セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 奈良の味 『ポテトチップス 炙り柿の葉すし味』1月21日(月)発売!

カルビー株式会社のプレスリリース

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、奈良の郷土料理である「柿の葉すし」の味わいを再現した「ポテトチップス 炙り柿の葉すし味」を数量限定・期間限定で2019年1月21日(月)、奈良・滋賀・京都・大阪・兵庫・和歌山(6府県)で発売します。また、カルビー直営店及びアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(3月上旬終売予定)。

【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、地元の味を再現したポテトチップスを2017年度に発売しました。2年目となる2018年度も、前年度に引き続き3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。
2018年度の第2弾となる奈良の味『ポテトチップス 炙り柿の葉すし味』は、取り組みをさらに進化させ、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、奈良県庁、カルビー本社にて試食会を行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは「奈良漬け味」や「鹿せんべい味」等の案が出されましたが、最終的にはお客様要望が多いとの理由から昨年度同様「柿の葉すし」が選ばれました。昨年度との違いは、「炙り」の部分です。柿の葉すしを炙ることで凝縮された旨味が味わえる、地元ならではの食べ方です。柿の葉すしが持つ滋味深さを追求した味わいを最大限に再現しています。

 【商品特長】

●そのままの「柿の葉すし」とは違い、炙ることによって生まれた鯖の芳醇な味わいが広がります。ほんのりと感

じる柿の葉の香りと相まって、食欲をそそる味わいとなっています。

 

●柿の葉をイメージした家紋風の模様を、柿の葉すしがイメージできるよう緑色で表現しました。全体的に落ち着いたデザインにしています。また、「炙り」が伝わるように柿の葉すしを炭で炙っている写真を配しました。
奈良県奥大和移住・交流推進室では、奥大和を気軽に旅していただくことを目的に、近鉄と連携し「奥大和旅」プランを推奨しています。パッケージの裏面にこの情報を掲載し、簡単にサイトを読み込めるQRコードも載せています。

【開発者からのコメント】
昨年の「柿の葉すし味」のポテトチップスと違いを出すところに苦労しました。県庁の方から柿の葉すしは炙って食べる方法もあるということをお聞きし、炙り感をポイントにして鯖の芳醇な香りと味が楽しめるポテトチップスを目指しました。また、試食会でもう少し味を濃くしてほしいという意見をいただき、昨年より塩味をきかせた味付けにしています。ぜひご賞味ください。
 

1月15日、奈良県庁にて商品発表会を行いました1月15日、奈良県庁にて商品発表会を行いました

【商品概要】
商品名:ポテトチップス 炙り柿の葉すし味
内容量、エネルギー:55g、304kcal
JANコード:4901330536367
価格:オープン(想定価格 税込み120円前後)
発売日:2019年月1月21日(月)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。
販売エリア:奈良・滋賀・京都・大阪・兵庫・和歌山(6府県)
直営店・アンテナショップ:千歳・札幌・東京・原宿・新宿・吉祥寺・海老名・西武所沢・千葉・エキスポ・心斎橋・神戸・広島・博多・沖縄

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。