セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

新年を祝うフランスの伝統菓子「ガレット デ ロワ Galette des rois」~ 2019年12月1日(日)より予約開始~

株式会社フォーシーズのプレスリリース

 株式会社フォーシーズ(東京都港区南青山 社長:淺野幸子)が運営する「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」(恵比寿ガーデンプレイス店、六本木ヒルズ店、丸の内ブリックスクエア店)、「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」(渋谷ヒカリエShinQs店、ニュウマン新宿店)では2019年12月26日(木)より販売を開始するフランスの伝統菓子『ガレット デ ロワ』の予約受付を2019年12月1日(日)より開始いたします。 
 この機会に「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」と「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」がお届けする、新年を祝うフランスの伝統菓子を是非お楽しみください。 お年賀など、年末年始の贈り物にもおすすめです。

 ジョエル・ロブションのガレット デ ロワは、アーモンド生地「クレームダマンド」に希少性の高いタヒチ産バニラを惜しみなく使用。バニラの香るしっとりとしたアーモンド生地と香ばしくサクサクとしたパイ生地が相性抜群なお菓子です。
 今年もジョエル・ロブションのガレット デ ロワには、大・小 両方のサイズに陶器製のフェーヴが付きます。小さいサイズには小鳥やケーキ等のフェーヴ。大きいサイズにはフレンチレストラン「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」の料理をかたどったオリジナルのフェーヴ(約30mm)が付きます。コースの最初の一皿となる「とろけるキノアのフリット スパイシーなソースで」を模したオリジナルフェーブの裏面には、「2020」と年が刻印されています。
 大きいサイズのフェーブは今年から「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」 のお料理をモチーフとしたデザインとなります。2020年はアミューズ ブッシュ、以降は前菜、メイン、デザートなどコースのお料理をモチーフとしたフェーブを毎年1種類ずつご用意させていただきます。
 是非「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」のコース料理をフェーブでも楽しんでみてはいかがでしょうか。

<ガレット デ ロワとは>
 アーモンドの優しい甘さとコクを感じられる生地「クレームダマンド」を、サクサクのパイ生地で包み焼きあげたフランスの伝統的な新年のお菓子です。中には「フェーヴ」とよばれる陶器製のチャームがひとつ入っており、切り分けてそれが当たった人は、その一年幸運に恵まれると言われています。

<フェーヴとは>
 フランス語でソラ豆のこと。ソラ豆が胎児の形に似ているため、古代から命のシンボルとして扱われていました。もともと乾燥した豆をつかっていたのでそう呼ばれていますが、今では陶器製のチャームが使われています。

◆ガレット デ ロワ 詳細
【予約開始日】2019年12月1日(日)
【販売期間】   2019年12 月26 日(木)~2020 年1 月末
【価 格】    大 3,300円(税抜き) ・ 小 2,000 円(税抜き)
【販売店舗】 ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション全店  http://www.robuchon.jp/laboutique
       ル パン ドゥ ジョエル・ロブション 全店 http://www.robuchon.jp/lepain

※フェーヴは別添えになります。数に限りがございます。※大きいサイズにのみ、画像のオリジナルフェーヴが付きます。
※フェーヴのモチーフとなった料理の提供は予告なく終了する可能性がございます。

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。