【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

『出前館』、「モバイル市場年鑑2023」の2022年市場別ランキング「飲食カテゴリー」においての日本国内アプリダウンロード数が1位にランクイン!

株式会社出前館のプレスリリース

 株式会社出前館(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤井英雄)が運営する日本最大級のデリバリーサービス『出前館』は、アプリ市場データプラットフォームを提供するdata.aiが公表する「モバイル市場年鑑2023」の2022年市場別ランキング「飲食カテゴリー」において、日本国内の『出前館』アプリダウンロード数が1位にランクイン※1したことをお知らせいたします。なお、「フード&ドリンク」及び「フードデリバリー/テイクアウトカテゴリー」※2において、年間平均MAUも1位※3※4を獲得いたしました。

 『出前館』では、「テクノロジーで時間価値を高める」というミッションを掲げ、人々の生活や時間が価値のあるものになるよう日々取り組みを進めています。アクティブユーザー数も873万人と前年度から119%増加※5しており、多くの方に『出前館』アプリをダウンロードいただいているだけではなく、ご利用もいただいているとわかります。

 『出前館』は、今後もさまざまなシーンで日常的にご利用いただけるよう、ユーザーの皆さまに寄り添ったサービスを目指してまいります。

※1・・・「モバイル市場年間2023」(https://www.data.ai/jp/go/state-of-mobile-2023/)より引用
※2・・・data.ai, App IQ分類
※3・・・MAU (Monthly Active Users):月間でアプリをアクティブに利用しているユーザーの数
※4・・・data.ai (旧App Annie)調べ。2022年1月〜12月「フード&ドリンク」及び「フードデリバリー/テイクアウト」カテゴリーにおける年間平均MAU (iPhone 及び Android Phone)
※5・・・2022年8月時点「2022年8月期 通期 決算説明会資料」(https://ssl4.eir-parts.net/doc/2484/ir_material_for_fiscal_ym/124638/00.pdf)より引用

【『出前館』とは】
 『出前館』は、アプリやサイトから簡単に注文でき、さまざまなシーンで活用可能な全国47都道府県に展開する国内最大級のデリバリーサービスです。サービスを開始以降、加盟店舗数は拡大し、現在100,000店舗以上になりました。フードデリバリーサービスとして始まった『出前館』は、昨今では日用品の配達など”ラストワンマイル”の領域までサービスを推し拡げ、進化し続けています。今後、フードデリバリーを起点とし、さまざまなシーンにフィットするサービスとして事業を拡大し、ライフインフラとして進んでまいります。

 

【株式会社出前館 概要】
(コード番号:2484 東京証券取引所 スタンダード市場)
所在地:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目27番5号 リンクスクエア新宿
代表者: 代表取締役社長 藤井 英雄
コーポレートサイト:https://corporate.demae-can.co.jp/
サービスサイト:https://demae-can.com/
概要:日本最大級のデリバリーサービス『出前館』の運営
資本金:1億円(2022 年1月6日現在)    

※本ニュースリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。