予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

キッザニア福岡に「食品開発センター」パビリオン出展

株式会社ニチレイフーズのプレスリリース

 株式会社ニチレイフーズ(代表取締役社長:竹永雅彦、以下ニチレイフーズ)は、KCJ GROUP 株式会社(本店:東京都千代田区、代表取締役社長:圓谷 道成、以下KCJ GROUP)により2022年7月31日に開業予定のこどもの職業・社会体験施設「キッザニア福岡」(福岡県福岡市博多区、「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」内)に、「冷凍」を体験し、冷凍食品を開発するための「官能評価」の仕事体験ができる「食品開発センター」パビリオンを出展します。

※イメージ※イメージ

 ニチレイフーズは、「くらしに笑顔を」の企業コンセプトのもと、冷凍食品のフロンティアカンパニーとしての誇りを持ち、独自の卓越した技術を磨き、ていねいなものづくりを心がけることで、「お客様価値の創造」と「社会課題の解決」を通じて、健康で豊かな社会の実現へ貢献すべく、事業を展開しています。
 また、ニチレイフーズ従業員のモットーであるハミダス (とらわれず、明るく)には、3つの想い【思いやり・チャレンジ・楽しく】が込められており、キッザニアのコンセプトである『エデュテインメント』と大いに共通しています。
 このような背景から、ニチレイフーズは、2006年よりキッザニアのオフィシャルスポンサーを務めており、リアルな社会体験を通して、こども達に「未来を生きる力」を育んで欲しいと考えています。
 キッザニア東京では冷凍の「炒飯」「ピラフ」を、キッザニア甲子園では冷凍の「焼おにぎり」を開発する仕事体験ができる「食品開発センター」パビリオンを提供し、人気を博しております。
 今回の出展するキッザニア福岡の「食品開発センター」パビリオンでは、ものが目の前で凍る様子を体感することで「冷凍」の機能を実感し、さらに冷凍食品の品質を五感で比較・評価する「官能評価」の仕事体験をしていただきます。
 「食品開発センター」パビリオンでの仕事体験を通じ、美味しさや栄養をキープできる「冷凍」の素晴らしさを経験いただき、五感を使った「感覚力」と、自ら感じた品質を言語化して伝える「表現力」を培ってもらいたいと思っています。一人でも多くのこども達に「食品開発センター」パビリオンの仕事体験を楽しんでいただけることを願っています。
 
■キッザニア福岡「食品開発センター」パビリオンについて
・出展場所:キッザニア福岡
・パビリオン名:食品開発センター
・アクティビティ名:食品開発者
・オープン予定時期:2022年7月31日
※キッザニア福岡の開業と同日にパビリオンもオープンする予定です。

■ご参考「キッザニア福岡」について
・施設名:キッザニア福岡
・所在地:福岡県福岡市博多区那珂六丁目23番1号
「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」内
・交通アクセス:JR鹿児島本線 竹下駅 徒歩9分
・施設規模:約2,000坪(約6,600平米)
・パビリオン数:約60(予定)
・対象年齢:3歳~15歳
・開業日:2022年7月31日(予定)

■ニチレイフーズ「食品開発センター」パビリオンとは
 キッザニア東京・甲子園において、冷凍食品を開発する仕事を体験することができます。衛生などの心構えから具材選び、凍結時の品質チェックや試食など、一連の開発業務を体験しながら、冷凍食品への興味関心を深めていただくことを目的としております。
 今回のキッザニア福岡が、3件目の出展となります。

■KCJ GROUP/キッザニア について
KCJ GROUPは、3歳から15歳までのこども達の職業・社会体験施設「キッザニア東京(2006年10月開業)」「キッザニア甲子園(2009年3月開業)」の企画・運営をしています。「キッザニア」は、現実社会の約2/3サイズの街並みに、実在する企業が出展する約60のパビリオンが立ち並び、約100種類の仕事やサービスを体験できます。キッザニアのコンセプトは、「エデュケーション(学び)」と「エンターテインメント(楽しさ)」を合わせた『エデュテインメント』。こども達が好きな仕事にチャレンジし、楽しみながら社会のしくみを学ぶことができる「こどもが主役の街」です。
https://www.kidzania.jp/corporate/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。