予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

非常食・保存食におすすめのチョコえいようかんがアレルゲンフリー&5年6か月の賞味期間になりました!

井村屋グループ株式会社のプレスリリース

井村屋株式会社(本社 三重県津市高茶屋七丁目1番1号 社長 前山 健)は、「えいようかんシリーズ」をリニューアルし、11月1日より発売いたします。

 

リニューアル意図
シンプルな素材で作られており、カロリーも適度にあるようかんを非常食として活用し、災害時の疲れた身体と心に栄養を取っていただきたいという思いで開発したえいようかんは2008年の発売からシリーズ累計約3000万本を売り上げています。近年、防災意識の高まりから、非常食・保存食が多数発売されていますが、食物アレルギーに対応した商品はまだ少ないのが現状です。こういった市場背景から「チョコえいようかん」もえいようかんと同様に“誰でも安心して”お召し上がりいただきたいと考え、原材料や配合を見直し、賞味期間5年6か月、アレルゲンフリーを実現しました。

チョコえいようかんリニューアルポイント

  • 賞味期間が3年6か月から5年6か月になりました。
  • おいしさはそのままに、アレルゲンフリーになりました。

えいようかん開発経緯
ようかんは、「砂糖・生あん・水あめ・寒天」とシンプルな素材でできており、カロリーも適度にあることと、適度にやわらかく食べやすいのが特徴です。井村屋から発売されている通常のようかんの賞味期間も1年と長く、包材を工夫することでさらに長期保存ができ、非常食・保存食に適しているのではないかと考えました。
そこで、官公庁や地域の防災関係者の方々から頂いたご意見から中身のおいしさだけでなく、パッケージへもこだわり、子供から高齢者の方まで安心して食べることができるアレルゲンフリー・長期保存可能なようかんとして開発を進め、2008年に初代えいようかんを発売しました。

えいようかんシリーズ7つのポイント
①5年6か月の長期保存
②1本で手軽にカロリー補給可能
(えいようかん171kcal/チョコえいようかん197kcal)
③アレルゲン特定原材料28品目不使用
④適度にやわらかく、すっきりとした甘さのため、水がなくてもそのまま食べられる
⑤パッケージの「マル備」マークは、暗闇でも見つけやすいホログラム加工
⑥暗所でも開封しやすい開け口
⑦ユニバ―サルデザインで誰でも中身が分かる
・表面には点字で「ヨウカン口数5本入り」と表記
・裏面には災害伝言ダイヤル【171】を表記(※)
・【改善!】箱上部のQRコードから「えいようかん」の食べ方の英訳説明を追加しました

(※)

ローリングストック法がおすすめです!
ローリングストック法とは、備蓄品を日常的に食べて、食べた分は新しく買い足すことで常に一定量の備えがある状態にしておく方法です。えいようかんは、手軽に持ち運びができ、適度にカロリーがあるため、登山等のアウトドアや、サイクリング等のスポーツシーンにも適しています。

 

商品情報

 

 

商品名:えいようかん     

希望小売価格:550円(税抜)
内 容 量 :60g×5本
賞味期間:5年6か月
カロリー:171kcal
販売エリア:全国
発売日:2019年11月1日

 

 

商品名:チョコえいようかん      
希望小売価格:650円(税抜)
内容量:55g×5本
賞味期間:5年6か月
カロリー:197kcal
販売エリア:全国
発売日:2019年11月1日

(井村屋株式会社公式サイトURL:https://www.imuraya.co.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。