永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

あんこ検定に合格し愛好家として認定を受けた協会員「あんバサダー」が全国1000名を突破!

日本あんこ協会のプレスリリース

日本あんこ協会(東京都豊島区:にしいあんこ会長)は、同協会が実施する『あんこ検定』の合格者が2019年12月17日(火)に1000名を超えたことを発表いたしました。

【あんこ検定とは】
日本あんこ協会では2018年10月より、あんこの愛好家として常識であるあんこに関する試験を執り行っております。この試験に合格することで、『あんバサダー』という称号のもと、日本あんこ協会認定あんこ女子・あんこ男子として、広くあんこ普及活動をすることができます。あんこ検定はあんこの基礎知識を問う選択問題形式の試験となっております。なお現在、あんこ検定には、あんこ女子検定とあんこ男子検定の2種類があり、どちらか一方に合格することで、あんバサダーの資格を得ることができます。

【合格率について】
あんこ検定の合格率は52%です。現時点では、約半数の受験者が不合格という結果に至っております。少し残念な結果ではありますが、逆に言えばまだまだ伸びしろがあり、あんこ普及がさらに拡大する余地が充分にあるということです。また受験者は、日本あんこ協会ホームページで公開するあんこに関する情報を事前に学習すれば、試験対策となり合格できるはずと堅く信じております。

【合格者にはどんな良いことがあるのか】
国家資格のようなライセンスではありませんので、就職に有利だとかそういったメリットはないかもしれませんが、あんこ検定に合格すると、日本あんこ協会員『あんバサダー』として、あんこ普及活動をすることができます。また、協会認定のあんこ女子・あんこ男子であるので、もちろん周囲からは、正真正銘のあんこ好きであることが認められます。つまり、『あんバサダー』になるということは、これまで何らかの理由でカミングあんこ出来なかった“隠れあんこファン”にとって、勇気を持って社会にカミングあんこ出来るきっかけそのものなのです。また、あんこの有資格者であることを証明するオフィシャル名刺を作ることも可能です。例えば、ビジネスシーンにおいて、名刺交換をする際、普段の名刺と一緒にあんバサダー名刺を差し出せば、自分のあんこ好きがアピールできると同時に、あんことワンセットで自分のことを相手に覚えてもらいやすくなります。

【日本あんこ協会とは】
名称   :日本あんこ協会
会長   :にしいあんこ
ミッション:あんこを通じて世界平和を実現します。
事務局  :東京都豊島区池袋2丁目23-4 池袋見真ビル3階
設立   :2018年10月1日
WEB  :http://anko.love/

日本あんこ協会は、あんこを通じて世界平和を実現します。人は自分自身に向けられた無条件かつ無限の愛を感じることができた時、何にでも挑戦でき、どこにでも行ける餡心を得ることができます。人には、生みの親、育ての親、両親や家族、おじいちゃん、おばあちゃんなど、それぞれに愛をもって育まれ、今なお応援してくれる存在が必ずいるものです。そして同時に挑戦する人々にとって、そのような応援者は「餡心して帰ることの出来る場所」そのものでもあります。日本あんこ協会は、このような存在の象徴としてあんこを掲げ、あんこを通して、皆が餡心できる社会の実現を目指します。これから何が起こるかわからない人生においても、いつでも人々が餡心していられることで笑顔が生まれ、きっと大丈夫だと思えることで未来に希望がもてます。世界中の人たちがそんな気持ちでいられる状態こそ、世界平和そのものだと私たちは考えます。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。