【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

合計100名に千葉県産品などをプレゼント  「房総ジビエフェア2023」2/28まで開催中  ~おいしいをもっと手軽に!ジビエでSDGs~

房総ジビエPR事務局(主催/千葉県農林水産部流通販売課)のプレスリリース

千葉県の野生鳥獣被害対策で捕獲された房総ジビエ(イノシシ・シカ肉)を
使用した多彩なメニューが味わえる「房総ジビエフェア2023」を
2023年1月20日(金)~2月28日(火)まで開催します。

千葉県農林水産部流通販売課(所在地:千葉市中央区市場町1-1/フェア運営事務局:株式会社オニオン新聞社、代表取締役 山本寛、所在地:千葉市中央区中央3-3-1)では、「房総ジビエ」のおいしさを多くの皆様に味わっていただき、さらなる房総ジビエの消費拡大を図るため、県内及び都内の店舗65店舗が参加し、多彩な房総ジビエ料理を提供する「房総ジビエフェア2023」を開催します。本フェアでは、1月11日(水)に開催した「第5回 房総ジビエコンテスト」受賞店や審査員のお店で房総ジビエメニューを味わうことができます。また、フェア期間中に、参加店舗で対象の房総ジビエメニューを注文し、応募された方の中から抽選で100名に「第5回 房総ジビエコンテスト」最優秀賞店で使えるお食事券1万円分や千葉県産品などが当たるプレゼントキャンペーンも実施します。

房総ジビエフェア2023

フェア特設サイトURL: https://bosogibier.com/

■フェア内容
千葉県・東京都のフェア参加店で、期間中、房総ジビエメニューを提供するフェア。対象の房総ジビエメニューをお食事、またはご購入いただくとプレゼントキャンペーンに応募ができます。応募された方の中から、抽選で100名に千葉県産品などをプレゼントします。

■フェア概要
[開催期間]
2023年1月20日(金)~2月28日(火)
※店舗により提供期間が短い場合があります。

[参加店舗]
65店舗(1月23日現在)
※参加店舗の詳細や対象料理については特設サイト( https://bosogibier.com/ )をご覧ください。
※参加店舗の追加等については随時特設サイトでお知らせいたします。

[プレゼントキャンペーン賞品紹介]
下記の賞品を抽選で合計100名様にプレゼント
・房総ジビエおまかせセット 25名様
・粒すけ純米バウム しっとりミルク仕立て/かりっとクッキー仕立ての2個セット 25名様
・「第5回 房総ジビエコンテスト」最優秀賞店お食事券1万円分 10名様
・チーバくん木製定規(16cm/非売品) 45名様

房総ジビエおまかせセット

粒すけ純米バウム

お食事券(※お食事イメージ)

チーバくん木製定規

[応募方法]
Webまたは応募はがきによる応募
Web  :参加店舗で配付する応募はがきに記載の二次元コードからWebフォームで応募
はがき:応募はがきに必要事項を記入し切手を貼り付けて郵送で応募

[応募条件]
フェア対象店にて、フェア対象メニューをお食事またはご購入

[応募締め切り]
2023年3月2日(木)消印有効
※応募はがきはなくなり次第配布終了。

[当選発表]
厳正なる抽選の上、賞品の発送をもって代えさせていただきます。

※賞品画像はイメージとなります。賞品の内容、仕様は変更になる場合がございます。
※賞品をお受け取りいただけなかった場合は当選が無効となる場合がございます。また当選者の都合による応募後の賞品の交換、返品は受付いたしませんので、予めご了承ください。
※キャンペーンへの応募は日本国内に在住の方に限らせていただきます。 また賞品のお届けは日本国内のみとさせていただきます。

■「第5回 房総ジビエコンテスト」受賞メニューも食べられるフェア
1月11日(水)に、大多喜ガス ショールームBeE(千葉市緑区おゆみ野3-12-1)にて「第5回 房総ジビエコンテスト」を開催しました。書類選考を勝ち進んだ5名の料理人による調理・実食コンテスト。審査員長に、千葉県出身・LATURE(東京都渋谷区)のオーナーシェフ 室田 拓人氏を迎え、熊谷県知事も試食に舌鼓した、本コンテストは例年以上のハイレベルな接戦となりました。「房総ジビエフェア2023」では、コンテスト受賞メニューや、審査員による房総ジビエメニューも味わうことができます。

▼第5回 房総ジビエコンテストの様子

第5回房総ジビエコンテストの様子

第5回房総ジビエコンテストの様子

第5回房総ジビエコンテストの様子

第5回房総ジビエコンテストの様子_審査員

第5回房総ジビエコンテストの様子_知事試食

最優秀賞(千葉県知事賞)トロフィー授与

最優秀賞(千葉県知事賞)受賞者とチーバくん

第5回房総ジビエコンテスト_記念撮影

【受賞メニュー紹介】
◎最優秀賞(千葉県知事賞)
[メニュー名]ジビエつくねと季節の野菜の炊き合わせ 自家製柚子胡椒を添えて
[料理人名]山本 剣
[店名]隠れ屋敷 典膳(南房総市)

最優秀賞(千葉県知事賞)メニュー

◎優秀賞(千葉県農林水産部長賞)
[メニュー名]千葉県産野菜と猪バラ肉団子の中国風薬膳スープ
[料理人名]村上 碧
[店名]ホテルポートプラザちば ベイクオーレ(千葉市)

優秀賞賞(千葉県農林水産部長賞)メニュー

◎優秀作品(ファイナリスト)
[メニュー名]房総猪鹿ジビエ坦々麺
[料理人名]佐々木 順一 [店名]ジビエ焼肉 じゅん平(市川市)

優秀作品(ファイナリスト)

◎優秀作品(ファイナリスト)
[メニュー名]猪と房総野菜のアクアコッタ
[料理人名]森岡 拓也 [店名](h)etta(八千代市)

優秀作品(ファイナリスト)

◎優秀作品(ファイナリスト)
[メニュー名]イノシシとひじきのごろごろミートソース
[料理人名]澤田 康一 [店名]カフェこっとんぼーる(長南町)

優秀作品(ファイナリスト)

■千葉県の野生鳥獣被害の現状と推進
千葉の野山には、たくさんの野生鳥獣が住んでいます。その動物たちが食べ物を求めて、農家の田畑を荒らすのです。その農作物被害金額は3億円超!そのうちイノシシによる被害額が41.5%を占めています。

【捕獲されたイノシシの食肉利用率は7.3%】
令和3年度に県内で捕獲されたイノシシ20,729頭のうち、食肉処理加工施設に持ち込まれた出荷用の頭数は1,523頭で、ジビエとしての利用率は7.3%でした(自家消費は除く)。令和2年度の4.9%から増加傾向ではありますが、獲頭数に対して食肉用として扱われているのは、まだまだごくわずかです。

【さらなる野生鳥獣対策とSDGs】
県内で捕獲されたイノシシやシカにおいて、千葉県野生鳥獣肉に係る衛生管理ガイドラインにそって適正に処理加工されたイノシシ、シカ肉を「房総ジビエ」と銘打ち、房総ジビエコンテストの開催や、飲食店での活用や開発、消費拡大に取り組んでいます。また捕獲したジビエを廃棄するのではなく、食材として活用し、おいしくいただくことで、SDGsにも貢献していきます。

■キャンペーン応募に関するお問い合わせ
房総ジビエPR事務局(株式会社オニオン新聞社内)
お問い合わせフォーム https://bosogibier.com/contact/
Tel:043-201-8811(平日9:00~18:00)

■フェアに関するお問い合わせ
千葉県農林水産部流通販売課
Tel:043-223-3085(平日9:00~17:00)

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。