【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

自社工場2拠点目となるポーション調味料製造設備を津山工場に新規導入/生産体制強化でさらなる市場拡大を目指す

エバラ食品工業株式会社のプレスリリース

エバラ食品工業株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:森村 剛士)は、「プチッと鍋」や「プチッとうどん」などのポーション調味料の販売好調を受け、当社津山工場(岡山県津山市)に新工場棟を建設し、ポーション調味料製造設備を導入することを本日開催の取締役会にて決定しました。

当社は、1人分ずつポーション容器に入った濃縮タイプの鍋の素「プチッと鍋」を2013年に発売し、個食対応の鍋つゆ市場の拡大に貢献してきました。また、2016年には「プチッとうどん」(旧商品名:「プチッとうどんの素」)を発売。パッケージリニューアルやプロモーション強化を経て、売上げを伸長させています。「一人でも鍋が食べたい」「手軽に本格的なうどんメニューを楽しみたい」といったお客さまのニーズに応える新たな価値を提供することで、個食鍋ブランド(※1)や個食うどんつゆブランド(※2)で売上げナンバーワンとなっています。

今後、個食対応調味料のさらなる市場拡大が見込まれることから、自社工場では2拠点目として津山工場に製造設備を導入し、協力工場と併せて市場拡大に向けた生産体制の確立を目指します。これによりポーション調味料の迅速かつ安定供給を実現するとともに、生産拠点の分散による配送の効率化でCO2排出量削減にも貢献します。

※1:インテージSRI+ 鍋つゆ市場(1個当たり食数:1個)2021年4月~2022年3月累計販売金額
※2:インテージSRI+ つゆ・煮物料理の素市場(種類:うどんつゆ&その他麺つゆ/1個当たり食数:1・2食)2020年9月~2022年8月累計販売金額

◆ポーション調味料製造設備 新規導入について
・導入工場:エバラ食品工業株式会社 津山工場(岡山県津山市金井468番1 津山中核工業団地内)
・稼働開始時期:2024年10月(予定)
・主要生産品目:「プチッと鍋」各種、「プチッとうどん」各種
・投資金額:約36億円(予定)
・増強能力:ポーション調味料供給能力を従来比30%アップ

プチッと鍋プチッと鍋

プチッとうどんプチッとうどん

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。