【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

【バルバッコア】話題のブラジルプリン ”プヂン” テイクアウト販売開始

ワンダーテーブルのプレスリリース

株式会社ワンダーテーブル[本社:東京都新宿区西新宿/代表取締役社長 秋元 巳智雄]が運営する、シュラスコ専門店「バルバッコア」では、2023年1月23日(月)より、デザートブッフェで提供している ブラジルプリン”プヂン”をテイクアウトで販売する予定です。

 

シュラスコ料理「バルバッコア」では、デザートブッフェでブラジルプリン”プヂン”を提供しています。”プヂン”は、ブラジルがポルトガルの植民地として支配されていた大航海時代に伝わったスイーツです。イギリスが起源とされているプリンには牛乳が使用されていますが、ポルトガルでは生クリームを使用。さらに、ブラジルではコンデンスミルクの方が入手しやすかったので、主材料を変えて作られたとされています。日本のカスタードプリンよりもミルキーで、固めの食感が特徴です。「バルバッコア」では、この”プヂン”をテイクアウトで販売する予定です。容量は約300gなので、ご家族みんなで召し上がるには十分な大きさです。ホームパーティー等の手土産にも最適です。

 

販売開始日 2023年1月23日(月)予定
販売価格 1,200円
販売店舗 全店 (梅田店除く)
※詳しい販売開始日は公式サイトにてお知らせします。
※形状は店舗により異なります。
※価格は店舗により異なります。詳しくは各店公式サイトをご確認ください。
※価格は税込みです。

■バルバッコアとは

「バルバッコア」は、1990年ブラジル サンパウロに誕生した、グローバルな人気を誇るシュラスコ専門店です。 日本では1994年表参道にオープンし、現在、東京都内に7店舗、大阪府内に2店舗、計9店舗を営業しています。 メニューは希少価値の高い牛肉の部位を楽しめるシュラスコや、ブラジルの食材を味わえるサラダバーなど、全50種類近くあるお料理をブッフェスタイルでお楽しみいただけます。
オフィシャルサイト:  http://barbacoa.jp 

■シュラスコとは

シュラスコとは、ブラジリアンバーベキューのことです。塊のまま串に刺し岩塩のみで焼き上げたジューシーなお肉を、「パサドール」と呼ばれるスタッフがそのままの状態でテーブルまでお持ちし、お客様の目の前でお好きな部分をお好きなだけ切り分けてご提供するスタイルのバーベキューです。岩塩のみのシンプルな味付けで、油を一切使わずに焼き上げる為、肉の余分な脂も落ちてとてもヘルシーです。

■株式会社ワンダーテーブル 
株式会社ワンダーテーブルは、国内42店舗、海外90店舗の飲食店とデリバリー専門「WON-DELI」を展開しています。しゃぶしゃぶ・すき焼き専門店「MO-MO-PARADISE」やビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」などの自社ブランドを国内外で展開する一方、ニューヨーク料理「ユニオン スクエア トウキョウ」、シュラスコ専門店「バルバッコア」、プライムリブ専門店「ロウリーズ・ザ・プライムリブ」、創業135年となるニューヨーク・ブルックリンのステーキ専門店「ピーター・ルーガー・ステーキハウス」などの海外ブランドを誘致して経営しています。

<わざわざ食べにいきたい 肉料理>

ワンダーテーブルのレストランには、わざわざ足を運んででも食べたい肉料理をご用意しています。それらをまとめたサイトを立ち上げ「肉会」の開催を訴求します。
https://wondertable.com/lp/meat-dishes/index.html

<キッズフレンドリー>

ワンダーテーブルには未就学児のお子様連れに優しいレストランが沢山あります。塗り絵やキッズプレート、少し騒いでも安心な個室など、未就学児のお子様連れに嬉しいサービス情報を紹介しています。
https://wondertable.com/lp/kids_friendly/

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。