【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

LINEミニアプリで注文できる買い物代行サービス「ハイベルさん」を東急線沿線にて開始

株式会社ジャストプランニングのプレスリリース

東急株式会社(以下、「東急」)が運営するホーム・コンビニエンスサービス「東急ベル」、プロロジス(日本本社)、(以下、「プロロジス」)、ウィルポート株式会社(以下、「ウィルポート」)、株式会社ジャストプランニング(以下、「ジャストプランニング」)は、LINEミニアプリで注文できる「東急ベルのおつかいサービス ハイベルさん」(以下、「本サービス」)を東急線沿線エリアにおいて2023年2月1日から本運用を開始し、順次サービスを拡大します。

昨年2月1日からラストワンマイル配送の需要拡大に対して、ラストワンマイル拠点の整備・運営ノウハウの提供をプロロジスが行い、ウィルポートが開発・提供する共同輸配送管理システムを利用し、配送拠点は、東急の既存拠点を活用するほか、「東急ベル」のベルキャストが配送を担うという一連のサービスをパッケージ化した「オープン型ラストワンマイル配送プラットフォーム」を構築しています。これまで、荷主の倉庫から配送拠点に届いた荷物を仕分けしラストワンマイル配送を行う「センター出荷型配送」、荷主の店舗にある荷物を東急ベルがラストワンマイル配送を行う「リアル店舗出荷型配送」の取り組みとして衣料品メーカーをはじめ、宅配クリーニングやドラッグストアの配送を受託しています。

本サービスは、ラストワンマイル配送の新たな取り組みとして、「オープン型ラストワンマイル配送プラットフォーム」とジャストプランニングが提供する飲食・リテール企業向けのオンライン注文プラットフォームを活用した買い物代行などを行う「シェアリング型配送」として開始します。本サービスでは、以下3つのサービスを提供します。

 

今後、参画企業を拡大し、生活必需品をはじめとした取扱商品を増やしていくことで、お客さまがご自宅にいながらにして、あらゆる商品が手に入り、日常生活を支援できるサービスを目指します。また、今後も4社で協業することで、物流業界全体が抱えるドライバー不足などの課題を解決し、地域での効率的な配送網を確立します。

本リリースに関する詳細は、別紙のとおりです。                                                                                                                                                                               以 上

【別紙】
■「東急ベルのおつかいサービス ハイベルさん」概要
食材、日用品に加え、百貨店やホテルの高級弁当、東急線沿線の名店が提供する商品を東急ベルがお客さまに代わって「おつかい」するサービスです。LINEミニアプリ上でご注文時の用途やエリアから店舗を選択し、ご希望の商品をご注文、店舗で商品を用意した商品を東急ベルの配送員(以下、ベルキャスト)がお届けに伺います。
・サービス開始日   2023年2月1日
・公式LINEアカウント https://lin.ee/GNSw57I
・サービス内容

※サービス対象エリアと配送時間は、店舗ごとに異なります。

■本サービスにおける各社の役割

■LINEミニアプリによる商品注文の流れ

■株式会社ジャストプランニングについて
ジャストプランニング(本社:東京都大田区、代表取締役社長:酒井 敬)は飲食・リテール企業向けの経営支援システム「まかせてネットEX」を中心にPOSシステム、オンライン注文プラットフォーム「iToGo」などのクラウドサービスを約300社6,500店舗に提供しています。
オンライン注文プラットフォーム「iToGo」はチェーンストア・ブランド向けのプラットフォームで、企業はさまざまなデジタル接点に対して注文・決済手段を接続し、24時間ショップと顧客の購買接点を作り、情報配信が可能になるアフターデジタル時代に必須なOMOマーケティングを、自社サービスとして導入することができます。
また「iToGo」は接続性が高く、既にブランドアプリ、LINE公式アカウントなどデジタル接点がある場合は、アプリ組み込みやLINEミニアプリとしての提供もできます。更に企業は、店内注文・テイクアウトだけでなく、配送管理システムと連携した配送サービスまで、オールインワンサービスとしての提供が可能になります。
(HP: https://www.justweb.co.jp/ 製品HP:https://itogo.jp

■「オープン型ラストワンマイル配送プラットフォーム」とは
ラストワンマイル配送の需要拡大に対して、配送の担い手が不足している問題を解決する取り組みであり、ラストワンマイル拠点の整備・運営ノウハウの提供をプロロジスが行い、ウィルポートが開発・提供する共同輸配送管理システムを利用し、配送拠点は、東急の既存拠点を活用するほか、「東急ベル」のベルキャストが配送を担うという一連のサービスをパッケージ化するものです。
                                 「オープン型ラストワンマイル配送プラットフォーム」のイメージ

■東急線沿線エリアのラストワンマイル配送のイメージ
共同輸配送管理システムを使った3つの配送パターンによりラストワンマイル配送を行います。
1. 「センター出荷型配送」:荷主の倉庫から配送拠点に届いた荷物を仕分けし、ラストワンマイル配送を行う
2. 「リアル店舗出荷型配送」:荷主の店舗にある荷物を東急ベルがラストワンマイル配送を行う
3. 「シェアリング型配送」:買い物代行などのラストワンマイル配送を行う ※今回より開始

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。