永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

コスメから食品まで話題の最新美容・健康が一堂に! ビューティ&ウエルネスの国内最大規模展示会  第17回「ダイエット&ビューティーフェア2018」 第4回「アンチエイジング ジャパン2018」 第9回「スパ&ウエルネス ジャパン2018」 東京ビッグサイトにて9月開催!6月より事前入場登録開始

UBMジャパン株式会社のプレスリリース

秋の美容の総合展示会「ダイエット&ビューティーフェア」と「アンチエイジング ジャパン」、そして国内唯一のスパ専門展示会「スパ&ウエルネス ジャパン」(主催:UBMジャパン株式会社 東京都千代田区)は、9月10日(月)・11日(火)・12日(水)の3日間、今年も東京ビッグサイト(西1・2ホール&アトリウム)で開催します。尚、事前入場登録は6月1日(金)より開始しております。

9月10日(月)より東京ビッグサイトにて開催

最新のコスメや美容機器をはじめ、今話題の新素材や健康・美容食品など、健康長寿社会に向けますます拡大が期待される美と健康の商品やサービスが多数出品されます。

恒例の併催イベントでは、初日(9月10日(月))メインステージでの第8回「ビューティ&ウエルネスサミット」を皮切りに、地域の魅力的な美容商材を発掘する第4回「ジャパンメイド・ビューティ アワード」、現場で役立つエイジングケアの知識をアップさせる「アンチエイジングゼミ」、次世代型のビューティライフスタイルを提案する「美・ボディメイク ライブステージ」など必見の専門セミナーやイベントを連日開催します。

■約400企業と27,000人のバイヤーとプロフェッショナルが一堂に集結。

<注目の出展商品>

【2018年フォーカステーマ!「抗糖化対策と糖質摂取」「骨と筋肉」「睡眠」「ビューティ&ヘルステック」「スパ化粧品」】

ますます注目の「糖化」は「糖化対策」だけでなく糖質の摂取にまでテーマを拡大し今年もフォーカス。そして新しいテーマとして女性の栄養と筋力不足に着目した「骨と筋肉」にフォーカスし、基調講演(事前予約先着50名/聴講無料)と協賛出展社による関連商品のプレゼンテーションセミナーを実施します。

また、「睡眠」及び「スパ化粧品」、そして今後注目すべきテーマの美容と健康の最新テクノロジー「ビューティ&ヘルステック」については、関連商品の集中展示を企画しています。

尚、最終日(9月12日(水))にはメインステージで「ビューティテック シンポジウム」を開催します。

※各種イベント・セミナーは7月上旬から申込みを受付開始します。

【今年も新商品が続々登場。「美・ボディメイキング」と「ダイエット」ゾーン】

今年も、“痩身よりも健康で美しい体型を目指して~次世代ビューティライフスタイルの提案”をテーマに「美・ボディメイキング」と「ダイエット」ゾーンには、骨格筋を整え鍛えるためのエクササイズやサポートグッズ、体組成計、機能性下着、ダイエット食品、サプリメントが勢揃い。

また恒例の「美・ボディメイク ライブステージ」(聴講無料)では、今年は「YOGA JAPAN」で人気の講師 ケン ハラクマ氏と芥川 舞子氏の出演が決定。そして今年も人気インストラクター 井上 トキ子氏や池田 佐和子氏らによる「健康的で魅力的なボディをつくる」トレーニングメソッドや施術などを連日開催。“美”と“健康”を保つためのライフスタイルを包括的に提案します。

(協力:公益社団法人 日本フィットネス協会、YOGA JAPAN、日本タイ古式マッサージ協会)

【第4回「ジャパンメイド・ビューティ アワード」エントリー数増加へ】

今年で4回目を迎える地域発の美容商材に光を当てる「ジャパンメイド・ビューティ アワード」。対象は地域資源を使ったコスメ、インナービューティ(食品・飲料・サプリメント)や雑貨、行政等の新技術や農商工、産学官の連携プロジェクト。今年も魅力ある商品が続々エントリーされています。展示会に先立ちエントリー商品は小売や美容専門流通の第一線のバイヤーやキーパーソンに審査され、9月初旬の展示会開催前に結果が発表されます。

尚、授賞式は9月10日(月)展示会会場メインステージにて行われます。

昨年は、MILK’ORO エイジングヨーグルト(熊本県 株式会社オオヤブデイリーファーム)、TSUBAKI SAVON(佐賀県 株式会社バーズプランニング)、シャンティ スウィッチェルりんご味&ゆず味(佐賀県 株式会社Karatsu Style )等が選ばれました。

※エントリー商品は8月初旬に公式ホームページにて公開され、一般投票を開始します。

<関係者必見の併催イベント>

【第8回「ビューティ&ウエルネスサミット」開催 (9月10日(月))「日本の健康長寿ビジネスをブランディングする」がテーマ。】

展示会初日に、展示会のイベントの核で美容・健康業界のキーパーソンによる第8回「ビューティ&ウエルネスサミット」を開催します。基調講演では、経済産業省ヘルスケア産業課長による「健康経営」「生涯現役社会」への取り組み、そして最先端のテクノロジーがもたらす次世代のヘルスケア、最後に日本の伝統のヘルスケアである温泉の取り組みについての3題を行います。

【第10回「スパ・シンポジウム」「スパ クリスタルアワード2018」授賞式 (9月11日(火))】

展示会2日目はスパのイベントが目白押し。開会直後に開かれる恒例の「スパ・シンポジウム」(共催:NPO法人日本スパ振興協会)では、第1部の基調講演で、観光立国日本の最大の魅力として温泉を核とした美と健康のビジネスの可能性についてを観光庁や環境省の担当官が講演。

第2部では、世界の潮流「ウエルネスツーリズム」をテーマにパネルディスカッションが行われます。

また、もう一つのスパのメインイベントである日本のトップスパを決定する「スパ クリスタルアワード2018(共催:株式会社コンセプトアジア)」の授賞式は、同じく2日目の午後に開催されます。

※トップ10スパは9月初旬に公式ホームページ及び別途プレスリリースにて発表されます。

【9月12日(水)「ビューティテック シンポジウム~ビューティテックが切り拓く未来」(共催:株式会社アイスタイル Beauty Tech.jp 編集部)初開催へ】

美容・健康サービスは、ビッグデータによる「予測」「個別化」、AIによる「合理化」によって消費者との距離をさらに縮め、次代の産業へ生まれ変わろうとしています。本シンポジウムでは、国内外の最先端の動向を紹介。業界キーパーソンによる基調講演 (1)「AIとXRが変える顧客体験と売上」 (2)「J-Beautyが世界に出ていくために」をテーマにパネルディスカッションが繰り広げられます。

■展示会開催 概要

<展示会名称>

第4回「アンチエイジング ジャパン2018」( http://www.dietandbeauty.jp/ageing/ )

第17回「ダイエット&ビューティーフェア2018」( http://www.dietandbeauty.jp/diet/ )

第9回「スパ&ウエルネス ジャパン2018」( http://www.dietandbeauty.jp/spa/ )

<併催イベント>

第8回「ビューティ&ウエルネスサミット」

第10回「スパ・シンポジウム」(共催:NPO法人日本スパ振興協会)

第4回「ジャパンメイド・ビューティ アワード」授賞式

「スパ クリスタルアワード2018」授賞式(共催:UBMジャパン株式会社、株式会社コンセプトアジア)

<会場>

東京ビッグサイト 西1・2ホール&アトリウム

<日時>

2018年9月10日(月)・11日(火)・12日(水)

(開催時間:展示ブース:10:00~17:00)

(初回ステージイベント事前聴講者入場受付:9:00~)

<主催/企画>

主催 UBMジャパン株式会社

企画 月刊Diet&Beauty

<後援>

環境省、観光庁、スポーツ庁、中小企業基盤整備機構、日本貿易振興機構(ジェトロ)、

<協賛(順不同)>

一般社団法人 日本エステティック振興協議会/一般社団法人 日本エステティック協会/一般社団法人 日本エステティック業協会/一般社団法人 日本エステティック工業会/認定特定非営利活動法人 日本エステティック機構/公益財団法人 日本エステティック研究財団/一般財団法人 日本エステティック試験センター/一般社団法人 日本全身美容協会/厚生省生衛第135号認可 全日本全身美容業協同組合/一般社団法人 CIDESCO-NIPPON/公益社団法人 日本フィットネス協会/公益財団法人 日本健康スポーツ連盟/特定非営利活動法人 日本ホリスティック医学協会/一般社団法人 日本マタニティフィットネス協会/特定非営利活動法人 日本ネイリスト協会/公益社団法人 スポーツ健康産業団体連合会/一般社団法人 日本フィットネス産業協会/特定非営利活動法人 アンチエイジングネットワーク/NPO法人 日本スパ振興協会/NPO法人 健康と温泉フォーラム/公益社団法人 日本サウナ・スパ協会/一般財団法人 日本ホテル教育センター/地域活性学会/一般社団法人 日本リラクゼーション業協会/公益社団法人 日本アロマ環境協会/一般社団法人 日本ホームヘルス機器協会/公益社団法人日本通信販売協会/一般財団法人 国際指圧普及財団/一般財団法人 日本健康開発財団/特定非営利活動法人 日本抗加齢協会/全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会/日本健康科学学会

<開催規模(予定)>

出展社数:400社、来場者数:27,000人(予定)

※前回出展規模及び来場者数:383社、677小間、26,953人

<展示ゾーン>

コスメ・美容機器(プロユース)、コスメ・美容機器(ホームユース)、インナービューティ、ダイエット、販促・ビジネスサポート、個店・小規模サロン向け商材、ジャパンメイド・ビューティ、美・ボディメイキング、アンチエイジング関連(ビューティケア製品、ヘルスケア製品及び原料、OEM・PB、ビューティ&ヘルステック等)、スパ&ウエルネス関連(ホテル・温泉・温浴設備・機器、ヘルスケア製品、リラクゼーション、温泉・ツーリズム等)

<来場対象>

エステティックサロン及び美容サロン、リラクゼーションサロン、フィットネス・スポーツクラブ・スパ・温浴等の美容・健康施設経営者や技術者、ホテル・旅館・レジャー・リゾート施設やその他複合施設関係者、医療・福祉、メーカー、商社・卸、小売、バイヤー、地方自治体関係者、メディア関係者、他

※イベント・セミナーの詳細は7月公開の公式ホームページにてご確認ください。(出展社詳細情報は8月初旬公開)

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。