予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

伊勢の老舗養蜂場、れんげ草の花から採れた貴重な“はちみつ”  「蜜匠新蜜れんげ」「蜜匠新蜜花々」予約受付を5月12日に開始!

株式会社松治郎の舗のプレスリリース

創業大正元年のはちみつ屋、株式会社松治郎の舗(所在地:三重県松阪市、代表:水谷 俊介)は、はちみつファン待望の国産はちみつの中でも大変貴重な蜜匠シリーズ「蜜匠新蜜れんげ」「蜜匠新蜜花々」の予約受付を2022年5月12日(木曜日)からスタートします。

新蜜

■「蜜匠新蜜れんげ」とは
「蜜匠新蜜れんげ」は、小さいれんげ草の花から採れるれんげ蜜からできています。

昔は田んぼの肥料として10月ころれんげの種まき、6月の田植えの時期まで一面花畑でした。そのおかげで九州や西日本では、はちみつ=れんげというほど愛されていました。そんなれんげ畑も今では化学肥料の普及や田植えの時期の早まりによって見られなくなり、れんげ蜜の採れる量が激減しています。

一般的だったれんげ蜜も希少性の高い高級品となってしまいましたが、懐かしさを一番感じられるはちみつです。また、採れたてのれんげ蜜は、柔らかい香りとさらりとした味わいがあり、この時期にしか味わえない一品となります。

れんげ畑

■「蜜匠新蜜花々」とは
はちみつを知り尽くした匠の独自ブレンドで生まれる「蜜匠新蜜花々」。

はちみつには単花と混合の2タイプがあり、「蜜匠新蜜花々」は混合タイプになります。一般的に混合タイプは、人間が数種類をブレンドしたものが多いのですが、「蜜匠新蜜花々」は違います。ミツバチがれんげ、菜の花、みかんなど、数種類の花々から集めた、いわばミツバチのブレンドによる天然はちみつなのです。

養蜂場風景

■特長
1.採れたままを瓶詰め
加熱処理やろ過をしていない栄養もたっぷりの自然のままのはちみつを瓶に詰めています。

2.ふわっと広がる花の香り
瓶をあけるとれんげ畑の香りがそのまま広がります。まさに自然のままのはちみつです。

3.お料理にも使いやすい
パンなどに直接塗ったり、紅茶などの飲み物に入れてお召し上がりいただけます。また、料理にもよく合い、料理の味を邪魔することなく上品なコクと照りを出してくれる逸品です。

養蜂場風景2

■商品概要
名称   :蜜匠新蜜れんげ
     :蜜匠新蜜花々
内容量  :600g
お届け時期:蜜匠新蜜れんげ…2022年6月末ころ順次お届け
     :蜜匠新蜜花々 …2022年7月末ころ順次お届け
販売価格 :蜜匠新蜜れんげ(600g)…6,696円(税込)
     :蜜匠新蜜花々(600g) …2,916円(税込)
販売店  :(1)松治郎の舗 松阪本店(三重県松阪市中町1873番地)
      (2)松治郎の舗 伊勢おはらい町店(三重県伊勢市宇治中之切町7)
      (3)はちみつ屋 松治郎の舗 公式オンラインショップ
        ( http://www.matsujiro.shop/ )

■会社概要
商号   : 株式会社松治郎の舗
代表者  : 水谷 俊介
所在地  : 〒515-0083 三重県松阪市中町1873番地
設立   : 1990年(平成2年)
事業内容 : はちみつ・はちみつ加工品販売、喫茶営業
URL   : http://www.matsujiro.shop/
Facebook : https://www.facebook.com/matsujiro (@matsujiro)
Twitter : https://twitter.com/matsujiro_honey (@matsujiro_honey)
Instagram: https://www.instagram.com/matsujiro_honey/ (matsujiro_honey)

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。