予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

8台のPudu Robotics製の配膳ロボが「FOOMA JAPAN 2022」のレセプションパーティーでウェイターとして活躍

Pudu Roboticsのプレスリリース

業務サービス用ロボットの設計、R&D、生産、販売に特化したグローバル大手企業Pudu Robotics(本社:中国深セン、日本法人Pudu Robotics Japan 株式会社 代表取締役社長:張涛)は、当社製のネコ型配膳ロボットBellaBot(べラボット)と広告ディスプレイ付き配送・案内ロボットKettyBot(ケティボット)が、合計8台で2022年6月7日(火)に東京ビッグサイト レセプションホールで開催された「FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)」のレセプションパーティーにてウェイターとして参加し、配膳、下げ膳やディスプレイでTAKEFREEの案内などの作業で活躍したことをお知らせいたします。

【Pudu Robotics】 : https://www.pudurobotics.com/jp

  • 「FOOMA JAPAN 2022」レセプションパーティーでの当社サービスロボットの活躍について

食品産業界における技術研究・開発の促進及びその技術の普及を目指し、一般社団法人日本食品機械工業会の主催で6月7日(火)~10日(金)に東京ビッグサイトにて開催された「FOOMA JAPAN 2022」。初日には、874社の出展社が、広さ1700㎡がある会場に集うレセプションパーティーが東京ビッグサイト レセプションホールで行われました

この会場でウェイターとして活躍したのが、多くのサービスロボットの中から主催者に選ばれた当社のサービスロボットです。当社製のBellaBotとKettyBotが各4台ずつ、計8台が会場の案内、配膳や下げ膳などの作業を担当しました。通常、このような広い会場でのパーティーはスタッフにとって体力的に負担が大きいところ、今回のパーティーではロボットには単純作業を任せることで、スタッフの負担を減少し、接客などの業務に集中することができます。また、お客様との接触機会が必要最低限となり、感染リストが低減できます。
 

数十台の当社製ロボットが同時に作業できる独自開発のPUDU SCHEDULER技術により、それぞれのロボットは自身の仕事をスムーズにこなし、一度も接触することなく来場者に高質なサービスを提供、高いコストパフォーマンスを実現しました。会場では、8台のロボットはスムーズに走行し、お客様に安心的なサービスを提供しました。お客様は「かわいい!すごいですね!」と評価されました。

サービス業界ではロボットに配膳・下げ膳などの単純作業を任せることでオーダー促進、メニューの説明、会計などの接客業にスタッフが集中することができます。サービスの質も上がるので、顧客満足度が向上し、リピーターの獲得にもつながります。当社がサービスロボット業界の最前線に立ち、業界と社会全体の発展に役立つロボットを開発し、消費者の期待を越えることを目指し努力を重ねています。

  • 「FOOMA JAPAN 2022」レセプションパーティーで活躍した当社サービスロボットについて

■    ネコ型配膳ロボット「BellaBot(ベラボット)」

 

BellaBotは、当社が考案した業界初のネコをモチーフにした配膳ロボットです。主に高品質なサービスが求められるシーンで使われています。自律的な位置・ナビゲーション、3次元障害物回避、マルチマシン連携、マルチテーブル配膳、案内などの機能が搭載されています。また、豊かな表情・AI音声・センサー付きのライトによるお客様に喜ばれる接客が提供できます。
 

■    広告ディスプレイ付き配送・案内ロボット「KettyBot(ケティボット)」
KettyBotは、業界初の18.5インチのディスプレイが付いた、Pudu Robotics社最新の配膳・案内ロボットです。資料や荷物の配送だけでなく、中央に配置されたサイネージに動画や写真が流れることで、利用者への「お知らせ」や「広告したいこと」を配信できます。そして、上のスクリーンにお客様からのよくある質問の回答を設置でき、AIボイスでお客様と簡単な会話をすることが可能です。

  • Pudu Roboticsについて

Pudu Roboticsは2016年に深セン設立以来、常に「発明の精神」を守り、「顧客第一」の社内文化を実践し、ロボットの力で生産性と福祉を向上させることを目指しています。R&Dに多額の投資を行っており、研究開発スタッフが50%を占めています。数百件以上の特許を取得し、最高水準の配送ロボット、配膳ロボット、Adディスプレイを搭載した配膳&案内ロボットを開発してきました。これらのロボットは、レストラン、病院、学校、オフィスビル、官公庁、地下鉄駅、待合室などで幅広く使用されています。これからも、全世界のお客様に全面的なサービスロボットソリューションのご提案に取り組んでまいります。2021年7月に日本法人のPudu Robotics Japan 株式会社を設立しました。

【導入事例】
ガスト、しゃぶ葉、バーミヤン、サイゼリヤ、焼肉の和民、日高屋、和食さとう、国内18か所にゴルフ場を有するシャトレーゼグループ、渋谷エクセルホテル東急や横浜保土ヶ谷眼科などで導入が進んでいます。

【会社概要】
社名:Pudu Robotics Japan 株式会社
所在地:東京都中央区入船1丁目9-8ピエノアーク入船8F
事業内容:サービスロボットの開発・設計・製造・販売会社
HP:https://www.pudurobotics.com/jp

  • 販売代理店について​

社名:株式会社正興サービス&エンジニアリング(正興電機製作所グループ)
代表者:大場 栄一
設立:1960年(昭和35年)2月2日
資本金:3000万円(正興電機製作所100%)
社員数:52名(2020年12月末)
売上高: 37億円(2020年12月末)
事業内容:配膳ロボット、顔認証デバイス、AIカメラ、DX製品、配電機器、産業設備機器、都市・環境システム・情報システム等の販売及び付帯工事、メンテナンス事業

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。