永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

ウイスキーコンペティション2019 International Whisky Competition にて デュワーズが快挙

バカルディ・ジャパン株式会社のプレスリリース

バカルディ ジャパン株式会社(代表取締役社長 前田 章子)が輸入し、サッポロビール株式会社(代表取締役社長 髙島英也)が販売するスコッチウイスキーブランドのデュワーズが、毎年米国で開催されるウイスキーに特化したコンペティション2019 International Whisky Competitionにて、ベストブレンデッドスコッチウイスキーのトップ3を独占しました。

ベストブレンデッドスコッチウイスキーカテゴリーでは
1位「デュワーズ ダブルダブル32年(免税店先行発売、日本発売日未定)」(94.3点)
2位「デュワーズ25年」(93.2点)
3位「デュワーズダブルダブル27年(免税店先行発売、日本発売日未定)」(92.6点)
 

 

 

 

左から、デュワーズ ダブルダブル32年、デュワーズ25年、デュワーズダブルダブル27年

ベストブレンデッドスコッチウイスキー15年には、「デュワーズ15年」(90.2点)が1位に輝きました。

また、マスターブレンダーオブザイヤーにジョン・デュワー社の7代目マスターブレンダーのステファニー・マクラウド女史が選ばれました。

デュワーズ25年、15年、並びにダブルダブルシリーズ(日本発売日未定)は、ステファニー・マクラウド女史が手がけたもので、女性ならではの華やかでエレガントな現代的なブレンドに仕上がっています。

商品についてはこちらをご覧ください。
https://www.bacardijapan.jp/products/brands/dewars/

【International Whisky Competitionについて】
International Whisky Competitionは、ウイスキーの専門家からなる審査員による信頼性の高い審査結果から、近年世界的に注目されているウイスキーコンペティションのひとつとなっています。1つのカテゴリーで金、銀、銅のトップ3のみ選ばれます。

【Dewar’sについて】
1846年にスコットランドで誕生して以来、170年以上にわたって世界で愛され続けるスコッチウイスキー。創業者ジョン・デュワーによって生み出された、「華やかな香りと、まろやかでスムースな味わい」のデュワーズは、彼の息子たちの「革新的なアイデアと揺るぎない信念」によって世界的なウイスキー・ブランドとなりました。
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。