「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

味の民芸で令和初の手延べうどん食べ放題を開催

株式会社サガミホールディングスのプレスリリース

株式会社サガミホールディングスのグループ企業である味の民芸フードサービス株式会社(本社:東京都立川市錦町3-6-6 代表取締役社長 大西 尚真)は、手延べうどんの和食ファミリーレストラン『味の民芸』において、2019年6月24日より『手延べうどん食べ放題』企画を実施いたします。

【企画概要】
◆開催期間: 2019年6月24日(月)~ 2019年6月30日(日) 
◆開催時間: 11:00~21:00
◆販売店舗: 全国 味の民芸50店舗 (アクロスプラザ東久留米店、足利店、太田店、
春日部ユリノキ通り店、桐生店、府中店を除く)
◆企画商品: 天ぷら付き手延べうどん食べ放題・・・1,250円+税

◆手延べうどんをさらに美味しくお楽しみいただくため、追加でつゆ、天ぷら、とろろもご用意しています。
黒豚ピリ辛つけつゆ・・・200円+税
お替り天ぷら・・・250円+税
とろろ・・・100円+税

【手延べ製法とは】
小麦粉に水と塩を加えてこねた後、一本の長い棒状に仕上げます。これが手延べ麺づくりの始まりで、この棒状のような生地を少しずつ、何度にもわけて延ばし、うどんや素麺の太さに仕上げます。この手延べ麺をつくるためには、生地づくりから麺の完成までにおよそ、10時間以上が必要です。

【手延べうどんの特徴】
食感は軟質で弾力がありややモチモチとしています。包丁を使わずに、延ばし続けて作るため、表面はツルツルとしており、喉越しの良さは天下一品です。手打ちうどんは、麺が太めで硬質な弾力を持つ力強いコシが特長である事から、両者を比較して讃岐(手打ち)の男うどん、備中(手延べ)の女うどんという言葉も生まれたということです。

【味の民芸について】
関東地方を中心に、西は岡山まで全国56店舗を展開する、和食ファミリーレストランです。倉敷をイメージした白壁調の建物と、和モダンをイメージしたおもてなし空間において、手延べうどんや信州そば、各種和食メニューを提供しております。

【サガミグループについて】
グループビジョンに「No1.Noodle Restaurant Company」を掲げ、和食麺処サガミ、味の民芸、どんどん庵などの和麺レストラン業態を中心に、国内に261店舗、海外に5店舗を展開しております。公式HP  https://www.sagami-holdings.co.jp/
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。