【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

【タイ料理 石ニ花サク 六本木】日本の食材と発酵をテーマにした新コースが11月8日よりスタート。プロが教えるタイ料理教室や数量限定でランチも。

株式会社スカイトのプレスリリース

株式会社スカイト(本社:神奈川県川崎市、代表:織戸 四郎)が運営する【タイ料理 石ニ花サク 六本木】は2022年8月15日に港区・西麻布にオープンしました。土鍋で炊いたジャスミンライスのカオマンガイ、ガパオライスのテイクアウトも可能。
プロが教えるタイ料理教室も毎日開催。

【タイ料理 石ニ花サク 六本木について】

岩手県直送佐助豚 干し肉 バイマックルー 瞬間燻製岩手県直送佐助豚 干し肉 バイマックルー 瞬間燻製

日本各地の厳選された食材と最新の調理法。伝統的手法に逸れることなく調理され器に盛られる料理は旨味を最大限に生かし、洗練されたプレゼンテーションで一つ一つの料理に驚きと感動を。こだわりは日本人が古来から認知している旨味を生かすため、タイ料理界の常識の調理法にはとらわれずにタイ料理以外の調理法も使うことを厭わない。タイ料理の味覚は「甘味・辛み・酸味」で構成されていて、そのバランスが崩さないように調理するのだが、他に「旨味、塩味」も重要とされる。店主オニヅカはその中でも旨味にフォーカスした味を構成し、タイ料理=辛い、酸っぱい料理のイメージから旨味を生かした滋味深い料理に仕上げる。使う食材にもこだわり、可能な限り日本の食材を使用し、旬を大切に。定期的にメニューを変更し、その時に一番おいしい食材をタイ料理と融合させます。地下に店舗を抱え、プライベートなぬくもりのある空間でお客様をお迎えします。

【「タイ料理 石ニ花サク 六本木」店舗概要】 

 

店名:タイ料理 石ニ花サク 六本木
住所:〒106-0031 東京都港区西麻布1‐2‐12デュオスカーラ西麻布タワーEAST地下1階
アクセス:東京メトロ日比谷線 六本木駅より徒歩6分
都営大江戸線六本木駅より徒歩9分
東京メトロ千代田線乃木坂駅より徒歩9分
営業時間:
ランチ11:30~14:00(13:30L.O)
ディナー17:30~23:00(最終入店21:00、22:00L.O)
定休日:日曜、祝日
座席数:10席
コース:¥8,000~、アラカルト:¥700~、ドリンク:¥700~、飲み放題:¥2,500

【11月8日より新コース、新アラカルトメニューがスタート】
新コースは1コースのみ。旬の食材と発酵技術を使った11品のコースはアミューズに始まり前菜の盛合せ、雲丹や黒毛和牛、人気の土鍋炊きカオマンガイ、デザートには血燕や大納言小豆など高級食材を使う。食べきれなかったご飯はおにぎりにしてお持ち帰りいただけます。また、前菜の盛合せの5種類はお代わりが可能で、お食事のペースが速いお客さまにも時間いっぱい食事をお楽しみいただけます。
今回一新したのはその価格設定。これまでのサービス料を撤廃し、お料理のみのコース¥8,000、飲み放題込みコース¥10,000と明瞭会計に。お客様の不安を少しでもぬぐってお食事のお時間をゆっくりと過ごしていただきたいという狙いがある。
コースに併せてアラカルトメニューもリニューアル。岩手県産の佐助豚を使った料理や地鶏丹波黒どりの丸鶏を使った土鍋炊きカオマンガイがおすすめ。ポーションを少なくして価格も抑え、少人数で来店してもいろいろな料理が楽しめるようにメニューを組んでいる。

【料理11品 日本食材と発酵技術を使った¥8,000コース、飲み放題2.5H付¥10,000】
タイ料理の伝統から反れることなく基本に忠実に、それでありながら日本のおいしい食材と発酵技術で旨味を最大限に引き出した料理をお楽しみいただけます。

アミューズ
ヤムマクアテートドーンホイナーンロム
牡蠣 68℃
雲丹 あおさのり レモングラス 発酵トマトナンプラージュレ

前菜
季節の前菜5種類

スープ
トムヤムクンナームコン
天使のえび 濃厚トムヤムクン

魚介
プラーヌンマナーオ
真鯛 網油 スチーム 醗酵トマト ライムソース


ヌアヤーン ナムチムジャオ
黒毛和牛リブロース ステーキ 80g
契約農家直送ハーブ カオクワ タマリンドソース

ご飯
カオマンガイ
地鶏丹波黒どり 土鍋炊きカオマンガイ スープ

デザート
マンゲーンプアト
血燕 安納芋 大納言小豆 ココナッツミルク

ヤムマクアテートドーンホイナーンロム 牡蠣 68℃ 雲丹 あおさのり レモングラス 発酵トマトナンプラージュレヤムマクアテートドーンホイナーンロム 牡蠣 68℃ 雲丹 あおさのり レモングラス 発酵トマトナンプラージュレ

 

季節の前菜5種類季節の前菜5種類

トムヤムクンナームコン 天使のえび 濃厚トムヤムクントムヤムクンナームコン 天使のえび 濃厚トムヤムクン

カオマンガイ 地鶏丹波黒どり 土鍋炊きカオマンガイ スープカオマンガイ 地鶏丹波黒どり 土鍋炊きカオマンガイ スープ

【アラカルトメニュー】
岩手県直送の佐助豚や黒毛和牛、国産伊勢海老をはじめ、地鶏丹波黒どりを使ったメニューも。
お二人でもたくさんのお料理を楽しんでいただけるような価格設定に。

岩手県直送佐助豚 ガパオ炒め ¥1,200
岩手県直送佐助豚 ラープ イサーン式辛口ハーブ和え ¥1,200
黒毛和牛 グリーンカレー ¥2,800
国産伊勢海老(250g) カレー卵炒め ¥8,000
国産伊勢海老(250g) 醗酵トマト ライムソース ¥8,000
天使のえびカレー卵炒め2匹 ¥1,200
天使のえび レッドカレーソース2匹 ¥1,200
青パパイヤ 醗酵トマト 塩麴塩卵 ソムタム ¥1,000
地鶏丹波黒どり パクチー セルバチコ ヤム ¥800
地鶏丹波黒どりと低温調理白レバー タオチオソース ¥1,400
天使のえび トリュフ シュリンプトースト(2pc) ¥800
黒毛和牛リブロースステーキ 120g 辛口ハーブ和え ¥3,200
黒毛和牛リブロースステーキ 120g 醗酵キノコとトリュフのソース ¥3,200
黒毛和牛リブロースステーキ 120g ナムチムジャオ ¥3,200
岩手県直送佐助豚 干し肉 バイマックルー 瞬間燻製 ¥1,200
鹿児島県産赤鶏さつま 骨付きもも肉 ハーブ焼き ナムチムジャオ ¥1,500
天使のえび 醗酵トマト トムヤムクンナムコン ¥800
地鶏丹波黒どり 茸 トムカーガイ ¥800
土鍋炊きジャスミンライス(1合) ¥800
土鍋炊きレモングラスジャスミンライス(1合) ¥900
地鶏丹波黒どり 土鍋炊きカオマンガイ(1合) ¥2,000
キタアカリのフライドポテト トムヤムスパイス又はグリーンカレースパイス ¥700

国産伊勢海老(250g) カレー卵炒め ¥8,000国産伊勢海老(250g) カレー卵炒め ¥8,000

 

岩手県直送佐助豚 ガパオ炒め ¥1,200岩手県直送佐助豚 ガパオ炒め ¥1,200

 

地鶏丹波黒どり パクチー セルバチコ ヤム ¥800地鶏丹波黒どり パクチー セルバチコ ヤム ¥800

天使のえび トリュフ シュリンプトースト(2pc) ¥800天使のえび トリュフ シュリンプトースト(2pc) ¥800

土鍋炊きレモングラスジャスミンライス(1合) ¥900土鍋炊きレモングラスジャスミンライス(1合) ¥900

【クリスマス限定コース】
クリスマスの一週間限定のコースもご提案。仙鳳趾産の牡蠣に始まり、ロブスターのトムヤムクン、青森県産バルバリー種の津軽鴨のロースト、沖縄県産のあぐー豚を含んだクリスマスを彩る料理の数々。お席に限りがございますのでご予約はお早めに。

アミューズ
ヤムマクアテートドーンホイナーンロム
仙鳳趾 牡蠣 68℃
雲丹 あおさのり レモングラス 発酵トマトナンプラージュレ

前菜
季節の前菜5種

スープ
トムヤムクンマンゴーンナームコン
発酵トマト ロブスタークロウ

魚介
チューチークンマンゴーン
ロブスター レッドカレーソース

お口直し
ナームケンサイマナーオ
国産ライムと生姜、ココナッツシュガーのソルベ


ペッペットヤーン ヘットドーン ソースプリックタイダム
青森県産津軽鴨のロースト 瞬間燻製
発酵キノコ トリュフ ココナッツシュガーのガストリック黒胡椒ソース

ご飯
カオクルックカピ
沖縄県産あぐー豚 カピ混ぜご飯

デザート
タートカオニャオマムアンマドゥア
マンゴー 無花果 タイもち米 ココナッツ タルト

【食材と向き合い、伝統と最新の調理法、発酵を駆使するシェフ鬼塚博之】
 

店主 鬼塚博之店主 鬼塚博之

  
 海外や5つ星ホテルでの経験を持ち、歴代総理大臣や政界、各界の著名人にも料理を振舞い、在日タイ大使館でのタイ料理パーティーではメイン料理を担当。生産者の想い、伝統タイ料理を重んじつつ得意とするのは最新の調理法や日本の旬食材、発酵技術で食材のおいしさを最大限に引き出したコンテンポラリー・タイ料理。東京ミッドタウン日比谷のタイ料理「プーケットオリエンタル」の料理監修、料理教室や出張シェフを通しタイ料理を広めるために活動中。
「佐賀県で生まれ、18歳から料理の道に入り、中国料理、日本料理、タイ料理の経験を積んできました。5つ星ホテル勤務時代は各界の著名人に料理を作り、とてもレベルの高い環境下で高級中国料理を学びました。シンガポールでの修業時代には日本大使館でパーティー料理を作る経験をさせて頂いたり、休日には屋台に飛び込みで手伝わせて頂いたり、アジア料理を肌で感じることができました。[プーケットオリエンタル日比谷]では立ち上げから料理長として現場に立たせていただき、たくさんのお客様に支えられて現在も営業させて頂いております。そして新たな試みとしてコンテンポラリー・タイと称してタイ料理の可能性への挑戦を始めます。日本のおいしい食材、生産者様の想いを伝統の調理法と最新の調理技術を使ってより多くの方に[石ニ花サク]だけでしか味わえないタイ料理をご提供したいと考えております。ドリンクも国産にこだわり、日本ワイン、国産クラフトビール、ノンアルコールドリンクもすべて日本のものを取り扱い、料理に関しても本場タイを意識した日本人になじみのある旨味を生かした料理や発酵技術を取り入れております。皆様の大切なお時間をゆっくり過ごして頂けるようなぬくもりのある空間でご来店お待ちしております。」

【タイ料理教室オニヅカキッチン】

石ニ花サク店主の鬼塚が主宰するタイ料理教室。平日11時より毎日開催、ご予約を2日前まで受け付け、料理教室開催日はランチ営業を定休日とする。教室の内容は4品をデモンストレーション形式で行う。レシピは店舗で実際使っているレシピそのままに。「料理で大事なことはレシピではなく野菜の切り方や火加減、タイミング。だからレシピを公開することに全く抵抗はありません。レシピ通りに作ってもうまくできないという経験のある方にぜひお越しいただきレシピに載っていないプロの技を料理教室で伝えていきたい。」と、鬼塚は語る。
4品のデモンストレーション後、コース仕立てにして生徒さんと試食タイム。調理中ももちろん、講義後にも質問タイムを設け更に理解を深めていけます。一人でも多くの人にタイ料理を知ってほしいという気持ちの表れだ。
料金は¥10,000、11時開始から14時までフリーフロードリンクまでついている。飲食店シェフと知り合える機会の少ない方もこの機会に足を運んでみては。
HP:https://www.onizukakitchen.com/
ご予約:https://reserva.be/onizuka_kitchen
Instagram:https://www.instagram.com/onizuka_kitchen/?hl=ja

【日本各地から取り寄せた日本ワインとのペアリング】

一枚板のバーカウンターから出されるアラカルトドリンクは日本各地の生産者から取り寄せた日本ワイン。旬の食材とのぺアリングはお客様の大切な時間を彩ります。ノンアルコールドリンクも国産にこだわり、すべてお勧めできるように納得のいくまで選出したドリンクはお客様の大切な時間を彩ります。

【コンテンポラリー・タイ料理「石ニ花サク」について 】
 

「石ニ花サク」は港区西麻布にお店を構える創造性あふれる独創的なタイ料理を提供するコンテンポラリー・タイ料理店です。
シェフ鬼塚博之が日本にタイ料理を普及させるため、2018年3月に「プーケットオリエンタル 日比谷」を東京ミッドタウン日比谷2階にオープン。定番のガパオライスやカオマンガイの他、オーダーごとに生簀から引き上げるロブスターまで多数のメニューを提供しています。

2022年、タイ料理のさらなる挑戦として西麻布で高級タイ料理を提供する「石ニ花サク」をオープン。 旬の国産食材と日本ワインにこだわり、上質な空間をご提案いたします。
  
【姉妹店情報】
プーケットオリエンタル日比谷
電話:03-6812-7114
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷2F
アクセス:東京メトロ千代田線・日比谷線・都営地下鉄三田線「日比谷」駅A5,A11出口
東京メトロ有楽町線「有楽町」駅直結徒歩4分
東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・銀座線「銀座」駅直結徒歩5分
JR山手線・京浜東北線「有楽町」駅徒歩5分
営業時間:11:00~22:00
ランチ11:00~14:30
アフタヌーン14:30~16:30
ディナー16:30~22:00(LO21:00)
定休日:なし
座席数:55席
HP:http://www.phuket-oriental.com/

プーケットオリエンタル日比谷プーケットオリエンタル日比谷

株式会社スカイトについて

【会社概要】
社名:株式会社スカイト
本社所在地:〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-1 パシフィックマークス13F 株式会社サン内
代表取締役:織戸四郎
設立: 平成13年3月8日
事業内容:飲食事業
HP:https://333.solar/
銀座芝濱 https://shibahama.co.jp
真鯛ラーメン麺魚 https://www.mengyo.net
ラーメン香月        http://ramen-kazuki.jp/
ツム・アインホルン https://www.zum-einhorn.co.jp
イトメン本店 https://www.itomen.co.jp
BEEFキッチン     https://fansta.jp/shops/xFZPZogr07wA
オテルドゥスズキ   https://sweetsvillage.com/blog/sweets/hotel-de-suzuki/
ルフルティエ成城   https://www.le-fruitier.jp/phone/page/6
GALAXY OX https://www.hotpepper.jp/strJ001230741/
KAHLUA QUEEN https://www.instagram.com/kahluaqueen.ginza/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。