【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

11月6日(日) 三井アウトレットパーク 入間で開催される埼玉県入間市「おいしい狭山茶大好き条例」制定記念イベントに山本山も出店

株式会社山本山のプレスリリース

株式会社山本山(所在地:東京都中央区日本橋2-5-1、代表取締役社長:山本嘉一郎、以下「山本山」)は、2022年11月6日(日)に、三井アウトレットパーク 入間で開催される埼玉県入間市の「おいしい狭山茶大好き条例」制定記念イベント(以下、「条例制定イベント」)に、「山本山ドリンクスタンド」を出店いたします。入間市で生産された茶葉を使ったこのイベント限定のオリジナル狭山茶ソフトドリンク2種を販売する他、山本山の人気商品『のりせんべい』なども販売します。

※写真はイメージです。

■「狭山茶と山本山、200年後の出会い。」
山本山と狭山茶の出会いは、今から200年以上前に遡ります。江戸時代の文化年間(1804年〜1818年)、江戸・日本橋にある山本山のもとに復興を遂げようとしていた狭山茶が届きます。山本山の店主であった5代目・山本嘉兵衛が試飲したところ、その美味しさに驚きます。「狭山にこれほど美味しいお茶があるとは思わなかった。宇治のお茶にも劣らない。私も江戸で狭山茶の良さを伝えていこう」と言って、日本橋で売り出しました。それ以降、狭山茶が普及していったと言われています。

狭山茶との出会いからおよそ200年。山本山は、狭山茶最大の生産地である埼玉県入間市とともに狭山茶を盛り上げる産官共同の「狭山茶PRプロジェクト」を立ち上げました。プロジェクトの第1弾として、国内外有数のブランド・セレクトショップが出店し、埼玉県外からも多くの人が訪れる本格アウトレットモール「三井アウトレットパーク 入間」で開催される入間市主催イベントに「山本山ドリンクスタンド」を出店することになりました。

■狭山茶を盛り上げる!入間市が条例制定イベントを開催
2022年10月1日(土)、埼玉県入間市は地元の特産物である狭山茶とお茶文化を後世に伝えるべく、狭山茶の振興を目的とした条例「おいしい狭山茶大好き条例」を施行しました。この条例では、毎年新茶が発売される時期に当たる6月の第1日曜日を「狭山茶の日」に定めるほか、1日1杯狭山茶を飲むことを奨励するなど、入間市民や入間市を訪れる人に狭山茶をより身近に感じてもらい、狭山茶を生活の一部にしてもらうことを目指しています。そして、埼玉県内では初めてとなるお茶の振興を目的としたこの条例の制定記念イベントが、11月6日(日)に三井アウトレットパーク 入間のセンタープラザにて開催されます。

条例制定イベントは、入間市の杉島理一郎市長が出席する「おいしい狭山茶大好き条例」制定記念セレモニーに始まり、地元のお茶生産者が個性豊かな狭山茶を販売する出店ブースが展開されるほか、入間市のお茶大使「てぃぐり〜」による狭山茶ぶるまいや狭山茶の歴史ミニ展示など、“見て、聞いて、飲んで”狭山茶を楽しめるイベントになる予定です。さらに、イベント会場の中央には狭山茶をイメージした8mのクリスマスツリーもお披露目される予定です。

■狭山茶の可能性を感じることができる「山本山ドリンクスタンド」
条例制定イベントに向けて、山本山は「いつもとちょっと違った狭山茶が楽しめる」をコンセプトにした、このイベント限定のドリンクスタンドを出店します。新宿髙島屋で新しい日本茶の楽しみ方を提案している「山本山 フジヱラボ」(以下、「フジヱラボ」)で提供している煎茶ベースのソフトドリンクから、このイベント限定で2種類提供します。

1つ目は、狭山茶にフジヱラボ特製の和三盆蜜とソーダを合わせた『狭山茶ソーダ』、もう1つは、狭山茶に柚子ジャムを合わせた『狭山ゆず茶』です。いずれも、ベースになる茶葉は入間市内のお茶生産者が作った茶葉を使用します。深みのある濃厚な味わいが特徴の狭山茶を、それぞれアイスとホットで爽やかに楽しめる新感覚ドリンクになっています。この他、お茶請けにぴったりな山本山の人気商品『のりせんべい』も販売します。

■メニュー概要

※画像はイメージです。

  • メニュー名:狭山ゆず茶(ホットのみ)
  • 価格:500円(税込)
  • 内容:狭山茶の「池乃屋園」の爽やかな香りが特徴の深蒸し煎茶に、柚子ジャムを合わせたソフトドリンク。

※池乃屋園ホームページ:https://ikenoyaen.com/

 

※画像はイメージです。

  • メニュー名:狭山茶ソーダ(アイスのみ)
  • 価格:500円(税込)
  • 内容:狭山茶の「坂本園」の深蒸し煎茶を濃いめに抽出し、フジヱラボ特製の和三盆蜜とソーダを組み合わせたソフトドリンク。

※坂本園ホームページ:https://sakamoto-en.com/

 

※画像はイメージです。​

  • 商品名:のりせんべい
  • 価格:1,080円(税込)
  • 内容:山本山の人気商品。有明海産の上質な海苔の風味を存分に感じられるようせんべいを極限まで薄焼きにした“海苔が主役”のおせんべい。

■条例制定イベント会場

 

  • イベント会場:三井アウトレットパーク 入間 センタープラザ
  • 住所:〒358-8515 埼玉県入間市宮寺3169−1
  • 時間:2022年11月6日(日)11時~16時
  • 条例制定記念セレモニー:11時~11時30分

※上記の情報は、リリース発表時(2022年11月1日)時点のものです。

■会社概要
名称   :株式会社山本山
本社住所 :東京都中央区日本橋2丁目5番1号 日本橋髙島屋三井ビルディング11階
創業   :元禄3年(1690年)
代表者  :代表取締役  山本嘉一郎
主な事業内容:日本茶及び海苔を使用した加工品の企画・販売、飲食店事業
ホームページ:https://www.yamamotoyama.co.jp/
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。