【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

見た目は白米 食物繊維は6.6倍!こっそり入れても分からない『白米好きのためのもち麦』を3月1日(水)新発売

株式会社はくばくのプレスリリース

穀物のリーディングカンパニー株式会社はくばく(本社:山梨県中央市、代表取締役社長:長澤 重俊)は、『白米好きのためのもち麦』を2023年3月1日(水)より全国で新発売します。

本商品は「まるで白米!白米のように仕立てたもち麦」をコンセプトに、「白米好きの家族にも食べてもらいたい」「白米のように麦ごはんを食べたい」そんなニーズにこたえた商品になっています。
もち麦はもちもちとした特性から米のように綺麗に磨き上げようとすると、加工中の機械に強く貼り付いてしまうことや、麦が割れてしまうことからお米のように加工するのは難しいと考えられていました。
しかし当社が持つ精麦技術により、0.01㎜単位で削りを調整することで、割れることなく見た目も食感もまるで白米のような白いもち麦を開発しました。
また、原料のもち麦は世界中の何十種類もの品種の中から最も白米らしい、白米に馴染む品種を選定。栄養面においても白米のような見た目と食感でありながら、白米と比較して食物繊維は6.6倍。※1従来のもち麦の栄養素とほぼ変わらないのも特徴です。
白米好きの方はもちろん、家族の反対で雑穀を諦めてしまっている方にもお召し上がりいただきたい商品です。
※1白米:日本食品標準成分表2020年版(八訂)より作成

■商品特長
・白米のような見た目と食感
・白米と比較して食物繊維は6.6倍
・使いやすい個包装タイプと保管に便利なチャック付ピロータイプの2種類
・国内産もち麦使用

■商品概要

 

 

  • はくばくについて

当社の社名「はくばく」は白い大麦という意味です。創業社長である祖父が「もっと麦ご飯を喜んで食べてもらいたい。」という思いから、大麦を一粒一粒半分に割って黒い筋を目立たなくした製品を開発しました。
以来、我々はくばくは穀物とともに歩み、精麦の他、雑穀、和麺、麦茶、穀粉、米を事業として手がけるようになりました。
人類を太古から支えてきた大切な「穀物」を、現代の食卓へもっと多く登場させ、もっと楽しんで食べてもらうこと。それは家族の笑顔が増えること。またそれは家族が健康になることだと考えています。これを実現するために、我々はくばくは「穀物の感動的価値を創造する」ことを社員一丸となって本気で目指して参ります。
(株式会社はくばく 代表取締役社長 長澤 重俊)

社名    : 株式会社はくばく
所在地   : 〒409-3843 山梨県中央市西花輪4629
代表    : 代表取締役社長 長澤 重俊
設立    : 昭和16年4月15日
資本金   : 98,000,000円
事業内容: 食品製造および販売
URL : https://www.hakubaku.co.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。