【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

飲食店では「キャッシュレス派」が71.5%。2019年3月の調査時の52.9%から大幅に増加 。「ポイントやキャンペーン」が魅力、「通信障害・停電」が不安

株式会社リクルートのプレスリリース

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘)の外食市場に関する調査・研究機関『ホットペッパーグルメ外食総研』(https://www.hotpepper.jp/ggs/)は、飲食店でのキャッシュレス決済の利用実態と意向についての消費者アンケートを実施しましたので、その結果を発表します。

<要約>
POINT1. 飲食店での支払いは「キャッシュレス派」が71.5%で、2019年3月比で大幅に増加

・飲食店での支払い方法について、「ほぼ毎回、現金以外の支払い方法を利用している」+「現金以外の支払い方法の利用が多いが、時々現金で支払うこともある」の「キャッシュレス派」が計71.5%で、「滅多に現金以外の支払い方法を利用しないが、時々ある」+「現金以外では支払いしない」の「現金派」が計28.5%。「キャッシュレス派」が2019年3月調査時の計52.9%から大幅に増加。
・「キャッシュレス派」は60代女性で最も割合が高く(計74.9%)、次いで30代女性が割合が高かった(計74.6%)。逆に、20代女性は最も「現金派」(計32.0%)の割合が高かった。
・現在主に利用している支払い方法(現金以外でも支払いが可能な場合)は、1位「クレジットカード」(49.6%)、2位「QRコード・バーコード決済」(27.0%)。2019年比で「QRコード・バーコード決済」が急増。

POINT2. 今後の支払い意向、キャッシュレス決済を「利用したい」が計88.3%と圧倒的多数
・現金以外の支払い方法を今後利用するかについて、「積極的に利用したい」+「まあ利用してもよい」が計88.3%。「あまり利用したくない」+「まったく利用したくない」の計11.7%よりも圧倒的に優勢。

POINT3. 「ポイントやキャンペーン」がキャッシュレス最大の魅力、不安は「通信障害や停電」
・キャッシュレス決済にポジティブな理由は、1位「キャッシュレスにはポイントやキャンペーンなどの特典がある」(55.7%)、2位「キャッシュレスの方が財布がスッキリする、身軽になる」(48.5%)、3位「キャッシュレスだと支払いが早く済む」(44.5%)。
・ネガティブな理由は、1位「通信障害や停電等の非常時には使えなくなるリスクがある」(15.8%)、2位「現金しか利用できない店もあるため、現金の方が便利」(14.5%)、3位「キャッシュレスは請求額が膨らむ・使いすぎてしまうのが怖い」(14.1%)。

調査概要
調査方法:事前調査で本調査への協力意向が得られたモニターの中から、脱落率を加味して設定した必要数をランダム抽出し、本調査を実施
調査対象:首都圏、関西圏、東海圏に住む20~69歳の男女
有効回答数:9,731件(首都圏4,954件、関西圏2,548件、東海圏2,229件)
調査実施期間:2022年12月1日(木)~2022年12月8日(木)
調査機関:マクロミル

詳細は下記リンクよりPDFをご覧ください
https://www.recruit.co.jp/newsroom/pressrelease/assets/20230126_gourmet_01.pdf

▼リクルートについて
https://www.recruit.co.jp/

▼本件に関するお問い合わせ先
https://www.recruit.co.jp/support/form/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。