣言まで、ご来店者みなさまに「啓翁桜」をプレゼント、「桜の季節の桜なべ」を存分に楽しめる「春メニュー」の販売を開始いたします。

創業117年の老舗「桜なべ 中江」は、お客様に春を存分に感じていただけるような「春メニュー」をご用意致しました。東京の郷土料理である「桜なべ」は、「桜が咲く頃が美味しいから桜肉」と言われているように、春を感じていただける料理です。また、2月1日より東京の開花宣言まで、ご来店者みなさまに「啓翁桜」の小枝をプレゼントいたします。
※啓翁桜のプレゼントは桜がなくなり次第終了とさせて頂きます。
 

  • 「啓翁桜」とは

店内に飾られた「啓翁桜」店内に飾られた「啓翁桜」

「啓翁桜」は、1930年に福岡県久留米市の良永啓太郎氏が誕生させたことから、啓太郎の一字をとって啓翁桜と名付けられました。温室栽培により、通常の桜が咲く季節よりも早く、お正月の時期から桜を楽しむことができます。「桜なべ 中江」では、2月1日より3月の東京の開花宣言まで、ご希望されるご来店頂いたお客様に「啓翁桜」の小枝をプレゼントいたします。可憐な早咲きの「啓翁桜」が皆様のご家庭に一足早く春のおとずれを感じさせます。
 

  • 春メニュー

◎桜肉料理

2,780円〜2,780円〜

■ 中江専用純国産桜肉『極上桜なべ』
中江専用に肥育された、北海道生まれ九州・久留米産の純国産桜肉は、旨味深く、甘味あり、クセや臭いのない新鮮で安全な肉です。サッと煮て、半生で食べると口の中でとろけるような柔らかさ。
東京の郷土料理、歴史と伝統の味をぜひお楽しみください。

 

2,780円 (ハーフ 1,680円)2,780円 (ハーフ 1,680円)

■ 馬刺し(ロース)
中江専用、純国産極上桜には生で食べてこそ、その違いが分かります。
また、バラ・ヒレ・霜降りなど、肉の種類も豊富にご用意しております。

◎春メニュー

800円800円

■ 春のザク
「桜なべ」に入れる具を意味する「ザク」。春の「ザク」には、有機栽培のたけのこ、菜の花、粟麩、桜麩をご用意しております。

 

1,470円1,470円

■ 桜つくね
桜のかたちをした「桜つくね」。桜なべに入れて煮込めば、さらに桜なべが美味しくなります。

 

470円470円

■ 春のデザート
口に入れると桜の香りが広がる「桜アイス」と定番の「抹茶アイス」をご用意致しました。

 

  • 中江の歴史

 

「桜なべ 中江」の歴史

明治三十八年創業、117年の歴史をもつ「桜なべ 中江」。関東大震災で倒壊後に再建され、もうすぐ築100年を迎える店舗は、国の有形文化財に登録されております。
「中江」は吉原大門に位置し、明治期には周辺にも20件を超える「桜なべ屋」がありましたが、現在では「桜なべ 専門店」としては現存する唯一の「桜なべ屋」です。
創業以来、関東大震災、東京大空襲、石油危機、バブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災など、数多の危機を乗り越え、東京の郷土料理である「桜なべ」の味を守り繋いで参りました。
中江はこれからも、明治からの東京の郷土料理「桜肉文化」の継承を担っていきます。

■ 「桜なべ 中江」ホームページ
ホームページ:https://www.sakuranabe.com/
 

  • 「新型コロナウイルスへの対策」について

「桜なべ 中江」では、感染症対策として、入店時のアルコール消毒と検温、そしてお客様の手洗いを実施させて頂いております。手洗いに関しても、ご来店頂いた全てのお客様にご飲食の前に実施をお願いしておりますが、「新型コロナウイルス」の感染防止と同時に、「ノロウイルス」の防止も意図しております。また、お席へのご案内に関してもお客様同士で十分に着席時に空間が確保できるよう、余裕のある配席を実施しております。

 

  • 「中江」店舗詳細

■ 桜なべ 中江
住所         :〒111-0021               
   東京都台東区日本堤1丁目9−2
営業時間   :月: 定休日
                  火〜金: 17:00~21:00
                  土・日: 11:30~21:00
電話番号     :03-3872-5398
オープン      :明治三十八年 (1905年)
ホームページ:https://www.sakuranabe.com/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。