【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

マンダリン オリエンタル 東京『ミシュランガイド東京 2023』 レストラン格付けにて「ピッツァバー on 38th」がビブグルマン評価を獲得

マンダリン・オリエンタル東京株式会社のプレスリリース

「マンダリン オリエンタル 東京」(東京都中央区日本橋室町、運営:マンダリン・オリエンタル東京株式会社、総支配人:ポール ジョーンズ)は、フランスのタイヤメーカー、日本ミシュランタイヤ株式会社が発表した、東京の厳選した飲食店・レストランと宿泊施設を紹介する『ミシュランガイド東京 2023』のレストラン格付けにて、「ピッツァバー on 38th」がビブグルマン評価を獲得したことをお知らせいたします。

レストランの格付けでは、「ピッツァバー on 38th」(38階)は6年連続で「ビブグルマン(価格以上の満足感が得られる料理)」評価を獲得いたしました。

マンダリン オリエンタル 東京の総支配人 ポール ジョーンズは、次のように述べています。「『ミシュランガイド東京 2023』よりこのような非常に素晴らしい評価をいただきましたことに、心から感謝いたします。シェフチーム、サービスチームにとって大変名誉なことです。私たちは、日々お客さまに感動と満足を提供するために、今後も最高のサービスと質にフォーカスを置き努力を続けて参ります。」

ご予約・お問い合わせは、マンダリン オリエンタル 東京0120-806-823(レストラン総合予約9:00-21:00)、またはEメール motyo-fbres@mohg.com にて承ります。

FACEBOOK: Mandarin Oriental, Tokyo
INSTAGRAM: mo_tokyo

「マンダリン オリエンタル 東京」 とは (mandarinoriental.co.jp/tokyo)
マンダリン オリエンタル日本初のホテルとして、2005年12月2日、東京日本橋に開業しました。グループの理念「立地する土地柄と文化に敬意を表するホテルづくり」をハード面はもちろんソフト面でも実現。館内デザインには「森と水=日本の自然」をモチーフに和の趣を取り入れ、スタイリッシュな中にも安らぎに満ちたラグジュアリーな空間を作り出しています。38階建の日本橋三井タワー高層階に位置するゲストルームは全179 室。50㎡以上のゆとりあるスペースに最先端のITを取り入れ、すべてのゲストルームから東京を眼下に見渡す眺望をお楽しみいただけます。館内には、充実した施設と数々の受賞歴を誇る直営スパ、12の料飲施設、グランドボールルーム(1)、バンケットルーム(4)、ミーティングルーム(6)、チャペルなどを完備しています。開業以来数々の世界的な賞やランキングに輝いていますが、主なものとして以下があげられます。

マンダリン オリエンタル 東京の主な受賞歴
2022年、『ミシュランガイド東京 2023』にて6年連続ビブグルマン評価 (ピッツァバー on 38th)。
2022年、『ガンベロロッソ』による『世界のトップ・イタリアンレストラン』2023年版にて、ピッツェリア部門の3スライスを受賞(ピッツァバー on 38th)。
2022 年、『50 Top Pizza』にて「50 Top Pizza Asia – Pacific 2022」3位評価、「Top Pizzeria in Japan 2022 by Ca.Form Japan」評価、「50 Top Pizza World 2022」16位評価獲得(ピッツァバー on 38th)。「Pizza Maker of the Year 2022 – Peroni Award」受賞(総料理長 ダニエレ カーソン)。
2022年、8年連続で米国の格付け会社『フォーブス・トラベルガイド』より、「ホテル部門」・「スパ部門」共に最高評価の5つ星を獲得。
2021年、『ミシュランガイド東京 2022』にて8年連続一つ星評価 (タパス モラキュラーバー)。
2021年、『ミシュランガイド東京 2022』にてビブグルマン評価 (ピッツァバー on 38th)。
2021年、『ガンベロロッソ』による『世界のトップ・イタリアンレストラン』2022年版にて、ピッツェリア部門の3スライスを受賞 (ピッツァバー on 38th)。
2020年、『ミシュランガイド東京 2021』にて14年連続一つ星評価 (フレンチファインダイニング「シグネチャー」)。
2020年、『ミシュランガイド東京2021』にて8年連続一つ星評価 (広東料理「センス」)。
2020年、『ガンベロロッソ』による『世界のトップ・イタリアンレストラン』2021年版にて、ピッツェリア部門の3スライスを受賞 (ピッツァバー on 38th)。
2020年、『トリップアドバイザー』による「2020年トラベラーズチョイスアワード」ベスト・オブ・ザ・ベストにて、日本の「ベストホテル」1位評価。
2020年、『トリップアドバイザー』による「2020年トラベラーズチョイスアワード」ベスト・オブ・ザ・ベストにて、日本の「高級レストラン」2位評価 (タパス モラキュラーバー)。
2019年、『フォーブス・トラベルガイド ヴェリファイド リスト』にて「2019 World’s Best Hotel Bars」に選定 (オリエンタルラウンジ)。
2019年、『ガンベロロッソ』による『世界のトップ・イタリアンレストラン』2020年版にて、ピッツェリア部門の3スライスを受賞(ピッツァバー on 38th)。

「マンダリン オリエンタル ホテル グループ」 とは (mandarinoriental.com)
数々の権威ある賞に輝くマンダリン オリエンタル ホテル グループは、世界で最もラグジュアリーなホテル、リゾート、レジデンスを展開しています。アジアをルーツにグローバルブランドへと成長を続け、現在24カ国・地域において、オリエンタルヘリテージと、立地する土地の文化や独自のデザインを反映する36のホテルと8のレジデンスを運営しています。マンダリン オリエンタルは、今後もホテルやレジデンスの開発を計画しています。マンダリン オリエンタルは、ジャーディン・マセソン・グループの傘下に属します。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。