カップヌードル 冷凍「謎肉炒飯」発売決定!

人材不足などから時短の流れが加速する中、 24時間営業を開始した池袋で大人気のガールズバー「ふくろう」。 「池袋初」の24時間営業を開始した理由とは・・・?

株式会社ELCEEDのプレスリリース

コンビニ業界でも少子高齢化に伴う人材不足などの理由から24時間営業の見直しが進む中、池袋で大人気のガールズバー「ふくろう」が営業時間を拡大し、24時間営業を開始しました。その理由は、同じ地域の同業種の方々が仕事終わりに楽しく飲んで疲れを癒すことが出来る場所を提供し、一緒に池袋を盛り上げていきたいという強い気持ちがあったからです。

24時間営業のガールズバーは業界内でも珍しい

池袋や赤坂などでガールズバーを3店舗経営する株式会社ELCEEDは、8月15日、池袋西口にあるガールズバー「ふくろう」の営業時間を17時~翌5時から24時間営業に変更しました。
ガールズバーの激戦区池袋で有名店になったことにより、日々お客様から「満席で入れなかった」、「もっと早い時間から営業してほしい」、「朝5時以降も飲めると良いのに」などの声をいただいており、これらの要望に応えるように、営業時間を拡大しました。

しかし、理由はそれだけではなく、同じ地域のライバル店で働く方々が仕事終わりに楽しく飲んで疲れを癒すことが出来る場所を提供することによって、池袋を盛り上げていきたいという気持ちから、24時間営業に踏み出しました。

株式会社ELCEEDの代表 吉田泰司は、「誰からも愛され、誰もが働きたいと思う店」を創ることを目指しており、その目標を達成するためには、他店との競争を強めるのではなく、他店で働く方々を同業種で働く仲間として捉え、協力しながら池袋という地域を盛り上げていくことも大切だと考え、その仲間が仕事後に気軽に楽しめる場所の提供を考えました。その結果、24時間営業に変更後、朝5時を過ぎると同業者が続々と来店し、賑わいを見せています。

このような吉田の考え方により、少子高齢化による人材不足が騒がれる中、飲食店や美容院などの他業種から「ふくろうで働きたい」と思って転職してきた男女スタッフもおり、24時間営業でも常に10人以上のスタッフが出勤している状態を保つほどの人材を確保することができています。

今後も「誰からも愛され、誰もが働きたいと思う店」を創ることを目指し、ライバル店とも協力しながら池袋を盛り上げていきたいと考えています。

■店舗概要
店舗名 : ガールズバー「ふくろう」
所在地 : 東京都豊島区池袋2-4-3 徳永第5ビルA室
店舗URL : https://www.pokepara.jp/tokyo/m3/a10007/shop7650/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。