予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

オイシックス、保育園給食向け「業務用ミールキット」事業を開始 保育現場の人手不足解消、園児の偏食の改善に寄与

オイシックス・ラ・大地株式会社のプレスリリース

 食品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・大地株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平、以下当社)は、保育園給食向けの業務用ミールキット事業を本年6月1日から開始します。
 シリーズ累計出荷数が1億食を突破した家庭向けのミールキット「Kit Oisix」で培った開発のノウハウや、保育園への食材卸事業「すくすくOisix」の知見、取引のある約700園の保育園ネットワークを活用し、保育園給食でミールキットを利用いただくことで調理負担を軽減し、保育園の人手不足の解消や、園児の偏食の改善、食育支援活動を推進します。

■開始の背景:家庭向けのミールキットで培ったメニュー開発ノウハウを業務用でも活用
 
当社が展開する「Oisix」で販売する、必要量の食材とレシピがセットになったミールキット「Kit Oisix」では、献立を考える必要がないことや、調理時間の削減などが評価され、シリーズ累計出荷数は1億食を突破しました。また、お子さまにKit Oisixのメニューを試食していただく審査会「コドモニター」などの取組みを通じ、お子さま向けのメニュー開発のノウハウも有しています。
 また、当社が2015年から開始している保育園への食材卸事業「すくすくOisix」は、保育園給食の食材購入や調理にかかる業務負荷軽減などの課題解決につながるサービスとして成長しています。一方で、保育園では慢性的な人手不足により、給食調理の業務に課題があり、園児・保護者の課題として、偏食への悩みがあることも分かりました。
 これらの背景から、保育園給食向けに業務用ミールキットを展開することで、保育園の人手不足の解消、さらには園児・保護者の抱える偏食の改善や食育支援などの価値を提供できると考え、本事業を開始します。

■テスト利用した保育園では、2.5時間の稼働削減
 昨年、関東の4園で、1セット10人前のミールキットをテスト利用いただいた結果、1日あたり、3人で調理に合計7.5時間かかっていた園は、5時間に減少しました。2人で調理に合計5時間かかっていた園は、3時間に減少しました。 2〜2.5時間の稼働削減(調理員約1名分の稼働時間)につながることがわかりました。
実施期間:2021年11月25日・26日、12月21日・22日
対象:小~中規模の認可・地域型保育園
小規模定員(19名・30名の2施設)中規模定員(45名・80名の2施設)

 

ミールキット利用前後の調理時間の変化ミールキット利用前後の調理時間の変化

■今後の展開、目標について
 関東・関西の保育園に向けて、業務用ミールキットを導入する園を募集します。業務用ミールキットの商品、サービスのブラッシュアップを進め、導入園を拡大し、5年以内に売上規模100億円を目指します。
 当社では、本事業や、マタニティ・ベビー・キッズ用品の専門店「アカチャンホンポ」を展開する株式会社赤ちゃん本舗との協業などの取組みを通じ、「未来をつくる子どもたちの食」を支えてまいります。

約700園の保育園ネットワークを保有約700園の保育園ネットワークを保有

体験型の食育支援活動(イメージ)体験型の食育支援活動(イメージ)

■保育園給食向け、業務用ミールキット商品情報
・内容:1セット(幼児10食分)
・価格:税抜き 3,150円(税込、3,465円)
・特徴:給食の献立をそのままミールキット化した商品となり、Oisixの商品取扱基準を満たした食材を使用し、
調理時間は2名以上の調理員配置が必要な施設で2〜2.5時間/日(調理員約1名分)削減できることを目安に
レシピが作られています。14〜16種類(1ヶ月)のメニューを展開予定です。
(※削減時間は保育施設の定員によって異なります)

利用イメージ利用イメージ

調理イメージ調理イメージ

食品宅配サービス「Oisix」について
 2000年に設立。「つくった人が自分の子どもに食べさせられる食材のみを食卓へ」をコンセプトとした、有機野菜や特別栽培野菜、合成保存料・合成着色料を使わない加工食品などの生鮮食品を取り扱うEC食品宅配サービスです。現在、会員数は346,083人(2022年3月末時点)で日本全国の方にご利用いただいています。
 2013年7月に販売を開始した、必要量の食材とレシピがセットになり主菜と副菜の2品が20分で完成するミールキット『Kit Oisix』は、シリーズ累計出荷数が1億食(2021年11月時点)を突破しています。

「すくすくOisix」について
 2015年7月に旧らでぃっしゅぼーや株式会社の事業としてスタート(旧らでぃっしゅぼーや社は2018年に当社と経営統合)した、安心・安全な食材を保育施設で利用いただくサービスです。2022年4月末時点で700の保育施設で導入頂いています。当サービスは安全な食材の調達や商品の配送に加え、栄養士による献立の作成や栄養相談、食育コンテンツの提供など、保育施設の業務負荷軽減ができるサービスを提供しています。

オイシックス・ラ・大地株式会社について
 オイシックス・ラ・大地株式会社(代表:高島宏平)は、「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の国内主要ブランドを通じ、安心・安全に配慮した農産物、ミールキットなどの定期宅配サービスを提供しています。子会社の買い物難民向け移動スーパー「とくし丸」や、米国でヴィーガンミールキットを展開する「Purple Carrot」も含め、食のサブスクリプションサービスを広げています。
当社は、「サステナブルリテール」(持続可能型小売業)として、サブスクリプションモデルによる受注予測や、ふぞろい品の積極活用、家庭での食品廃棄が削減できるミールキットなどを通じ、畑から食卓まで、サプライチェーン全体でフードロスゼロを目指しています。

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。