ポケモン+吉野家=『ポケ盛』登場!

若者の4人に1人は朝食欠食! ピーナッツで朝冷えした身体を温めよう! アメリカンピーナッツバターで大学生の朝食習慣を応援

アメリカンピーナッツ協会のプレスリリース

早稲田大学「50円朝食」 2019年11月11日(月)からスタート

アメリカンピーナッツ協会(本部:米国ワシントンDC、駐日事務所:東京都港区南青山、代表:天野 いず美)は、学生の朝食喫食の習慣化とエネルギーチャージを目的に、早稲田大学「50円朝食」において、栄養価の高いアメリカンピーナッツでつくられた、2種類のピーナッツバターを提供いたします。「50円朝食」期間中は、在学生は50円で朝食の提供を受けられます。期間は、早稲田キャンパス「大隈ガーデンハウス」は11月11日(月)から15日(金)まで、西早稲田キャンパスの「理工カフェテリア」は11月18日(月)から22日(金)までとなります。

協賛:いなば食品株式会社「すごい乳酸菌ドリンク」、一般社団法人青森県りんご対策協議会「りんご」、アメリカンピーナッツ協会「ピーナッツバター」

50円朝食を食べる学生たち

農林水産省が2019年6月に発表した「2018年度食育白書」によると、若い世代の朝食欠食率は26.9%と、約4人に1人以上は朝食を食べていない現状にあり、年々増加していることが分かっています。朝食喫食は、健康的な体づくりに欠かせないだけでなく、体内のリズムが整い、集中力のアップも期待できるため、朝食欠食の問題は喫緊の課題となっています。

ピーナッツには、体に良い脂質が豊富に含まれているので、少ない量でもしっかりエネルギーをチャージすることができ、体も温めることができます。冬が本格化し、体調を崩しやすいこの季節だからこそ、学生の健康管理にピーナッツでサポートしたいと考えています。

【50円朝食を実際に食べた学生の感想】
「ピーナッツバターには甘いイメージがあったが、意外と甘さは控えめ。美味しい。」
「50円朝食は朝食を食べる良いきっかけになる。ピーナッツバターとりんごの組み合わせは意外性があるが、美味しい。」

【50円朝食概要】
提供場所:(1) 早稲田キャンパス 「大隈ガーデンハウス」
     (2) 西早稲田キャンパス「理工カフェテリア」
提供期間:(1) 2019年11月11日(月)~2019年11月15日(金)150食限定/1日
     (2) 2019年11月18日(月)~2019年11月22日(金)130食限定/1日
提供時間:8時15分~8時45分
※上記メニューは変更となる場合もございます。あらかじめご了承ください。

【50円朝食 掲載ポスター】

ポスターイメージ

【アメリカンピーナッツ協会(APC)について】
アメリカンピーナッツ協会は、米国のピーナッツ産業の長期的成長を支援するため設立されました。米国産ピーナッツの品質管理や国際的な消費促進、生産・加工に関する研究促進を使命として、国内外でのマーケティング、PR活動、顧客サービス、研究を主な活動としています。

Webサイト: https://peanutsusa.jp/
Facebook : https://www.facebook.com/peanutusajapan/
Instagram: @american_peanut_japan

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。