セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 愛媛の味『ポテトチップス じゃこ天味』 1月21日(月)発売

カルビー株式会社のプレスリリース

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、愛媛県南予地方の郷土料理の味わいを再現した『ポテトチップス じゃこ天味』を数量限定・期間限定で2019年1月21日(月)、愛媛・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・高知(9県)で発売します。また、カルビー直営店及びアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(3月上旬終売予定)。

【開発経緯】

カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度に地元の味を再現したポテトチップスを発売しました。2年目となる2018年度も、前年度に引き続き3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。

2018年度の第2弾となる愛媛の味『ポテトチップス じゃこ天味』は、取り組みをさらに進化させ、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、愛媛県庁にてワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは「鯛めし味」や「じゃこカツ味」、「焼豚卵子飯味」等の味案が出されましたが、愛媛県の郷土料理として認知度が高く、香ばしい味わいがポテトチップスと相性が合うため、「じゃこ天味」を選定しました。

【商品特長】

●「じゃこ天」は、瀬戸内海で獲れるホタルジャコなどの小魚をすり身にして成型し、油で揚げたねり製品で、愛媛の郷土料理です。本商品は、小魚のうまみがぎっしり詰まった、揚げたての「じゃこ天」の香ばしい味わいを再現したポテトチップスです。

●パッケージは、「じゃこ天」発祥の地である南予地方の穏やかな海の風景を背景にして、愛媛の味であることを想起しやすいデザインにしました。愛媛県イメージアップキャラクターの「みきゃん」も登場し、裏面では、2019年春から始まる東予東部圏域振興イベント「えひめさんさん物語」の紹介をしています。

【商品担当者のコメント】
「じゃこ天」の特徴である小魚の味わいを増やすと食べにくくなり、逆に減らしてしまうとじゃこ天っぽさがなくなってしまうことから、その調整に苦労しました。当初は小魚のすり身を揚げた味わいを目指していましたが、県庁の方々から「じゃこ天」はあぶって食べることも多いことを伺い、軽くあぶった味わいを再現しました。香ばしい「じゃこ天」の味をぜひ、楽しんでいただければと思います。

1月15日、愛媛県庁にて商品贈呈式を行いました。1月15日、愛媛県庁にて商品贈呈式を行いました。

【商品概要】

商品名:ポテトチップス じゃこ天味
内容量:55g
エネルギー:304kcal
価格:オープン(想定価格 税込み120円前後)
発売日:2019年1月21日(月)
販売エリア:愛媛・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・高知
直営店 アンテナショップ:千歳・札幌・東京・原宿・新宿・吉祥寺・海老名・西武所沢、千葉・エキスポ・心斎橋・神戸・広島・博多・沖縄
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。