予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

Gausiumが「Delivery X1 Pro」を発表、ユーザー体験および人間とロボットの相互作用が大幅に改善

Gausiumのプレスリリース

Gausiumは、10インチの大型ディスプレイ、スマート負荷検出サービングトレイ、集客機能を搭載した先進の自律型屋内配送ロボット 「Delivery X1 Pro」を発表。

Gausium(通称「Gaussian Robotics」)は本日、同社のラインアップの中で最も専門性が高い自律型配送ロボットである「Delivery X1 Pro」を発表しました。  このロボットは、徹底的に再設計され、ユーザーインターフェースおよび人間とロボットの相互作用を大幅に改善し、フード配送ロボットの可能性の限界を押し広げました。

 

  • ユーザー体験および人間とロボットの相互作用が飛躍的に向上

「Delivery X1 Pro」は、10インチの大型タッチスクリーンを搭載し、より優れたグラフィックス性能と最適なユーザー体験の提供を可能としました。X1 Proのサービストレイには、重量センサーとLEDインジケーターランプが搭載されており、負荷の状態を感知し、信号を送信する仕様となっております。本製品は、トレイの負荷がゼロになると自動的に次の配送サービスに移るので、お客様やユーザーは食べ物や荷物を取り上げた後に余計なコマンドを入力する必要がありません。さらに、X1 Proは集客のためのカスタマイズ機能も搭載。オプションのAIカメラにより、ロボットが人検知を行い、積極的に人と交流することで、企業への集客を支援してくれます。これらの技術により、配送プロセスが簡素化し、ユーザーとロボットの対話性向上へと繋がります。
 

  • その他技術的な優位性

手間をかけずに展開
X1シリーズの配送ロボットは、使い方やセットアップが簡単なものとなっています。位置決め用の位置情報タグ(QRコード)を必要としない「マーカーレス展開」を採用。天井に位置情報タグを設置する手間を省き、展開時間を約75%短縮することができます。これは、LiDARと上向きカメラを組み合わせた、Gausiumの新しい位置特定ソリューションによるものです。

一般的な配送ロボットのナビゲーションソリューションがレーザーまたはビジョンベースであるのとは異なり、X1シリーズのナビゲーションアルゴリズムはLiDARと3D深度カメラのセンサー融合によって駆動され、より正確な位置精度と優れた環境認識、自動地図更新能力が提供可能です。

驚異の安定性
GausiumのX1シリーズの配送ロボットは、自動車レベルの独立懸架式シャーシを採用し、衝撃を緩和することで、飲み物や液体メニューを安定してこぼさないような配送を実現しました。また、スマートな障害物回避機能により、スムーズで安全な配送プロセスを保証します。

マルチロボットコラボレーション
GausiumのクラウドプラットフォームがDelivery X1 Proをサポートし、タスクのスケジューリングやサービスの提供において、複数のロボットの相互通信と協調を実現します。  広大なスペースやピーク時でのフード配送に、ロボットたちが協調して作業することで、生産性を向上させることができます。
 

 

 

  • GausiumのXシリーズ

GausiumのXシリーズは、自律型屋内配送に特化した製品ラインです。Xシリーズの配送ロボットは、人手不足と人件費の増加が最大の課題であるサービス業に、費用対効果の高いスマート配送ソリューションを提供するために設計されています。レストラン、ホテル、カフェ、病院、作業場など、さまざまなシーンで幅広く応用でき、さまざまな種類の貨物を効率的かつ正確な配送が実現可能となります。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。