セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

のどごし爽快でドライな味わいのコーラハイ『ニッカ淡麗辛口ハイボールドライコーラ』12月3日(火)期間限定発売!

アサヒビール株式会社のプレスリリース

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、RTD(※1)の缶ハイボール商品『ニッカ淡麗辛口ハイボール期間限定ドライコーラ』(缶350ml、缶500ml)を12月3日(火)から2020年2月末まで、全国で発売します。
(※1)「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイ、缶ハイボールなどを指します。
 

 「ドライコーラ」は、クリアな軽やかでドライなウイスキーをベースに、瀬戸内産レモンエキスとコーラフレーバーを加え、炭酸強めのソーダで仕上げました。コーラフレーバーは年末に需要が上がり、飲食店でのアレンジハイボールの中でも人気の味です。爽快なのどごしで口当たりがよくすっきりとした淡麗辛口の味わいをお楽しみいただけます。既存の「淡麗辛口ハイボール」と同様、「プリン体0.0」(※2)「人工甘味料0」が特長のハイボールです。
 パッケージデザインは、コーラフレーバーのハイボールを缶全体に描き、カットしたレモンを目立つ位置に配置しました。期間限定の文字を表面左上と裏面上部に配し、この時期にしか飲めないことを訴求しています。
(※2)100ml当たりプリン体0.05mg未満を「プリン体0.0」と表示しています。

 「ニッカ淡麗辛口ハイボール」は、2019年10月に、炭酸の刺激をより高め、よりゴクゴク爽快に飲める味わいへリニューアルした缶ハイボールのブランドです。今回のドライコーラについても、本年1月に発売した「クリアコーラ」と比較し、炭酸の刺激をより高めることで、「ニッカ淡麗辛口ハイボール」ブランド全体で「ゴクゴク系ハイボール」という新しい飲み方を提案し、需要を創造していきます。嗜好の多様化によりRTD市場は拡大を続け、2019年も約1割増が見込まれます。その中で缶ハイボールは、5年連続2ケタ増で成長していています。(※3)
(※3)当社調べ

 アサヒビール(株)は、コーラフレーバーを同ブランドから発売することで、幅広い提案を強化し、伸長するハイボール市場でのプレゼンス拡大を図ります。

  11月1日からは、2020年1月8日まで応募ができる、アサヒビールのチューハイブランドを対象とする横断型の消費者キャンペーンを実施しています。LINEで「アサヒビール公式アカウント」を友だち追加し、対象商品を含む総額300円(税込)以上のレシートを撮影し、画像をアップロードすると抽選でレシート1枚当たりLINEポイント最大5,000ポイントが当たるキャンペーンです。

 【商品概要】
商品名:ニッカ淡麗辛口ハイボール期間限定ドライコーラ
品目:リキュール(発泡性)①
容量:缶350ml・缶500ml
アルコール分:7%
発売日:12月3日(火)※2020年2月末まで販売予定。
発売地域:全国
希望小売価格:缶350ml 141円、缶500ml 191円(消費税抜き)
※希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。