予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

「旬のソフトクリームミックス マロン」は、発売11年目を迎えます。

日世株式会社のプレスリリース

ソフトクリームの総合メーカー、日世株式会社(本社:大阪府茨木市 社長:吉田文治(ふみはる))は、秋を代表する味覚の一つ、栗を使った「旬のソフトクリームミックス マロン」を発売します。
旬のソフトクリームミックスマロンは、前身のモンブラン(2005年発売)を含めると18年目。2012年にマロンになってから11年目を迎えるロングラン商品です。
日世発売日 2022年9月5日(12月下旬ころまで)

 

  • ラム酒をくわえて洋風にアレンジを狙いました。

旬のソフトクリームミックスマロンは、代表的な秋の味覚の一つの栗に、ラム酒の香りづけをおこない、洋菓子を連想させる風味を狙ったソフトクリームミックスです。

マロンの前身のソフトクリームミックスモンブランより栗の配合量を増やし、栗パウダー2.2%(生栗に換算して5.0%に相当)にして、栗の風味をより感じられる工夫をおこなっています。
 

  • 11年目のロングラン商品

毎年9月頃に発売される旬のソフトクリームミックスとして、マロンの名称で11年目、モンブランを含めて18年目を迎えます。旬のソフトクリームミックスとして、春の「さくら」、夏の「ラムネ」、秋の「マロン」が定番商品として市場に定着したと考えています。マロンの名称で11年目ですが、モンブランまで含めた栗の風味のソフトクリームミックスとしての18年目という期間は、さくら(2022年で16年目)、ラムネ(同、15年目)を超えた販売期間です。
 

  • 季節に合わせた厳選フレーバー「旬のソフトシリーズ」

「旬のソフトシリーズ」として、季節にあわせたフレーバーを選定し、各季節の期間限定で販売しています。フルーツ系をはじめ、洋菓子系・飲料系など、珍しいアイテムも開発し、話題性やインパクトのあるラインアップにしています。
 

  • 商品紹介概要

・日世発売日 :9月5日
・商品名   :旬のソフトクリームミックス マロン
・名称    :乳等を主要原料とする食品
        出来上がりのソフトクリームは乳等省令のラクトアイスに該
                     当します。
・製品規格    :乳脂肪分           1.0%
        無脂乳固形分     5.0%
        植物性脂肪分     3.0%
        栗パウダー        2.2% (生栗換算値5.0%)
        ラム酒            0.26% 
・内容量       :1L×12本
・商品特徴    :代表的な秋の味覚の一つである栗(マロン)を、洋風アレン
                     ジした期間限定ソフトミックス。
 

  • 日世株式会社について

1947年に日系二世が貿易商として「株式会社二世商会」を設立。1951年にソフトクリームを初めて日本に紹介した日本のソフトクリームのパイオニアにして専門メーカーです。※1952年に日世株式会社に社名変更。
ソフトクリーム液体原料(ミックス)、可食容器のコーン、ソフトクリーム製造機であるフリーザーを製造販売しています。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。