【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

わいんびとが、青森県の日本ワイン生産者「サンマモルワイナリー」の2021年ヴィンテージレポートを発表。

株式会社LASTSHIPのプレスリリース

日本ワインの文化振興・販売促進事業を展開する株式会社LASTSHIP(本社:広島県広島市、代表取締役社長:山下武)が運営する日本ワイン専門のモール型ECプラットフォーム「わいんびと」は、日本ワインの産地PR支援プログラム「ヴィンテージレポート」(以下、本プログラム)で、わいんびと生産者パートナーの有限会社サンマモルワイナリー(所在地:青森県むつ市、代表:北村良久、以下サンマモルワイナリー)のヴィンテージレポートを発表いたします。

本プログラムは、日本ワイン生産者のヴィンテージレポートを発表し、日本各地のワイン産地の動向を年次で分かりやすく伝え、日本ワインの飲用体験をより価値のあるものにするための日本ワインの産地PR支援プログラムです。ヴィンテージはぶどうの収穫年を指し、ヴィンテージレポートは「ぶどうの生育」「収穫時期」「ワインの出来」で整理してヴィンテージ動向をまとめたものです。
本プログラム概要
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000093187.html
 

 

サンマモルワイナリー(青森県)の2021年ヴィンテージレポート
総括
2021年を一言で表現するなら「グレートヴィンテージ」。年間の降水量が非常に少なく、それぞれの時期に適切な栽培管理ができました。ぶどうも病果が全く無く、熟度も非常に高い状態で収穫できました。


例年よりも寒さが厳しく、昨年度末から1月は豪雪となり、枝が半分隠れるほどの積雪となりました。剪定進捗状況が不安ではありましたが、作業効率の悪化と作業者の安全性を考え、1月中旬から2月中旬まで剪定作業を中止しました。1か月後、作業を再開させ、ぶどうの目覚め前に作業を完了することができました。


降水量が少なく、天候に恵まれ、日照量も多く、例年に比べて温暖な春となりました。萌芽から展葉までの間に懸念されていた遅霜の被害もなく、4月から誘引作業、5月中旬からは芽かき作業が始まりました。


梅雨時期の雨量は例年並みでしたが、開花期から結実の時期に少量の雨が降りました。結実不良が心配されましたが、結果的に杞憂に終わりました。8月に入ると雨量が多くなり、日照不足が懸念されましたが、中旬以降に回復し、例年よりも早いタイミングでヴェレゾン期に入ることができました。夏期全体を通しての雨量が少ないことが幸いし、副梢の摘芯と除去、誘引、草刈り等の作業を遅延なく進めることができました。


本格的なヴェレゾン期に入った9月は雨量も少なく、好天に恵まれたことにより日照時間が例年よりも多くなりました。例年であれば9月中旬より灰カビ病等の発生が確認できますが、1年間を通しての適切な圃場管理、病害虫の防除に努めたおかげで収穫を迎えることができました。収穫された葡萄は例年以上の収量となっただけではなく、非常に高い糖度とそれに負けない酸味を感じられるバランスが取れた高品質な葡萄となりました。

収穫時期
2021年の収穫はシュロンブルガーが9月20日、23日からライヒェンシュタイナー、9月末よりピノ・ノワール等の赤系統の収穫が順次開始されました。例年に比べて早いタイミングの収穫ではありましたが、どの品種も糖度が非常に高く、シュロンブルガーに関しては過去最高の糖度となりました。また、糖酸比のバランスも良好であり、果房そのものの熟度を高めつつ、当社ワインの特徴でもある、芯の通った綺麗な酸味を残したまま収穫することが出来ました。ピノ・ノワールについては白系品種と同様に病果は全く無く、非常に健全な状態で収穫が出来ました。好天に恵まれたこと、圃場部門スタッフの栽培努力もあり、葡萄の熟度、健全性などほぼ完璧な状態での収穫を迎えることが出来たと言えます。

ワインの出来
収穫されたシュロンブルガー、ライヒェンシュタイナーは病果や腐敗果はほぼ無く、非常にクリーンな状態で発酵を行う事が出来ました。シュロンブルガーに関しては発酵温度を厳密にコントロールすることにより、品種特性香である、マスカット香やかんきつ類を思わせる香りを例年よりも強くワインに残すことができ、酸味とのバランスが取れたワインに仕上がっています。ライヒェンシュタイナーに関しては除梗破砕、搾汁、発酵の段階での酸化を極力抑える措置により、特徴的な小さな白い花の香り、青リンゴ等の特徴的な香りをより強めることができ、飽きの来ない爽やかな甘みと酸味が味わえるワインに仕上がっています。ピノ・ノワールのワインは、過去最高ともいえる品質・味わいのバランスで収穫でき、発酵時の管理についてもえぐ味、苦味等の余分な成分の抽出を極力抑えることができたので、例年以上にベリー系、チェリー等の品種特性香を強めつつ、白ワインを思わせる繊細でエレガントなワインに仕上がっています。

2021年ヴィンテージのおすすめワイン
下北ワインKanon2021
商品URL:https://nihonwine.net/products/sunmamoru-shimokita-kanon

青森県下北半島の自社畑で栽培した、ドイツ系ブドウ品種ライヒェンシュタイナーを使用し醸造。ブドウの果皮が若干薄く非常にセンシティブなぶどうです。完熟りんごや白桃のコンポートを想わせる香りに、冷涼な地方特有の酸味がバランスを取り、心地よい爽やかな甘口の白ワインです。おすすめの料理はシーフードグラタン。
受賞歴
<2019vintage>
・2021年 サクラジャパンウーマンズワインアワード ダブルゴールド/特別賞受賞
・2020年 ジャパン・ワイン・チャレンジ 銅賞受賞
<2017vintage>
・2018年 ジャパン・ワイン・チャレンジ 銅賞受賞
<2013vintage>
・2014年 ジャパン・ワイン・チャレンジ 金賞受賞
・2014年 国産ワインコンクール 欧州系品種(白)部門銅賞受賞
<2010vintage>
・2011年 ジャパン・ワイン・チャレンジ 奨励賞受賞

下北ワインSarah2021

商品URL:https://nihonwine.net/products/sunmamoru-shimokita-sarah

青森県下北半島の自社畑にて栽培した、ドイツ系の赤い果皮をもつブドウ品種シュロンブルガーとケルナーを使用し醸造。とても香りが強く華やかな辛口の白ワインです。柑橘系のキャンディーやライチの香りにスッキリとした爽やかな酸味が特徴です。おすすめの料理は、ガーリックシュリンプ。
受賞歴
<2019vintage>
・2020年 ジャパン・ワイン・チャレンジ 銅賞受賞
<2013vintage>
・2014年 ジャパン・ワイン・チャレンジ 銅賞受賞
・2014年 国産ワインコンクール 欧州系品種(白)部門 銅賞受賞
<2012vintage>
・2013年 ジャパン・ワイン・チャレンジ 銅賞受賞
<2011vintage>
・2012年 ジャパン・ワイン・チャレンジ 銅賞受賞
<2007vintage>
・2008年 国産ワインコンクール 欧州系品種(白)部門銅賞受賞

サンマモルワイナリーとは

サンマモルワイナリーは、2007年に青森県むつ市川内町に創業した本州最北のワイナリー。ピノ・ノワール栽培の適地として注目の産地ですが、自社圃場の約50%を占めるピノ・ノワールは日本最高評価を獲得するなど、ワインのクオリティは日本屈指。ピノ・ノワールで、スタンダードクラスからハイクラスの赤ワイン、そして本格的な瓶内二次発酵のスパークリングワインまで、様々なタイプのワインを手掛けられることが強みです。

また、白ワインの主力品種であるライヒェンシュタイナーとシュロンブルガーは日本国内に限らず、世界的に見ても珍しい品種であり、これらの品種のワインを飲めるのはサンマモルワイナリーならではの魅力です。

ワインのスタイルは「青森の冷涼な気候らしいシャープな酸味と、その品種らしい香りが感じられる世界基準のクラシックなワイン」。全ての品種で冷涼な気候らしい筋の通った酸味が特徴で、品種の特性香がキチンと感じられ、酸味、甘味、渋味、香味のバランスが取れたハイクオリティなワインです。
 

会社名:有限会社サンマモルワイナリー

所在地:〒039-5201 青森県むつ市川内町川代1番地6
代表者:北村 良久
概 要:https://nihonwine.net/pages/seller-profile/sanmamoru

​わいんびととは
わいんびとは、「日本ワインを近くする。」をコンセプトに、日本各地の日本ワイン生産者から直接ワインをお取り寄せできる、日本ワイン専門のモール型ECプラットフォームです。日本ワインならではの「距離の近さ」を活かした安心の生産者直送で流通によるワインへの負荷を最小限に抑え、デリケートなワイン本来の味わいを損ねることなく国内最短ルートでのお届けを実現。初めての方にも安心してご購入いただけるよう、生産者に直接ワインの質問や相談ができるメッセージ機能も提供しています。
サイトURL:https://nihonwine.net/
提供エリア:日本国内のみ
​登録生産者:日本ワイン生産者のみ
決 済 方 法:クレジットカード(VISA、JCB、MASTER、AMEX)、Amazon pay、あと払い(ペイディ)
ユーザー登録:無料 ※ユーザー登録後、ログインすると全ての機能がお使いいただけます。
サービス概要:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000093187.html

LASTSHIP 会社概要
会社名:株式会社LASTSHIP
所在地:〒731-5117  広島県広島市佐伯区八幡が丘1-8-32
代表者:代表取締役社長 山下 武
設 立:2018年3月
事 業:日本ワイン専門のオンライン市場わいんびとの企画・開発・運営、酒類の卸売・小売業
概 要:https://nihonwine.net/pages/company

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。