永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

ラーメンレストランチェーンどうとんぼり神座 地元サッカークラブU-12チームとスポンサー 契約を継続。新たに女子チームとも契約。 ~地域貢献と子供の夢を応援~

株式会社どうとんぼり神座のプレスリリース

今までのラーメンの枠にとどまらない、全く新しい味を提供する株式会社どうとんぼり神座(かむくら)

(本社:奈良県北葛城郡広陵町、代表取締役:布施正人)が6月1日(金)、少年サッカーチームのディアブロッサ高田FC U-12とスポンサーの継続契約を締結しました。チームユニフォームへの社名ロゴ掲載、チーム関係者へ優待価格での飲食提供等を行います。2016年からの契約を継続し、今季からは新たに女子チーム「ディアブロッサ高田ソヒィーゾ」とも契約を締結しました。 

■地域社会の発展を願って継続契約

ディアブロッサ高田FCは奈良県大和高田市を本拠地とする社会人のサッカークラブで、奈良県リーグ1部に所属しています。当社は2016年からディアブロッサ高田FC U-12のスポンサーとなって、ユニフォームの胸と背中に「どうとんぼり神座」の文字とロゴを入れて、まさに選手と一体となりながら、2年間を共に活動してきました。今回、その継続契約を締結。支援を継続することとします。

当社がスポンサーとなってからチームは、2016年第40回全日本少年サッカー大会3位、2016・2017年フジパンカップ関西小学生サッカー大会優勝、全農杯全国小学生選抜サッカー決勝大会2018 チビリンピックで3位、という素晴らしい成績を挙げています。

さらに今季からは女子チームの「ディアブロッサ高田ソヒィーゾ」ともスポンサー契約を締結。女子のトップチームを支援していくこととしました。

当社がスポンサーとなったのは、地域社会への貢献と、子供の夢を応援するためです。どうとんぼり神座は奈良県の大和高田駅近くに本社及び店舗を構えており、地域の皆様のご支持をいただいて発展してきました。

「『神座』の暖簾を通して、幸福(しあわせ)で愛と希望に満ちた明るく楽しい社会創りに貢献する」という理念の下、地域で活躍するチームを応援し、スポーツの振興に寄与することを願っています。

このことにより、当社を支えてくださった皆様への感謝の気持ちを示すとともに、地域社会の発展の一助としていきたいという思いから、スポンサー契約の継続に至りました。今後は、クラブとともに地元大和高田市の更なる発展と、次世代を担う子供の育成に力を入れたいと考えています。

 

 

■ディアブロッサ高田FC U-12 主な戦績

2016年 フジパンカップ関西小学生 優勝、全日本少年サッカー大会全国大会 3位

関西少年サッカー関西大会 準優勝、JAチビリンピック関西 ベスト8

2017年 フジパンカップ関西小学生 優勝、全日本少年サッカー大会全国大会 ベスト16

関西少年サッカー関西大会 優勝、JAチビリンピック関西 優勝

 

■ディアブロッサ高田FCユースOBにJリーガーも

主なOBに現J1川崎フロンターレMF阿部浩之(ジュニアユース12期)、J1清水エスパルスDF二見宏志(ジュニアユース14期)などがいる。

 

▼ディアブロッサ高田FC|公式HP:http://diablossa.com

2008年4月、高田フットボールクラブは、トップチームのJFL昇格と更なる活動の充実を図るため、総合型地域スポーツクラブとして、サッカーを中心とした多種多様なスポーツを地域の人々が気軽に楽しめるスポーツクラブづくりを目指し、総合型地域スポーツクラブ「ディアブロッサ高田スポーツクラブ」として活動する事になり、従来の高田FCより「ディアブロッサ高田FC」へと改名。大和高田市サッカー協会や体育協会、スポーツ少年団にも加盟して活動を続けています。

奈良県唯一の総合サッカースポーツクラブで本拠地は奈良県大和高田市。1976年にトップチーム創設、1981年にU-12、1992年にU-15、2005年に女子チーム、2008年にU-18を創設と、徐々にその活動の幅を広げてきた。

 

【どうとんぼり神座(かむくら)】 公式ホームページ:http://kamukura.co.jp/

現代表 布施正人が1986年に創業しました。創業当時から看板メニューの「おいしいラーメン」は味噌でも豚骨でもない、唯一無二の味です。最初に食べたときは、これまでに食べたことのない味わいに違和感を感じることでしょう。しかし3回続けて食べたるともうやめられない、クセになる味わいです。毎日でも食べられるあっさり味で、老若男女を問わずに食べられる、大阪を代表するラーメンです。

「おいしいラーメン」のスープは従業員もレシピを知らない秘伝のスープに、注文の都度フライパンで白菜・豚バラ肉、薬味を入れて調理し完成します。このスープの味を安定的に提供できるように、調理器具の正しい使い方、火力の調整、薬味のバランスなど20項目からなる実技試験と、調理に必要な各素材の分量などを問う学科試験からなる「スープソムリエ試験」を実施。基準点を満たした者に「スープソムリエ」の資格を付与し、この資格がない者はお客様に「おいしいラーメン」を提供できません。

「スープソムリエ」取得後も、代表自ら数カ月に1回は「スープソムリエ」取得者一人一人の味をチェックするなど高いハードルを課しています。

現在は、東京・関西を中心に47店舗を展開しており、女性が一人で入っても、安心して食事ができるような明るく清潔な店内になっています。

 

【会社概要】

会社名: 株式会社 どうとんぼり神座

所在地:奈良県北葛城郡広陵町安部453-7

代表取締役: 布施正人

運営ブランド: 「どうとんぼり神座(かむくら)」

                  「KAMUKURA DiNiNG (かむくらだいにんぐ)」

        「神座飲茶樓(かむくらやむちゃろう)」

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。