【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

観光農園いちごの里内にて福祉事業所が運営するクレープと スムージーのお店「いちごの里のクレープ屋さん」がオープン!

社会福祉法人めぶき会のプレスリリース

栃木県小山市の「いちごの里」関連会社である社会福祉法人めぶき会(理事:小黒 悠輔)が、就労支援事業所で育成したいちごを使ったクレープとスムージーのテイクアウト専門店「いちごの里のクレープ屋さん」を12月10日(土)にオープンいたします。
いちごの里の新鮮なフルーツをふんだんに活用したテイクアウト専門店でフルーツ狩りに訪れたお客様にさらに楽しんでいただきたいと考えています。

クレープとスムージーのテイクアウト専門店

いちごの里のクレープ屋さんスタッフ

■「いちごの里のクレープ屋さん」とは
テイクアウト専門店「いちごの里のクレープ屋さん」とは観光農園いちごの里内にできた自社農園で栽培したいちごを主体にしたスイーツ専門店です。
障がい者支援施設いちごの里めぶきファーム(株式会社いちごの里ファームの関連会社:社会福祉法人めぶき会)が運営し、障がいを持った方の就労訓練を行う場として、また施設の売り上げの向上を目的にオープンを予定しております。

店舗で使用するいちごは障がいを持った方が農福連携で育成した自社農園のものを使用し、運営は障がいを持った障がい支援施設の利用者と指導員が主体となって行います。
いちご王国栃木県で栽培するいちごの魅力と農福連携事業のすばらしさを全国の皆様に発信したいという想いで新たにいちごが主役のテイクアウト専門店をオープンしました。

■農業×福祉の「農福連携」で「ディスカバー農山漁村の宝」受賞
いちごの里ファームとめぶき会は、農林水産省主催の「第8回ディスカバー農山漁村の宝」を受賞いたしました。いちごの観光資源化と就労継続支援事業所の開設、農福連携による地域の活性化と地域社会への貢献が評価されてのことです。

「第8回ディスカバー農山漁村の宝」を受賞

■「いちごの里のクレープ屋さん」の商品ラインナップ
〇極上いちごクレープ 990円(税込)
その日獲れたいちごをふんだんに使用し、甘さ控えめの生クリームと配分を調整した秘伝の生地で包み込んだ絶品のクレープとなっております。
その日獲れたいちごを使う為何の品種になるかは買ってからのお楽しみとなります。白いちごの「ミルキーベリー」や幻のいちごである「とちひめ」も使用する予定ですので楽しみにお待ちください。

極上いちごクレープ

〇極上いちごスムージー 990円(税込)
氷は使用せず冷凍したいちごと牛乳と砂糖のみを使用した為、いちごの味や色をそのままストレートに味わえる贅沢なスムージーとなっております。
上に乗っているいちごはクレープと同様その日獲れた新鮮ないちごを使用いたします。

極上いちごスムージー

■今後の展望
今後も栃木のいちごの味と農福連携事業を全国の皆様に伝えられるよういちごの里で獲れるいちごやフルーツを使用して美味しいスイーツ商品をお届けします。

■会社概要
法人名 : 社会福祉法人めぶき会
理事長 : 小黒 友子
所在地 : 〒323-0058 栃木県小山市大川島408
事業内容: 障がい福祉サービス 就労継続支援A型事業所
URL   : https://www.mebuki-itigo.or.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。