【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

パーク ハイアット 京都より、400年続く京都・宇治の窯元「朝日焼」が手掛けるフェーブと柚子香る丹波栗のガレット・デ・ロワを販売

株式会社TAKホスピタリティ京都のプレスリリース

パーク ハイアット 京都(京都市・東山区)では、2023年1月4日(水)から1月15日(日)まで、新年を祝うフランスの伝統菓子、ガレット・デ・ロワを販売いたします。

幸せを呼ぶとされる“フェーブ”は400年の歴史をもつ、京都・宇治の窯元「朝日焼」が手掛け、ガレット・デ・ロワには、伝統的なレシピでつくられたアーモンドクリームに、希少な丹波栗と京都・水尾の柚子をあしらいました。
フランスの伝統文化と京都のエッセンスが見事に合わさった、パーク ハイアット 京都オリジナルのガレット・デ・ロワは、50台限定販売となります。ご予約はオンラインにて承っております。

 

ガレット・デ・ロワは、フランスで“王様のお菓子”の愛称で親しまれ、パイの中に1つだけしのばせておいた“フェーブ”(陶器製のチャーム)を引き当てた人は、皆から祝福され、その1年は幸福に恵まれると言い伝えられています。
フランスの祭日にちなんで、1月6日に家族で切り分けて食べることが習慣とされていますが、今では世界中で親しまれ、1月に楽しむスイーツとして広く浸透しているアイテムです。
パーク ハイアット 京都のガレット・デ・ロワは、発酵バターと国産小麦を使用したサクサクとした食感のフィユタージュ生地に、柔らかく糖度の高い希少な丹波栗と、爽やかながらも濃厚な果実の香りと上品な甘味が特徴の京都・水尾の柚子をふんだんにあしらいました。

 

ガレット・デ・ロワに欠かせないアイテム、“フェーブ”は、京都・宇治の窯元「朝日焼」謹製、王冠を模したオリジナルフェーブをご用意いたしました。西洋でフェーブに陶磁器が使われるようになった19世紀、時を同じくして朝日焼では、八世長兵衛が磁器の技術を取り入れ、『白磁』を使用した朝日焼を代表する『宝瓶(ほうひん)』と呼ばれる急須が生まれました。このフェーブにはその『白磁』が使用され、型を使用せず、轆轤(ろくろ)で丁寧に成形され、ひとつひとつが個性を持っています。アンティークのフェーブには白磁ものが多く残っていて、同じように100年200年と長い時の流れの中で、世代を越えて愛されていくものになればという想いが込められています。

(写真左)千利休が茶の湯を大成し、同じく茶人の小堀遠州が活躍した約400年前に朝日焼初代陶作氏が窯を築きました(写真右)朝日焼にてフェーブを手掛けるのは歴史の中で初の試み。王冠を模したフェーブには「朝日」の文字が。(写真左)千利休が茶の湯を大成し、同じく茶人の小堀遠州が活躍した約400年前に朝日焼初代陶作氏が窯を築きました(写真右)朝日焼にてフェーブを手掛けるのは歴史の中で初の試み。王冠を模したフェーブには「朝日」の文字が。

  • 柚子香る丹波栗のガレット・デ・ロワ

    予約期間 : 2022年12月25日(日)まで
    販売期間 : 2023年1月4日(水)~1月15日(日)
    金額 : 4,860円(8%税込)
    ご予約 : オンライン事前決済でのご予約が必要です
    https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/park-hyatt-kyoto/itmph/dining
    全国配送可能- 配送料一律2,000円

    ※サイズは直径15cmのみのご用意となります。
    ※2022年12月25日(日)以降100%のキャンセル料を申し受けます。
    ※誤飲を防ぐためフェーブはパイの中には入れず、代わりにアーモンド1粒を入れてご用意いたします。

    販売場所 :  パーク ハイアット 京都 1階KYOTO BISTRO
    営業時間 : 11:30~20:00
    ご予約・お問い合わせ:075-531-1234(代表) / kyotobistro-parkhyattkyoto@hyatt.com

—————————-
パーク ハイアット 京都
パーク ハイアット 京都は、京の洗練された文化とパーク ハイアットの優美なホスピタリティーが融合した「ラグジュアリー ゲストハウス」です。世界遺産・清水寺へ至る二寧坂に面し、京都市最大の重要伝統的建造物群保存地区の中で日本家屋の外観が町に溶け込んでいます。京都市街と八坂ノ塔を同時に眺望するホテルは、明治10年創業の料亭「山荘 京大和」と共生し、静寂に包まれた70の客室と、4つの料飲施設、宴会場、スパを含むウエルネスセンターを完備。庭と家屋が一体化する「庭屋一如」の造りが、東山のいにしえの記憶と四季の移ろいを語ります。パーク ハイアット 京都でしか感じ得ない、過去から未来へ続くゆったりとした時の流れに浸る滞在をお楽しみください。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。