セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

福島県立ふたば未来学園・高校生とのコラボメニュー第二弾! こころもからだも温まる、『牛肉と里芋のみそ煮定食』販売スタート!!

株式会社大戸屋のプレスリリース

株式会社大戸屋(東京都武蔵野市/取締役社長:山本匡哉)は、2019年1月28日(月)より3月19日(火)までの期間限定で、『ふるさとおうちごはん ~牛肉と里芋のみそ煮定食~』を販売いたします。
「大好きなふるさとに伝わる料理を、日本中に届けたい。」
福島県立ふたば未来学園の生徒と共に開発した、東北地方の郷土料理 “芋煮” がベースのコラボメニュー第二弾です。
やさしく、ほのかに甘みのある、仙台味噌と合わせた出汁で仕立てた『牛肉と里芋のみそ煮』は、たっぷりの牛肉に里芋、たっぷりのきのこに長ネギ、白菜、こんにゃくと、具沢山のお鍋です。
定食のご飯は、生姜の風味が香る『ごぼうとおかかの生姜ごはん』。
箸休めに、豆板醤で和えたピリ辛ナスと、ほうれん草のおひたしの小鉢がセットになっています。
寒い冬にぴったりな、こころもからだも温まる『牛肉と里芋のみそ煮定食』。この機会にぜひお召し上がりください!
*このメニューは《子供の学びを応援するメニュー》として、1食あたり20円を、認定NPO法人カタリバが運営する「コラボ・スクール」に寄付させていただきます*

【 ふるさとの「おいしい」を、日本中へ! 】

「大好きなふるさとに伝わる料理を、日本中に届けたい。」
そんな想いを受け、ふたば未来学園の生徒と大戸屋で作ったメニューが “ふるさとおうちごはん” です。
第二弾の今回は、東北地方で広く親しまれている郷土料理の芋煮がベース。
「からだが冷える時期に温まってほしい」という生徒の想いから、開発に取り組みました。
そんな想いのこもった “ふるさとの家庭の味” を、大戸屋の店舗を通じて、全国の皆様にお届けします。
 
「ちゃんとごはん。」を、次の世代へ。 
大戸屋は “食” を通じて、未来ある子供の学びを応援していきます。

【 こころもからだも温まる定食 】

東北地方の郷土料理 “芋煮” は、1600年代後半の山形県山形市が発祥とされる、東北地方から関東地方北部で特に親しまれている名物料理。今でも寒い季節になると、家庭や地域の集まりなどで楽しまれています。
芋煮は地域によって、ベースが味噌や醤油だったり、牛肉か豚肉を入れたりと、味や具材も様々です。
“ふるさとおうちごはん” では、牛肉を使った芋煮をアレンジ。
やさしく、ほのかに甘みのある、仙台味噌と合わせた出汁で仕立てました。
たっぷりの牛肉に里芋、たっぷりのきのこに長ネギ、白菜、こんにゃくと、具沢山のお鍋です。
定食のご飯は、生姜の風味が香る『ごぼうとおかかの生姜ごはん』
箸休めに、豆板醤で和えたピリ辛ナスと、ほうれん草のおひたしの小鉢がセットになっています。
寒い冬にぴったりな、こころもからだも温まる『牛肉と里芋のみそ煮定食』を、この機会にぜひお召し上がりください!
 

 

  • 『ふるさとおうちごはん 〜牛肉と里芋のみそ煮定食〜』 1,150円(税込)

カロリー:693kcal
塩  分:4.9g
アレルギー物質:小麦・さば・大豆・牛肉・ごま
※単品に[小麦,ごま]は含まれません。

《 子どもの学びを応援するメニュー 》
この商品の収益の中から1食あたり20円を、認定NPO法人カタリバが運営する「コラボ・スクール」に寄付させていただきます。
コラボ・スクールは、宮城県女川町、岩手県大槌町、福島県広野町、熊本県益城町などにある、被災地の子供たちのための放課後学校です。
https://www.collabo-school.net/

—————————————-

「大戸屋ごはん処」では、にっぽんの台所で受け継がれてきた
「おかあさんの味」をお手本に、お店でこしらえることにこだわります。
お店で野菜を洗い、下ごしらえをする。お店で鰹節を削り、出汁をひく。
お店で丁寧に仕込みをする。
ご注文をいただいてから焼いたり、煮込んだり、調理することで、
でき立て、作りたてのやさしい味の商品をご提供いたします。
こどもを想う気持ち。モノを慈しむ気持ち。お行儀やお作法、季節を感じる感性。
にっぽんの食卓には、そんな「栄養」が詰まっています。
ココロにもカラダにもやさしい食卓。
「大戸屋ごはん処」は、毎日食べても健康で安心な「もうひとつの食卓」であり続けます。

—————————————-
 

◆ 大戸屋ごはん処 ◆
 2018年12月現在、国内351店舗、海外112舗を展開しています。
 詳しくはリンク先をご覧ください。
 
○大戸屋ホームページ
 http://www.ootoya.com/
○Facebook
 https://www.facebook.com/ootoya/
◯Instagram
 https://www.instagram.com/ootoya.jp/
◯Twitter
 https://twitter.com/Ootoya_Gohan

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。