【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

アルプスコーヒーラボの人気のコーヒー豆が インテリアにもギフトにもぴったりな、 遊び心溢れるコーヒー缶になって登場! 『アルプスコーヒーラボ コーヒー缶』新発売

株式会社Alps coffee lAb.のプレスリリース

~2022年11月22日(火)よりアルプスコーヒーラボ店舗およびオンラインストアにて~

コーヒーを再定義するただ一つのロースタリー、株式会社アルプスコーヒーラボ(本社:長野県松本市中央、代表取締役:斉藤 博久、以下「当社」)は、当社の人気のコーヒー豆を缶に詰めてラッピングした『アルプスコーヒーラボ コーヒー缶』を2022年11月22日(火)に当社運営の店舗およびオンラインストアにて発売いたします。

オンラインストア: https://kamenoya.thebase.in/

コーヒー缶 キーヴィジュアル

『アルプスコーヒーラボ コーヒー缶』とは、当社独自のセカンド・ナチュラル製法で製造した、甘さと香りを引き出した『リンゴコーヒー』や、ブランデーやラム、ウィスキー、赤ワインそれぞれの風味を感じられるノンアルコールのインフューズドコーヒー『ブランデーコーヒー』『ラムコーヒー』『ウィスキーコーヒー』『ワインコーヒー』の計5種類のそれぞれのコーヒー豆をアルミ袋でパッキングし、デザイン缶に詰め込んで販売する商品です。
当社の『リンゴコーヒー』『ブランデーコーヒー』『ウィスキーコーヒー』『ワインコーヒー』はそれぞれ長野県産のりんごやお酒などの副材を使用した「ご当地コーヒー」として展開し、人気を博しているコーヒー豆です。

ラベルには、それぞれの風味をイメージしたデザインを施した、社名の“ラボ”の実験感が漂う特別なデザイン缶で、プチギフトとしてだけでなく、自分用にコレクションしてインテリア等にリユースして楽しめるようなパッケージを目指しました。

コーヒー好きの方も、ちょっとしたギフトにも『アルプスコーヒーラボ コーヒー缶』で、もっとコーヒーを身近な存在に。

アルプスコーヒーラボは、今後も自由な発想で新たなコーヒー文化の創造に挑戦してまいります。

■『アルプスコーヒーラボ コーヒー缶』ラインナップ

コーヒー缶 リンゴコーヒー
リンゴコーヒー
ナチュラル製法にヒントを得て信州産のりんご果汁で追熟させるセカンド・ナチュラル製法によって生まれたコーヒー。
時期によりりんごの品種での違いも楽しめます。
原材料:コーヒー(ブラジル・浅煎り)、りんご
※ご当地コーヒー

コーヒー缶 ブランデーコーヒー
ブランデーコーヒー
信州の「五一わいん」で知られる株式会社林農園様(長野県塩尻市)とのコラボ商品。ブランデーを染み込ませてから焙煎することで、ノンアルコールながら豊かな風味を実現しました。
原材料:コーヒー(ブラジル・浅煎り)、ブランデー
※ご当地コーヒー

コーヒー缶 ラムコーヒー
ラムコーヒー
生豆をラム酒に浸けてから焙煎し、風味を残しながらアルコールを飛ばしたノンアルコールのコーヒー。
原材料:コーヒー(ブラジル・浅煎り)、ラム

コーヒー缶 ウィスキーコーヒー
ウィスキーコーヒー
長野県産のウィスキーに生豆をに浸けてから焙煎し、風味を残しながらアルコールを飛ばしたノンアルコールのコーヒーです。
原材料:コーヒー(ブラジル)、ウィスキー
※ご当地コーヒー

コーヒー缶 ワインコーヒー
ワインコーヒー
生豆を長野県産の赤ワインに浸けてから焙煎し、風味を残しながらアルコールを飛ばしたノンアルコールのコーヒー。
赤ワイン特有の渋みは控えめに、滑らかなコクと口の中でほのかに広がる香り、後味の余韻がワイニーな味わい。
原材料:コーヒー(ブラジル・浅煎り)、赤ワイン
※ご当地コーヒー

■『アルプスコーヒーラボ コーヒー缶』商品概要
商品名 : ・アルプスコーヒーラボ コーヒー缶 リンゴコーヒー
      ・アルプスコーヒーラボ コーヒー缶 ブランデーコーヒー
      ・アルプスコーヒーラボ コーヒー缶 ラムコーヒー
      ・アルプスコーヒーラボ コーヒー缶 ウィスキーコーヒー
      ・アルプスコーヒーラボ コーヒー缶 ワインコーヒー
価格  : 1,400円(税込)
内容量 : 100g/1缶あたり ※中挽きの粉タイプのみ
発売日 : 2022年11月22日(火)
販売場所: Alps coffee lAb.運営のコーヒースタンド「Alps coffee lAb.」、
      喫茶店「珈琲茶房 かめのや」「カメノヤ別館」、
      およびオンラインストア
URL   : アルプスコーヒーラボ オンラインストア
      https://kamenoya.thebase.in/

■「セカンド・ナチュラル」、「インフューズド」について
「セカンド・ナチュラル」とは、コーヒーの果肉をつけたまま乾燥・発酵させるナチュラル製法に発想を得て、コーヒー豆を別の果物や果汁に漬け込み追熟させる当社独自のプロセス(製法)です。当社ではこの製法で『リンゴコーヒー』を製造しています。
「インフューズド」とは、焙煎前のコーヒーの生豆を副材で漬け込み風味を定着させてから乾燥・焙煎することで独特の味を創りだす製法です。当社ではこの製法で『ブランデーコーヒー』『ラムコーヒー』『ウィスキーコーヒー』のほか『ワインコーヒー』を製造しています。
※2022年11月22日現在

■Alps coffee lAb.とは
Alps coffee lAb.は、コーヒーを再定義するただ一つのロースター。
自家焙煎を専門的に行い、日本の風土に合ったコーヒーを作るブランドです。

社名      : Alps coffee lAb. (アルプスコーヒーラボ)
事業内容    : 飲食店経営、コーヒー豆の卸売業、
          ご当地お土産商品の開発、飲食業のフードプロデュース
代表取締役   : 斉藤 博久
本社所在地   : 長野県松本市大手4丁目7番22号
設立日     : 2021年3月3日
オンラインストア: https://kamenoya.thebase.in/

■運営店舗
<Alps coffee lAb.>
女鳥羽川のほとりに佇む、旧蔵をリノベーションしたコーヒースタンド。
ゆったりとコーヒーをお愉しみいただけるよう、2階には窓外の緑が美しく映えるカフェスペースも併設。
所在地:〒390-0811 長野県松本市中央2丁目4-9

<珈琲茶房かめのや>
60年以上の歴史ある喫茶店「翁堂茶房」の雰囲気を活かしながら自家焙煎の珈琲と懐かしくも新しい喫茶メニューを展開。
古き良き純喫茶の空気を大事にした店内には噴水を擁するテラスもある。
所在地:〒390-0874 長野県松本市大手4丁目-7-22

<カメノヤ 別館>
歴史ある建造物を扉グループが古民家宿『Satoyama villa HONJIN』として開業。
その離れにカメノヤ別館をオープン。昭和初期に建てられた、ステンドグラスの美しい和洋折衷の洋館。
所在地:〒399-7412 長野県松本市保福寺町246

アルプスコーヒーラボ ショップ

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。