永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

日本の国花「桜」を歴史と共に愛でる  ホテル雅叙園東京の春は桜尽くし  五感で春を感じるさくらアートからグルメまで  ホテル雅叙園東京の“桜のおもてなし”3月より開催

ホテル雅叙園東京のプレスリリース

~企画展「春・さくら、咲クヤ at 百段階段」も同時開催~

2018年12月に創業90周年を迎えた日本美のミュージアムホテル、ホテル雅叙園東京(運営:株式会社目黒雅叙園/所在地:東京都目黒区)では、2019年3月より期間限定で桜尽くしのメニューや企画展を開催いたします。

桜の時期のホテル雅叙園東京(外観)

桜の名所としても有名な目黒川沿いに立地するホテル雅叙園東京では、館内のレストランや企画展にて3月より期間限定で桜尽くしのイベントを開催し、アートからグルメ、スイーツまで春ならではのメニューをご用意いたします。

New American Grill “KANADE TERRACE”では、可憐で豪華な「さくらアフタヌーンティー」(3,800円/税・サ別)、PATISSERIE「栞杏1928」の「さくらケーキ」(550円/税別)をはじめ、Cafe&Bar「結庵」では「さくらパンケーキ」(3,000円/税・サ別)といったこだわりのスイーツをご用意。スイーツのみならず、RISTORANTE“CANOVIANO”では桜マスなどを使った春の香り漂う「さくらランチコース」(5,000円/税・サ別)もお楽しみいただけます。

また、東京都指定有形文化財「百段階段」では3月28日(木)~4月21日(日)まで「春・さくら、咲クヤ at 百段階段」~文化財に花咲くさくらアート~ も開催。歌舞伎の衣裳に見るさくらをはじめ、陶芸、ペーパークラフト、ビーズアート、パッチワークキルト、フラワーアレンジメント、いけばな、草木染めなど多彩なラインナップを展示しており、江戸・明治・大正期の貴重な櫛やかんざしに施されたさくら模様など時代を超えた逸品も登場いたします。

新しい風が吹く春の季節にぴったりな企画やメニューをご用意しておりますので、この春はホテル雅叙園東京で優雅なお花見はいかがでしょう。

【期間限定さくらメニュー覧】
◆PATISSERIE「栞杏1928」
提供期間:3月1日(金)~4月30日(火)
さくらケーキ 550円(税別)
周囲をホワイトチョコレートで囲い、苺のビスキュイの上に苺のコンフィチュール、さらに上には桜の風味を付けたクリームを重ねた苺とさくらの極上な香りが広がる逸品。日本酒のゼリーを少しかぶせているので、口の中で芳醇なマリアージュをお楽しみいただけます。

さくらケーキ

◆Cafe&Bar「結庵」
提供期間:3月18日(月)~4月30日(火)
・さくらパンケーキ        3,000円(税・サ別)
・セレクションティーセット    3,500円(税・サ別)
・グラスロゼシャンパーニュセット 4,500円(税・サ別)
※数に限りがございます

ふわふわな柔らかさを出すため、せいろで蒸したパンケーキに、桜の羊羹と塩麹のアイスを添えて。蓋を開けた瞬間に香り立つバターと桜の香りをご堪能ください。

さくらパンケーキ

◆New American Grill “KANADE TERRACE”
提供期間:3月18日(月)~4月14日(日)
・さくらアフタヌーンティー    3,800円(税・サ別)
・グラスロゼシャンパーニュセット 5,500円(税・サ別)
桜の香り感じる期間限定 さくらアフタヌーンティー。可憐で優雅な時間をお過ごしください。

<コース内容>
桜のマカロン/桜羊かん/春桜のクレメ/桜と抹茶のオペラ
いちごと桜のパンナコッタ/よもぎのスコーン
ボッコンチーノの桜餅見立て 海老のピンチョス
カリフラワーのムース 桜とハチミツのジュレ
クリームチーズとスモークサーモンのオープンサンド/桜甘酒(ノンアルコール)

さくらアフタヌーンティー

◆RISTORANTE“CANOVIANO”
提供期間:3月18日(月)~4月30日(火)
さくらランチコース 5,000円(税・サ別)
前菜の「桜マスのカルパッチョ 彩り野菜のサラダ仕立て」など春をイメージした桜マスを使用したお料理や、春の芽吹きをイメージさせる野菜をふんだんに使って春らしさを演出したコース。あえてシンプルな味付けにしたことで、旬の桜マスの本来の美味しさをお楽しみいただけます。

さくらランチコース

◆日本料理「渡風亭」
提供期間:3月18日(月)~4月上旬
さくら会席膳   3,500円(税・サ別)
さくら特別会席膳 5,500円(税・サ別)
さくら会席    12,000円、15,000円(税・サ別)
日本料理ならではの繊細な味と盛り付けをお楽しみいただける春の会席膳。春野菜の先付けや鰆の西京焼きなど春を感じさせる上品な味わいをご堪能ください。

さくら会席膳(イメージ)

【予約・問い合わせ:050-3188-7570 (レストラン総合案内 9:00-20:00)】

【「春・さくら、咲クヤ at 百段階段」~文化財に花咲くさくらアート~ 概要】
開催期間  : 2019年3月28日(木)~4月21日(日)会期中無休
開催時間  : 日曜日~木曜日 10:00~17:00(最終入館16:30)
        金・土曜日   10:00~20:00(最終入館19:30)
入場料   : 当日 1,600円、前売 1,300円、
        館内前売 1,100円(3月27日16:30迄販売)
        大学生・高校生 1,200円、中学生・小学生 600円
        ※要学生証呈示/未就学児無料
お問合せ  : 03-5434-3140(イベント企画10:00~18:00)

生命の息吹を感じる春、寒い冬をじっと耐え、春の訪れとともに一斉に開花するさくらは、日本において特別な花と言えます。さくらの名所でもある目黒川沿いに佇むホテル雅叙園東京に現存する唯一の木造建築、東京都指定有形文化財「百段階段」にて、この春、さくらをテーマとしたさまざまなジャンルのアートが集う企画展を開催いたします。歌舞伎の衣裳に見るさくらをはじめ、陶芸、ペーパークラフト、ビーズアート、パッチワークキルト、フラワーアレンジメント、いけばな、草木染めなど多彩なラインナップです。江戸・明治・大正期の貴重な櫛やかんざしに施されたさくら模様など時代を超えた逸品も登場いたします。

歌舞伎衣裳/三浦屋揚巻

漁樵の間/菊池華秋 画

【百段階段とは】
「百段階段」は、1935年(昭和10年)に建てられた当ホテルに現存する唯一の木造建築です。2009年(平成21年)に東京都の有形文化財に指定され、創業当時の風景をいまに伝える場所でもあります。近年は数々の企画展の舞台となっており、日本画の大家である鏑木清方や、荒木十畝をはじめ、当時の著名な芸術家たちがつくりあげた彫刻・建築・工芸など、まさに“美術の殿堂”と呼べる場所となっています。

ホテル雅叙園東京MAP

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。