予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

県民の日にあわせ『モスの産直野菜フェスタ』を開催福島県全店で南郷トマトを使用した商品を限定販売

株式会社モスフードサービスのプレスリリース

 モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービス(代表取締役社長:中村 栄輔、本社:東京都品川区)は、8月21日の「福島県民の日」にあわせて、2022年8月19日(金)~8月28日(日)の10日間と9月30日(金)~10月2日(日)の3日間、福島県のモスバーガー全15店舗で、トマトを使った全ての商品に、産地から直送した南会津特産の“南郷トマト”を使用する『モスの産直野菜フェスタ』を実施します。また、地域・期間限定の商品も販売します。

                    【ツールイメージ】

 モスバーガーでは、福島県が提唱する『ひとつ、ひとつ、実現するふくしま』※1のスローガンに賛同し、福島県産品を盛り上げたいという思いと、日頃よりモスバーガー店舗をご愛顧いただいている地域の方々やお客さまに感謝の気持ちをこめて、地元のおいしい野菜を味わっていただきたい、という思いのもと『モスの産直野菜フェスタ』を開催いたします。モスの協力農家※2である、『JA会津よつば南郷トマト生産組合』の“南郷トマト”を使用した商品の展開は2013年に始まって以来今年で10年目となり、年を追うごとに盛況となっています。
 “南郷トマト”は、南会津地方特産のトマトで、2015年には『第44回 日本農業大賞』を受賞しています。阿賀川や只見川の源流域で、標高が高く冷涼な気候の地域で育まれ、糖度と酸度のバランスが良く実が締まっており、しっかりとした食感が特徴のトマトで、ハンバーガーとの相性も抜群です。
※1東日本大震災から10年を機に、福島県で制定されたスローガンです。
※2当社が独自に関係構築した全国約2,400軒(2022年度)の野菜生産農家のことです(福島県:1産地111軒)。協力農家ができる限り農薬や化学肥料に頼らずに栽培したものが、『モスの生野菜』です。天候や調達の都合により一般の野菜を使用する場合もあります。

 期間中は、福島県の『JA会津よつば南郷トマト生産組合』(南会津郡南会津町)の畑で収穫されたトマトを、物流拠点を介さずに店舗に運び、トマトを使用したメニューに使うほか、「南郷トマトのデラックスモスバーガー ダブルトマト」と「南郷トマトのデラックスモスチーズバーガー ダブルトマト」を期間限定で販売します※3。“南郷トマト”をたっぷり味わっていただける、この期間だけの、ジューシーでボ  リュームたっぷりのハンバーガーをぜひお召し上がりください。また、素材そのもののおいしさをご家庭でも楽しんでいただけるよう、お持ち帰り用で“南郷トマト”を販売します(1個 200円/数量限定 なくなり次第終了)。
※3同農場のトマト終了後は、その他のモスの協力農家栽培のトマトを使用します。

●「南郷トマトのデラックスモスバーガー ダブルトマト」(700円)
 国産肉(牛・豚の合挽き肉)100%使用のふっくらとしたボリュームのあるハンバーグに、マヨネーズタイプとたっぷりのオニオン、自慢のオリジナルミートソースをのせ、輪切りのトマト2枚でサンドしました。定番の「モスバーガー」に比べ、ミートソースを約30%増量し、通常パティの約1.8倍(重量ベース)のハンバーグに、輪切りのトマトは2倍、名前の通りに“デラックス”なモスバーガーです。

●「南郷トマトのデラックスモスチーズバーガー ダブルトマト」(730円)
 「デラックスモスバーガー ダブルトマト」にスライスチーズを加えました。ふっくらとしたハンバーグと自慢のミートソースにチーズが絶妙に絡み合い、濃厚かつまろやかな味わいが楽しめます。

 

<『モスの産直野菜フェスタ』概要>
■販売期間  :2022年8月19日(金)~8月28日(日)の10日間
        2022年9月30日(金)~10月2日(日)の3日間

■販売店舗  :福島県のモスバーガー全15店舗

■内容  :
① トマトを使用したメニューに、産地直送した南郷トマトを使用
② 産地直送の南郷トマトを使用した限定商品の販売
「南郷トマトのデラックスモスバーガー ダブルトマト」(700円)
「南郷トマトのデラックスモスチーズバーガー ダブルトマト」(730円)
*同農場のトマト終了後は、その他のモスの協力農家栽培のトマトを使用します。
③“南郷トマト”のお持ち帰り用商品の販売
 1個 200円/数量限定 なくなり次第終了

 モスフードサービスでは、「おいしさ、安全、健康」という考え方を大切にした商品を「真心と笑顔のサービス」とともに提供することに一貫して取り組んでいます。創業以来守り続ける アフターオーダー方式や、日本の食文化を大切にした商品開発などを通じ、今後も経営ビジョンである「食を通じて人を幸せにすること」を実践し、「お店をもっと近くに・もっと愛されるお店に」をテーマとして進めてまいります。

 店舗の休業や営業時間の変更および、メニューの一部を販売中止している場合がございます。また、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、お客さまの安全を第一に考え、安心してご利用いただけるように努めております。詳細は公式サイトをご確認ください(https://www.mos.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。