予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

YouTubeチャンネル「ヒカル(Hikaru)」において公表した田口 翔氏の雇用受入れについて

株式会社DORAYAKIのプレスリリース

「究極のブロッコリーと鶏胸⾁」( https://qbt-jp.com )を運営する株式会社DORAYAKIは、2022/8/1(⽉)にYouTubeチャンネル「ヒカル(Hikaru)」において公開された動画のとおり、⽥⼝ 翔⽒(以下「田口氏」といいます。)の雇⽤受⼊れを行いました。今回の田口氏の受入れに至る経緯、今後の業務予定及び弊社管理体制等についてご説明させていただきます。
動画URL: https://youtu.be/BqQZ7pPbJX0

  • 弊社とYouTuberヒカル氏との関係

弊社株式会社DORAYAKIは、YouTuberヒカル⽒が率いる株式会社ReZARDと2022年3⽉に資本業務提携に合意しました。以降、ヒカル⽒には弊社の株主として事業拡⼤に向けて様々な助言・協⼒をいただいています。YouTuberヒカル⽒は、弊社の法人株主である株式ReZARDの役員であり、事業上の重要なパートナーという関係です。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000057696.html
 

  • 田口氏の雇用受け入れの経緯
きっかけは、ヒカル氏及びサムライパートナーズ入江氏から弊社代表に対し、⽥⼝⽒の雇⽤受⼊れ先を探しているという相談をいただいたことでした。弊社として慎重に検討を進める中で、担当弁護士を通して本人の「真面目に仕事をし更生したい」という思いを聞きました。これに対しフルリモートを前提に業務体制を整えている弊社であれば、保釈中の住居の制限等により山口県を離れることができない田口氏に、就業機会を与えられるのではないかと考えました。そういった一連の経緯のもと、担当弁護士を通じてやり取りを繰り返し、当社において責任を持ち田口氏の雇用を受け入れて一緒に更生に取り組んでいくことを決意しました。
 
  • 今後の業務予定と管理体制
業務予定
入社後1か月〜数か月の間は、弊社にて用意したオンラインの研修プログラムを通じて社会人としての基本的なマナーやPC作業を中心とした基礎スキルを身に付けてもらいます。遠隔ではありますがSlackやLINE等のチャットシステムを通じてコミュニケーションを取りながら、Zoom等のオンライン会議システムを通じて定期的に面談を行います。その後は田口氏の成長状況を見ながら、受注・発注等の業務を中心にオンラインストアを運営する上での基本的な業務を担ってもらう予定です。

管理体制
マネジメントについては、弊社代表の塚本が直接管理・育成を担います。田口氏は山口県に居住したまま、前述のSlackやZoomような遠隔業務の支援ツールを活用して業務を推進します。勤務状況はクラウドの打刻システムを使って、リモートにおいても正確に把握します。当社は従前からフルリモートでの業務推進体制を確立しており、田口氏の業務を遠隔でも適切に管理することが可能です。 なお、共有フォルダ及び社内システムへのアクセス権限管理を徹底し、顧客情報や決済情報を含む重要情報には権限者以外はアクセスできない情報管理体制を取っていきます。
 

  • 代表 塚本のコメント
最初にヒカル氏、入江氏から話を受けたときは当然驚き、世論や従来の取引への影響を考慮すると受け入れについてすぐに承諾することはできませんでした。
しかしながら担当弁護士を通じて、自身の取ってしまった行動を反省して更生していきたいという彼の気持ちを何度も確認させていただきました。そして弊社自身も失敗を何度も繰り返しながら周囲からチャレンジの機会をいただいているベンチャー企業として、彼が過ちについてしっかりと反省し更生を望むならば、再チャレンジする場を提供することは社会的に意義のあることだと判断し、今回の決断に至りました。

今回彼が犯した過ちについては、今後行われる裁判で司法にて判断されることと思います。
ただ彼に限らず、一回の失敗で人生が大きく転落し、どれだけ反省しても次の機会を得られなかった人が少なからずいると思います。
彼には弊社の仕事に真摯に取り組み、今回のような新しい取り組みで再チャレンジの機会を得て成功した事例を作って欲しいと考えています。それが現在世間からの注目を浴びている彼の使命であると考えており、我々自身も彼と一緒に挑戦していきたいと思います。

みなさまにはご心配をおかけしますが、より一層気を引き締めて事業運営をしていきますので、引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。
 

  • 受入れ先企業の概要

株式会社DORAYAKIは「課題を解決する食事を作り続ける」を企業理念に掲げる、現在役員1名、正社員2名、アルバイト1名で運営する2020年設立のベンチャー企業です。ひみつ道具を出すように食事の課題を解決していきたい、という思いを込め社名をDORAYAKIとしています。

営業やマーケティングの専任担当はおらず、商品開発に強みを持つ少数社員にて事業を運営しています。
 

  • 事業の紹介

商品写真(究極のブロッコリーと鶏胸肉)

現在は「究極のブロッコリーと鶏胸肉」という事業・商品で、「糖質制限」「ダイエット」の課題解決にチャレンジしております。Uber Eatsや出前館等のデリバリーを中心に全国約120店舗とオンラインストアで販売しています。

コンセプトは「ストイックな低糖質食を誰もが継続して食べられるように」です。「世の中には糖質制限やダイエットのノウハウは溢れているのに直接的な解決策がない(特に外食で糖質制限をすることが難しい)」という課題を解決するために生まれた、鶏胸肉とブロッコリー「だけ」を追求し続ける飲食ブランドです。

「栄養素」「味」「仕組み」の究極を目指しているので、「究極のブロッコリーと鶏胸肉」と命名しています。

栄養素
牛・豚・鶏と食肉の中でも圧倒的に高たんぱく低糖質な鶏胸肉と、ビタミン・ミネラルバランスに優れたブロッコリーを組み合わせ、ボディメイクのプロのボディビルダーが大会前に食べるような王道の低糖質食として、もともと存在していたのが鶏胸肉とブロッコリーです。


しかしカラダのために我慢して食べるものと思われていたこの2つの食材を、全国から数十種類以上取り寄せた中から厳選し、代表が3ヶ月これだけを食べ続けて開発した調味料1g、調理時間1分、加熱温度1℃単位でこだわった秘伝のレシピで調理しております。

仕組み
さらにシンプルな商品設計と徹底的なシステム化で業務効率化し、正社員2名とアルバイト1名にて全国約120店舗の本部運営をしております。
 

  • 企業情報

社名 株式会社DORAYAKI 

代表取締役 塚本洸介
設立 2020年1月
住所 東京都渋谷区松濤1-28-2
URL https://qbt-jp.com

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。