2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

パンのフードシェアリングサービス”rebake(リベイク)”は、収益の一部を世界遺産の自然を守る知床財団に寄付したしました

合同会社クアッガのプレスリリース

パンのフードシェアリング・通信販売を行うrebake(リベイク:https://rebake.me/)を運営する合同会社クアッガは、rebake収益の一部を、北海道の世界自然遺産である知床の自然環境を保全する公益財団法人 知床財団へ寄付させていただきます。

知床の自然知床の自然

■今回の寄付の概要と目的
パンの通信販売・廃棄ロス削減サービスのrebakeは、売り上げを世界自然遺産である知床の大自然の保全、調査、普及に取り組んでいる知床財団に寄付させていただきました。知床財団は、知床の自然環境を長期目線で保全・復元をするだけでなく、教育・啓発活動にも積極的に取り組んでおり、日本の貴重な自然である知床を未来の世代に理解してもらい残そうとする取り組みも積極的に行っています。
合同会社クアッガは、同財団の環境問題に取り組むに当たりかかせない、未来志向な視点に共感し支援させていただくことに致しました。
クアッガは、今後もrebakeなどの自社事業と併せて、環境問題や食糧問題に取り組んでいる団体を継続的に支援させて頂くことで、様々な視点から環境,食料問題やSDGsの実現に取り組んでいきます。

■ 知床財団の概要
【概要】:https://www.shiretoko.or.jp/about/
知床財団は、「世界遺産知床の自然を守り、よりよい形で次世代に引き継いでいく」ことを目的に運営されてきました。以下の3つの事項を軸に、知床の自然を守る活動を行っています。
1.エゾシカの個体数調査や外来種の知床への侵入状況調査をはじめとする調査活動。
2.野生の鳥獣類と人間が共生していくための設備設置等の保護保全活動。
3.子供や学生など、未来の世代の環境保全の理解を促進するための学校法人等への自然教育研修や、年間数百万人訪れる観光客への啓発活動等の広報活動。
【寄付はこちら】https://www.shiretoko.or.jp/supporter/kojin/
 

■ パンのフードロス削減通販プラットフォームrebakeについて
旅行等でないと買う事が出来ない遠方のこだわりのパンの通販購入や、廃棄になりそうなパンの購入により廃棄をなくすことに貢献できる、パンのフードシェアリング・通信販売プラットフォームです。
30~40代の女性を中心に登録頂いており、登録数,ユーザー数ともに拡大中。
取り扱うパンの種類も様々で、ヴィーガンや、ベジタリアン向け、アレルギーの方向け、自家製酵母のこだわりのパンなど、多くのパンの中から自分の好みのパンを選択可能です。
収益の一部は食品ロスや環境の問題に取り組む団体に寄付をします。 

rebakeは、ロスになりそうなパンを販売することで国連の持続可能な開発目標(SDGs)の12.3に明記されている、”2030年までに食品廃棄物を半減させる”という目標の達成に取り組み、また、目標の13~15に明記されている陸や海の保全に関して、当該の問題に取り組む団体の支援やrebake上で様々な活動を行い取り組んでいきたいと考えています。

■ rebakeに興味を持っていただいたパン屋さんへ向けて
rebakeは初期費用も月額料金も一切かかりません。
ご興味を持っていただいた方は、下記よりご連絡ください。どんな要望も、真摯にお答えさせていただきます。
https://rebake.me/about_shop 

■ その他
・instagram:https://www.instagram.com/rebake_bread/
・facebook:https://www.facebook.com/rebake.me/
・twitter:https://twitter.com/rebake20002031

【会社概要】
合同会社クアッガ(東京都中野区松が丘1-21-15-205 / 代表 斉藤優也、鶴見和俊)
・事業内容:パン廃棄の削減サービス「rebake(リベイク)」運営、パンメディア事業、システム開発事業
・電話/FAX:03-6820-0941 
・MAIL:contact@quagga.life
・HP:https://quagga.life/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。