予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

【京王電鉄グループ×ICHI-GO-CAN®】京王電鉄の車両を採用した日本酒一合缶®で新登場!!8月10日(水)より弊社オンライン・京王ストア全27店舗で販売開始!

株式会社Agnaviのプレスリリース

株式会社Agnavi(代表取締役:玄成秀、本社:神奈川県茅ケ崎市)は、京王電鉄株式会社(代表取締役社長:都村智史、本社:東京都多摩市)様と、神奈川県のオープンイノベーションプラットフォームBAKを通じた社会課題解決の取り組みとして、日本酒一合缶®(180mL)の商品開発を行いました。本共創を通じて、日本酒をよりカジュアルに愉しむシーンの提供と、地域をより身近に感じられる仕掛けを行っていきます。

 

*未成年の飲酒は禁止されています。

 

  • 【商品概要】

◆ 発売日:2022年8月10日から随時 *限定生産にて無くなり次第終了。
◆ 商品名:一合缶コラボ 京王電鉄 1000系、一合缶コラボ 京王電鉄 新5000系、一合缶コラボ 京王電鉄 8000系、一合缶コラボ 京王電鉄 9000系
◆ 生産蔵元:舞姫酒造株式会社様(長野県諏訪市)
◆ 商品説明:「純米吟醸」の日本酒。アルコール度数16度。芳醇な香りとふくよかな旨味が特徴です。飲み方は冷・常温がおススメです。酒米には、京王電鉄様とも所縁のある八王子の農家に生産委託した酒造好適米「ひとごこち」と八王子高月清流米「キヌヒカリ」を使用した限定清酒です。
◆ 小売価格:500円(税別)
 

 

 

  • 販売先(京王ストア全27店舗・弊社オンラインで販売)

*限定生産にて無くなり次第終了。

【オンライン販売】(全国のお客様向け)
◇ 弊社運営のECサイト:https://ichi-go-can.jp/products/keio
◇ 予約販売開始:2022年8月10日(水)12時から
◇ 配送日:2022年8月末より随時発送

【実店舗】(首都圏のお客様向け)
◇ 京王ストア様(全14店舗)
◇ キッチンコート様(全11店舗)
◇ 京王エクスプレス様(全2店舗)

 

  • 【京王電鉄様とのこれまでの取り組み】

日本酒の認知度向上を目的として、2021年12月25日のクリスマスに、京王井の頭線 吉祥寺駅で一合缶ケトハレ1000缶を配布しました。吉祥寺駅は、一日33万人が利用する路線です。SNS等を通じて足を運んでいただいたりなど、予想をはるかに上回る方に来ていただき、日本酒の素晴らしさを多くの方に知って頂けました。

 

  • 日本酒ブランド「ICHI-GO-CAN®」について

「ICHI-GO-CAN®」は、日本酒の充填サービスを行うと共に、その卸・小売を行います。”小容量・オシャレ・持ち運び便利”を実現させた1合180mLの缶入り日本酒で、全国の地酒を取りまとめ、蔵の大きさに依存しない地方の酒蔵の魅力を発信することで、日本酒の消費拡大を目指します。
 

 

日本酒の容器には、4合瓶や1升瓶、紙パックなどあるが、缶となると種類が極端に少なくなる(日本酒市場全体の3%程度)。また、大容量が主流であり、小さくても酒質の高いお酒が入っていない。
ビールとは異なり、中小の酒蔵が多い本業界では設備と慣習の問題から導入が進まなかった。一方で、缶はビールの業界では7割近く、世界のアルコール市場150兆円の5割に缶利用が進んでいる。そのため、近代のライフスタイルに合う容器の選択肢と共に、消費者の選択肢を広げる仕組みが本業界においても必要である。

海外での取組み:https://youtu.be/y6a3ghhhaCM

 

  • 会社概要

■ 会社名:株式会社Agnavi
■本社:神奈川県茅ケ崎市本村二丁目2番18号
■ 設立 : 2020年2月27日
■ 代表 : 代表取締役CEO 玄成秀
■ HP:https://agnavi.co.jp
 

 

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。