永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

koeからエシカル&ウェルネスをテーマにした体験型店舗ドーナツファクトリー「koe donuts」1号店を3月21日(木・祝)京都にOPEN

株式会社ストライプインターナショナルのプレスリリース

株式会社ストライプインターナショナル(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:石川康晴)の展開するグローバル戦略ブランド「koe(コエ)」は、3月21日(木・祝)新業態のドーナツファクトリー「koe donuts(コエ ドーナツ)」1号店を京都にオープンいたします。

新業態として展開するkoe donutsは、“life happens,donut helps”をコンセプトにした体験型のドーナツファクトリーです。ドーナツは世代や国を超えて親しみのある定番おやつですが、高カロリーなイメージがあります。koeでは、近年の健康志向の高まりから「ウェルネス」をテーマに低カロリーでオーガニック、そしてブランドコンセプトである「エシカル」の観点から、地球環境にも配慮し、素材や製造にこだわった新しいドーナツを販売いたします。
 

  

最大の特徴は、工場併設型店舗であることです。石臼で粉を挽き、オリジナルのベルトコンベヤー式フライヤーでドーナツを揚げ、トッピングまでの全製造工程を見学いただけます。イートインは出来立てのドーナツをナイフとフォークで味わうスタイル。テイクアウトメニューは、バリエーション豊富で視覚的にも楽しめるドーナツをご用意し、自宅用だけではなくギフトにも最適です。原料は京都産をはじめとする国産素材を使用し、「オーガニック」「天然由来」「地産地消」をキーワードに、日本らしい上質なドーナツに再編集します。

出店場所である京都は、日本国内の観光客をはじめ海外のインバウンド需要も多い代表的な都市です。koeが提案する新しいドーナツを世界へ広げていきたいという想いから1号店を京都に出店します。

店舗デザインは、世界が注目し日本を代表する建築家・隈研吾氏が手掛けます。内装は“奥へと導く竹かごの空間”をテーマに、京都嵐山の竹を使用した伝統的な六ツ目編みのかごを572個用いて、エシカルで柔らかに仕上げました。かごの網目から漏れるライトは、店内に陰影をもたせ安らぎの空間を演出してくれます。ショッパーやナプキンなどにプリントを施したイラストは人気イラストレーター・長場雄氏がデザイン。メインキャラクターは、ドーナツ好きな世界中の人々の気持ちを表現し、親近感あるデザインの“ドーナツ博士”です。パッケージ&グラフィックデザインには、koeグローバル旗艦店「hotel koe tokyo」をはじめとするkoe全体のブランディングを手掛けるartless Inc.の川上シュン氏。多様なクリエイターを起用し、新しいカルチャーを体現していきます。

koe donutsはkoeが提案するサードプレイスとして、京都を訪れる様々な人々にとって安らぎある空間や安心できる食を提供し、誰からも愛されるドーナツを通して、新しい食の楽しみ方を世界に向け発信してまいります。

 
 
■ドーナツファクトリー「koe donuts」概要
オープン:2019年3月21日(木・祝)
所在地:京都府京都市中京区新京極四条上ル中之町557番地 京都松竹阪井座ビル1F
延べ面積:439.08㎡ (132.82坪)
席数:65席+スタンディング
HP:https://donuts.koe.com
Instagram:@koe_donuts
https://www.instagram.com/koe_donuts/
 

<株式会社ストライプインターナショナル 代表取締役社長 石川康晴コメント>
国民的スウィーツであるドーナツ市場は近年下降傾向にあります。koe donutsでは、オーガニック、無添加、希少糖、米油などを使った健康的なドーナツを開発する事で市場を活性化させたいと考えています。今後、“日本発”健康的で環境に配慮したドーナツを世界で展開していきたいと思います。

<隈研吾氏コメント>
エシカルへの取り組み、オーガニックへのこだわりを見せるドーナツ店で、京都嵐山の竹を用いたエシカルで柔らかなインテリアに挑戦した。伝統的な六ツ目編みの竹かご572個で覆われたドーム状の暖かな空間は、店であると同時にドーナツのファクトリーであり、厨房でもある。京都の繊細でしかもたくましい台所文化が、竹かごを通じてよみがえる。 

<長場雄氏コメント>
最初にキャラクターの依頼をいただいたので、アイコニックでインパクトがありつつ、親しみのあるもの、ずっと身近にあっても苦にならないものを目指しました。四条という京都の中心地で国内外問わず多くの方が目にするキャラクターになると思います。いらした方に愛されるキャラクターになれば嬉しいです。
 
<川上シュン氏コメント>
京都という伝統に、ポップさという相反するトーンをあえて組み合わせることで、独自のブランドイメージを作るということを意識したブランディングを行なっています。どの都市も急速にグローバル化するマー ケットと、このkoe donutsがいい化学反応を起こし、日本だけでなく世界に広がっていくことを期待しています。

商品イメージ

 

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。