セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

green bean to bar CHOCOLATEがプロデュースするカフェWHITE GLASS COFFEE(ホワイト グラス コーヒー)が2019年1月18日(金)にオープン

株式会社BONBON SERVICEのプレスリリース

株式会社ロイヤル・アーツ(代表者:安達建之)は、同社の “ビーン・トゥ・バー”チョコレート専門店「green bean to bar CHOCOLATE」プロデュースによる本格的ロースタリーカフェ「WHITE GLASS COFFEE(ホワイト グラス コーヒー)」を2019年1月18日(金)にオープンいたします。

 

カカオ豆がチョコレートになるまでの全工程を一貫して手作業で行うgreen bean to bar CHOCOLATE。そのクラフツマンシップと同様、普段の生活において身近な存在になっている“コーヒー”で体現したのが、WHITE GLASS COFFEEです。カフェ内には2台のロースターマシーンを配置。人気スぺシャリティコーヒー専門店OBSCURA COFFEE ROASTERS(オブスキュラ コーヒー ロースターズ)監修のもと、生豆の焙煎からコーヒーの抽出までを店内で完結。豆本来の特徴を最大限に活かした至福の一杯を、おもてなしいたします。

クラシックなパイやドーナッツ、ケーキ、コーヒーゼリーといった、コーヒーのおともにぴったりなスイーツ、そしてランチにもご利用いただきたいタルティーヌやサラダなどフードメニューも充実。green bean to bar CHOCOLATEで人気のチョコレートドリンクやチョコレートを使用したケーキ、焼き菓子も店内でお求めいただけます。
 

また店内では、コーヒー豆(ドリップパック:シングルオリジンやオリジナルブレンドを数種類ご用意)や、キャニスターやマグカップ、器などのグッズ、関連書籍など、アイテムも販売。コーヒーのドリップやロースト体験、ラテアート、テイスティングなどのワークショップも定期的に行い、“コーヒーのある生活の楽しさ”を発信していきます。

 “森の中のロースター”をイメージした緑が溢れる店内で、オリジナルカップに注がれた一杯を楽しみ、みなさまにリフレッシュいただきたいという気持ちを込めました。世界から厳選した生豆を使いながらも、コーヒーはお手頃なプライスでご提供。
また、東京・代々木に店舗をかまえる「365日」の杉窪章匡氏がWHITE GLASS COFFEEのオリジナルブレッドのレシピを開発。コーヒーやスープに合うブレッドを、毎日店舗で焼き上げます。
このブレッドを使用したタルティーヌは、季節の野菜やフルーツをふんだんにのせてご提供するWHITE GLASS COFFEEのオススメの一品です。

渋谷という都市空間で働く人、生活する人、遊びにきた人が、1日に何度も気軽に訪れることができる、場に密着したロースタリーカフェを目指します。
 

2019年1月18日(金)オープン
店舗名:WHITE GLASS COFFEE(ホワイト グラス コーヒー)
住所:東京都渋谷区桜丘町23-18ビジョナリーアーツ1F
時間:8:00~21:00(予定)
定休日:なし
電話番号:03-6416-4550
公式サイト:https://whiteglasscoffee.com

 

COFFEE MENU LIST 
Eat-in 
・Todays Coffee (HOT) 490円
・Todays ICE Coffee (ICE) 490円
・Hand Drip Coffee (HOT/ICE) 600円
・Espresso (HOT) 450円
・Macchiato (HOT) 450円
・Latte (HOT/ICE) 550円   
・Cappuccino(HOT) 550円
・Affogato(ICE) 650円   

<運営会社>
株式会社ロイヤル・アーツ
〒153-0042 東京都目黒区青葉台2-16-11 
TEL:03-5728-0143 FAX:03-5728-0134 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。