【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

味の素㈱、新たにD2Cサイト「GOOOD GOOOD TABLE(グーグーテーブル)」をオープン

味の素株式会社のプレスリリース

 味の素株式会社(社長:藤江 太郎 本社:東京都中央区)は、2023年1月25日(水)より、日常の中で新しいおいしさに出会うことで、こだわりある充実した食卓を叶える新たなD2C(※1)サイト「GOOOD GOOOD TABLE(グーグーテーブル)」を公開しました。
※1)Direct to Consumer:製造者が生活者に直接販売をするビジネス。
「GOOOD GOOOD TABLE(グーグーテーブル)」オンラインショップ:https://gooodgooodtable.ajinomoto.co.jp/ggt/

 近年、在宅ワークの浸透等を背景に内食機会が増えるとともに、購買行動においてもデジタル化が進んだ結果、国内食品通販市場規模(小売金額ベース)は続伸し、EC化率も向上しています(※2)。さらに、生活者のデジタル上での情報取得や企業との双方向のコミュニケーションが 容易となり、より嗜好に合った選択や体験価値を重視する傾向が 強まっています。こうした状況を受け当社D2C事業においても、デジタル戦略を強化し、食に関する体験価値提供とユーザーとの価値共創の実現を目指すこととなりました。 
※2)出典:株式会社矢野経済研究所「食品通販市場に関する調査 (2022年)」(2022年9月28日発表)

 新サイト「GOOOD GOOOD TABLE(グーグーテーブル)」は、当社こだわりの逸品を開発秘話などの背景 ストーリーと共に楽しんでいただくだけでなく、ユーザーの食に対する好奇心を満たし、従来の食卓を グレードアップするようなレシピやフードペアリングなどの情報をお届けすることで、新しいおいしさとの出会いを継続的にサポートします。また、当社既存通販サイト「味の素ダイレクト㈱オンラインショップ」と基盤を共有し、共通ID「AJINOMOTO ID」でのシングルサインオン(※3)を可能にしました。
 今後は、当社からの情報発信だけでなく、ユーザーからの感想やアイデアなども募集・シェアし、双方向のコミュニケーションも充実したサイトにしていきます。
※3)1つのIDとパスワードを入力して、 複数のウェブサービスやアプリケーションにログインする仕組み。

 

 加えて、本公開に合わせて紹介する新製品は、「クノール®」ブランパンポタージュ<海老のビスク><4種のチーズ>で、同じく2023年1月25日(水)より本サイト限定で発売しました。
 以後、当社製品だけでなくグループ各社の家庭用製品も取り扱い、ラインアップを拡充させていく予定です。

 当社は2020-2025中期経営計画において食と健康の課題解決企業をビジョンとして掲げており、この実現に向けて新たにECサイトを立ち上げることで、生活者のニーズに対応した製品・サービスの提供を進め、健康寿命の延伸に貢献していきます。

【サイト概要】
1.サイト名:「GOOOD GOOOD TABLE(グーグーテーブル)」
       https://gooodgooodtable.ajinomoto.co.jp/ggt/
2.コンセプト:新たなおいしさとの出会いを通じて、こだわりの食卓を叶えるD2Cサイト
3.特  長:
(1)こだわりの逸品とおいしい体験
おいしさ、簡便性、栄養価値を満たし独自性が高く、こだわりのつまった当社およびグループ製品を取り扱うとともに、その製品の背景ストーリーや開発者のこだわりを伝達し、体験価値を最大化します。
(2)充実した食卓実現までの伴走
日常をちょっと贅沢にするレシピや食情報など、当社や食のプロが持つ知恵をマガジン形式で発信し、サイトユーザーが求める充実した食卓をサポートします。
(3)ユーザーとの価値共創
製品レビューやSNSの投稿を通じ、製品評価や食卓アイデアを収集し、サイト内に掲載します。製品開発における意見交換を実施するなど、サイトユーザーとオープンに繋がり、よりよい製品・サービスの開発を目指します。
(4)ストレスのない購入体験
検討から購入までデジタル上で完結。シンプルな購入導線とお客様の購入履歴や食嗜好から、最適な商品の提案を行うことで、ストレスのない購入体験を目指します。

お客様向けお問い合わせ先:味の素ダイレクト㈱お客様係 フリーダイヤル 0120-324-324

 味の素グループは、“アミノ酸のはたらき”で食習慣や高齢化に伴う課題を解決し、人々のウェルネスを共創する、食と健康の課題解決企業を目指しています。
 私たちは、“Eat Well, Live Well.”をコーポレートメッセージに、アミノ酸が持つ可能性を科学的に追求し、事業を通じて地域や社会とともに新しい価値を創出することで、さらなる成長を実現してまいります。
 味の素グループの2021年度の売上高は1兆1,493億円。世界36の国・地域を拠点に置き、商品を販売している国・地域は130以上にのぼります(2022年現在)。詳しくは、www.ajinomoto.co.jp をご覧ください。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。