【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

【ぐるなびリサーチ部】スポーツ観戦グルメに関する調査

株式会社ぐるなびのプレスリリース

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)は、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として、定期的に情報を発信しています。今回は、スポーツ観戦グルメについて調査しました。詳細は以下の通りです。

【調査結果ポイント】
・今月開幕のサッカー大会を見ようと思っている人は約57%、男性が70%に対し女性は44%に。
・前回大会を見た人は約53%で、ほとんど差はないものの約4%増加。
・観戦する場所は96%が自宅。20代男性では「スポーツバー」が約2割
・観戦する相手は「家族」が6割。男性では「家族」と「1人」が拮抗するものの、女性では「家族」 が5割以上
・食べたい物は「ピザ」「唐揚げ・フライドチキン」「ポテト」がTOP3
 飲みたい物は「ビール」が46%、「チューハイ、サワー」、「発泡酒、第3のビール」がTOP3

自宅で楽しむ“スポーツ観戦”にはファストフードが食べたくなる!?

㈱ぐるなび  リサーチグループ長  本間 久美子㈱ぐるなび リサーチグループ長 本間 久美子

試合が夜遅い時間帯に開始する影響もあってか、観戦を楽しむ場所はほとんどの人が自宅と回答。一緒に観戦する相手も家族と一緒に楽しむという人が半数以上となりました。一方で、20代男性については、スポーツバーなどで観戦したいという意向も2割ほどと高く、人の集まる場所で一緒に楽しみたいという願望も伺えました。
観戦する際に食べたいグルメは、「ピザ」「チキン」「ポテト」とファストフードがTOP3を独占。「焼鳥」や「寿司」がそのあとに続きました。共通するのは、試合に集中していても、手軽につまめるワンハンドグルメということ、もちろん「ビール」も欠かせないという方が多くいました。今回も4年前の前回大会とほぼ同じ関心度の高さがうかがえ、大会が始まるとさらに、スポーツ観戦グルメに注目が集まりそうです。

【調査概要】
■調査期間:2022年11月4日(金)~7日(月)
■調査方法:WEBアンケート
■調査対象:全国
■回答者 :20代~60代のぐるなび会員1,000名
 

 

 

 

 

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。