【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

先進的な3Dプリント技術※を用いパーソナライズされた栄養食品を提供するRem3dy(レメディ) Health Ltd.へ出資

サントリーホールディングス株式会社のプレスリリース

サントリーホールディングス(株)は、Rem3dy(レメディ) Health Ltd.(本社:イギリス・バーミンガム、以下Rem3dy Health社)に、11月22日(火)に出資しました。

Rem3dy Health社は、先進的な3Dプリント技術※を活用し、パーソナライズされた栄養食品を提供するスタートアップ企業です。代表的な商品「NOURISH3D(ナリッシュト)」は、オーダーメイドの栄養グミです。ウェブサイト上で入力された食生活や運動の状況といった情報をもとに、味の好み、必要な栄養、ライフスタイルなど、一人ひとりのニーズに対応したグミが製造されます。
※「高精度な3Dプリンタブルグミの形成に関する製法特許」など複数の特許を保有

同社の3Dプリント技術が、商品の形態や商品に付加できる価値の可能性を大きく広げることへの期待、同社の「自分にパーソナライズされた栄養を、おいしく手軽に摂取できる商品を提供したい」という思いへの共感を理由に、出資を決定しました。同社は現在、イギリス、アメリカの2国で商品を展開しており、さらなる販売国の拡大を計画しています。今後、同社の商品のさらなるグローバル展開や、2社での新価値の創出を目指します。

当社の未来事業開発部は、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)機能を有する部署として、スタートアップ企業との連携を推進しています。海外を中心に事業を行うスタートアップ企業への出資は、今回が初めてです。今後も、既存事業でのイノベーションや新たな成長領域創出の加速を目指し、活動を強化していきます。

●サントリーホールディングス(株)常務執行役員
未来事業開発部長 川崎 益功 コメント
Rem3dy Health社は「NOURISH3D」の展開を通じ、3Dプリンターを活用した新たな商品の形態や、パーソナライズしたグミで自分に必要な栄養を手軽に摂取できる新たなスタイルを創出しています。「NOURISH3D」のもつ革新性と新しい栄養の摂り方は、世界中のお客様の健康ニーズに応えていけるものと考えています。このような思いから、未来事業開発部が主導するスタートアップ連携の一環として、同社に出資することを決定しました。今回の取り組みを通じて、未来の食スタイルのさらなるグローバル展開をともに推進していきます。

●Rem3dy Health Ltd.
CEO Melissa Snover コメント
今回の資本提携を非常に嬉しく思います。サントリーグループは消費財業界のグローバルリーダーであり、サステナビリティやイノベーション、品質への思いを共有できるパートナーです。 今後、健康・ウエルネスへの関心が高いアジア地域に事業を拡大し、パーソナライズされた、便利でおいしい栄養食品を人々に届けていきます。

▽本件に関するお客様からの問い合わせ先
サントリーお客様センター https://www.suntory.co.jp/customer/

以上

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。