【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

世界初!お母さんの味カレーレシピNFT化コンテストを開催  賞金総額190万円、古舘伊知郎さんなど各界の著名人が審査を担当

株式会社たいよう農園のプレスリリース

オレンジページ6月17日号とコンテストWebサイトで受賞作品を発表

株式会社たいよう農園(所在地:愛媛県西予市、代表取締役:本田幸久)が主催する食の企画『お母さんの味NFTカレーレシピコンテスト』の応募がスタートします。
秘伝のカレーのレシピを公募、選ばれた優秀作品はレシピをデータ化し、〈味の著作権〉を持たせて、味の知的財産として未来後世に「お母さんの味カレーレシピ」として残す企画です。
思い出のある唯一無二の大切な味を守り、食文化の発展に貢献できるコンテストを実施します。

※世界初=当社調べ

『お母さんの味NFTカレーレシピコンテスト』

このコンテストの目的は、農産業(1次産業)、製造業(2次産業)、販売・サービス業(3次産業)の3つの数字をかけ合わせた「6次産業」と呼ばれる取り組みを積極的に進めることで、農産物を作る地域を活性化させ経済を豊かにし、農業の未来につなげていくこと。
お母さんのカレーを日本の味として後世に残す活動をすることで、農産業の価値を高めます。

審査は、カレーにまつわる審査員チームを編成し、「継承性」「愛情性」「オリジナル性」を基準に行います。より食に近い視点によるアドバイスを受けるために各業界より審査員をお迎えします。

<審査委員会委員>
古舘伊知郎さん、松尾貴史さん、松下由樹さん、藤波辰爾さん、島本美由紀さん
(順不同)

NFTカレーレシピコンテスト審査委員会委員

【審査基準】
・「継承性」
お母さんと初めていっしょに料理をしたのがカレーだったなど、思い出のエピソードがある。かつ、世代を超えて引き継ぎたいレシピであるか。
・「愛情性」
カレーにはお母さんのどんな思いがこもっていたか、家族においしく食べてもらうため、どのような工夫がなされていたか。
・「オリジナル性」
市販のカレールウを使っていても、かくし味を入れるなど、製品レシピどおりではない独自のレシピであるか。味、見た目にこだわった魅力的なカレーであるか。

【コンテスト概要】
あれは母なる大地のような豊かで深く、こころの味わい。
見た目も決して派手ではないけど家族しか知らない、それは思い出すとふと食べたくなるあの味。
そんな誰も知らないお母さんのレシピを「フードNFT」でほぼ完全再現を実現します。
カレーは千差万別の家庭のレシピをもち、それはやがて母の味に行き着きます。
ゆったりとおおらかな元気になるお母さんのカレーは思い出がいっぱい詰まった特別な味です。
お父さん、おばあちゃんなど、おうちの人が作るカレーならOK、最優秀賞には賞金100万円という企画です。

●各賞金と優秀賞を獲得したレシピの味をデータ化した「フードNFT」として、レシピ証明を発行。
●「フードNFT」のレトルトカレーを販売。
●日本の味として、後世に残していく活動を行う。

■応募条件
・豚肉、玉ねぎを使用していることが応募条件、カレーレシピを競う。
・カレーライスにまつわる思い出ストーリーを添える。

■対象期間
2023年1月17日(火)00:00~2月28日(火)23:59

■応募資格
年齢、性別問わず、どなたでも応募可能です。

■応募方法
(1)カレーのタイトル (2)材料(4~5人分) (3)作り方 (4)思い出のストーリーを記載 (5)出来上がりの写真を添付して、コンテストWebサイトよりダウンロードできる専用応募用紙、または応募フォームよりご応募ください。

■発表方法
オレンジページ6月17日号(6月2日発売)誌面とコンテストWebサイトにて、最優秀賞、優秀賞、個別審査員賞に選ばれたカレーを発表、ご紹介します。

コンテストWebサイト: https://nft.taiyo-noen.com/

【特典について】
(特典1)
●最優秀賞  :賞金100万円
        本企画で生まれたレトルトカレー全種類3ヶ月分
●優秀賞   :賞金30万円
        本企画で生まれたレトルトカレー全種類1ヶ月分
●個別審査員賞:賞金10万円×5人
●参加賞   :コンテストWebサイトで告知(10万円相当)

(特典2)
レシピを味のNFTでほぼ再現
「フードNFT」レトルトカレーとして商品化&限定販売、レシピを再現したカレーをレトルトにして商品化し、大手老舗百貨店などのポップアップストアと通信販売で期間限定販売をします。

【NFTについて】
コピーや改ざんができないようにし、持ち主を証明できるようにしたデジタルデータのこと。今回のコンテストでは入賞作品のレシピをNFT化することで、だれが作ったレシピかという〈味の著作権〉を持たせ、味の知的財産として未来後世にレシピを残します。

【主催概要】
主催  :株式会社たいよう農園 https://taiyo-noen.com
企画協力:味香り戦略研究所、NFTの窓口、NFT MUSEUM MANAGEMENT株式会社

【株式会社たいよう農園について】
株式会社たいよう農園は西日本最大規模の大地で、農産物を作っている企業です。養豚やホテル運営の事業を行うグループ企業を持ち、生産、加工、調理、サービスなどトータルで手がけています。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。