予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

わいんびとが、岩手県の日本ワイン生産者「THREE PEAKS」の2021年ヴィンテージレポートを発表。

株式会社LASTSHIPのプレスリリース

日本ワインの文化振興・販売促進事業を展開する株式会社LASTSHIP(本社:広島県広島市、代表取締役社長:山下武)が運営する日本ワイン専門のモール型ECプラットフォーム「わいんびと」は、日本ワインの産地PR支援プログラム「ヴィンテージレポート」(以下、本プログラム)で、わいんびと生産者パートナーの株式会社スリーピークス(所在地:岩手県大船渡市、代表:及川武宏、以下THREE PEAKS)のヴィンテージレポートを発表いたします。

本プログラムは、日本ワイン生産者のヴィンテージレポートを発表し、日本各地のワイン産地の動向を年次で分かりやすく伝え、日本ワインの飲用体験をより価値のあるものにするための日本ワインの産地PR支援プログラムです。ヴィンテージはぶどうの収穫年を指し、ヴィンテージレポートは「ぶどうの生育」「収穫時期」「ワインの出来」で整理してヴィンテージ動向をまとめたものです。
本プログラム概要
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000093187.html
 

THREE PEAKS(岩手県)の2021年ヴィンテージレポート
総括

2021年を一言で表現するなら「希望のヴィンテージ」。ぶどう栽培の開始から8年目にして良質なぶどうが多く収穫できるようになってきました。自社畑のシャルドネは三陸の特徴である穏やかな酸、フレッシュな果実味が表現されていると思います。夏に冷やして飲んでほしいワインです。シードル用のりんごの収穫量は春の遅霜の影響で極端に少ない年になりました。

ぶどうの生育

雪がほとんど降らない暖冬。例年に比べると暖かく、雪もほとんど降らない冬でした。そのため、剪定作業もいつもより早く取り掛かり、巻きひげの除去などの作業もじっくり時間をかけて行うことができました。


これまでで最も早い春の訪れ。桜の開花が例年に比べ2週間も早く、管理している陸前高田市のりんごの花も同じく早く咲きました。その後、数日間にわたって気温が下がり、遅霜の被害が発生したことで、りんごの実が極端に少ない年になりました。5月に入ると気温は安定し、ぶどうは例年通りの萌芽をむかえました。


曇りや雨が多い夏。梅雨明けは早かったので例年に比べ降水量が多いわけではなかったのですが、その後もカラッと晴れる日が少ない夏でした。気温が低いためか病害は少なかったですが日照不足が心配でした。


8月末から続いた残暑は9月前半までで落ち着き、中旬からは曇りや雨の日が続きました。晩腐病がみられ収穫量は予定より減少しましたが、糖度は目標まで上がりました。

収穫時期
シャルドネは例年と同じ9月下旬に成熟し、pHが低く、糖度はもう少し欲しいところでしたが、病気の広がりが心配でしたので、少し早めに収穫しました。収穫量は年々少しずつ増えています。

ワインの出来
収穫後はすべての房を一つ一つ丁寧に選果してから搾汁することで、上質な果汁を得ました。ステンレスタンクで2週間発酵。その後、ステンレスタンクで5ヶ月熟成しました。シャルドネは熟成を見込んだ造りではなく、クリーンでフレッシュな酸がしっかりと感じられる早飲みタイプのワインに仕上がっています。メルロは果実味もありタンニンもしっかりしているため、2〜3年後に飲み頃を迎えるワインだと思います。

THREE PEAKSとは
岩手県大船渡市初のワイナリーとして、2018年に創業した家族経営のワイナリー。家族経営ならではの手間を惜しまず丁寧に造られた「海の幸との相性を意識した、穏やかな酸味が特徴の辛口ワイン」が地元でも評判です。

岩手県は全国第5位の生産量を誇る日本ワイン産地として多様な気候と古い地質を持ち、独自性のあるワインを次々と生み出しています。THREE PEAKSがワイナリー事業を営む大船渡市は、元々ぶどう栽培が盛んな地域ではありませんでしたが、代表の及川氏が震災後の三陸に新たなワイン文化を創りたいという強い使命感と情熱を持ってイチからワイン造りへの道を切り開いていきました。家族の結束をチカラに、三陸生まれのワインでやさしくなれるひとときを提供する海街ワイナリーとして、地元の食文化に寄り添えるような味わいのワイン造りを心掛けています。
会社名:株式会社スリーピークス
屋 号:THREE PEAKS
所在地:〒022-0002 岩手県大船渡市大船渡町字茶屋前99
代表者:及川 武宏
概 要:https://nihonwine.net/pages/seller-profile/three-peaks

わいんびととは

わいんびとは、「日本ワインを近くする。」をコンセプトに、日本各地の日本ワイン生産者から直接ワインをお取り寄せできる、日本ワイン専門のモール型ECプラットフォームです。日本ワインならではの「距離の近さ」を活かした安心の生産者直送で流通によるワインへの負荷を最小限に抑え、デリケートなワイン本来の味わいを損ねることなく国内最短ルートでのお届けを実現。初めての方にも安心してご購入いただけるよう、生産者に直接ワインの質問ができるメッセージ機能も提供しています。
サイトURL:https://nihonwine.net/
提供エリア:日本国内のみ
​登録生産者:日本ワイン生産者のみ
決 済 方 法:クレジットカード(VISA、JCB、MASTER、AMEX)、Amazon pay
ユーザー登録:無料 ※ユーザー登録後、ログインすると全ての機能がお使いいただけます。
サービス概要:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000093187.html

LASTSHIP 会社概要
会社名:株式会社LASTSHIP
所在地:〒731-5117  広島県広島市佐伯区八幡が丘1-8-32
代表者:代表取締役社長 山下 武
設 立:2018年3月
事 業:日本ワイン専門のオンライン市場わいんびとの企画・開発・運営、酒類の卸売・小売業
概 要:https://nihonwine.net/pages/company

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。