セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

東三河レストランバス、2020年2月1日より再び走り出す!  シェフが生産者の思いに応える料理を提供

東三河レストランバス実行委員会のプレスリリース

愛知県東三河地方の自治体や企業で組織された東三河レストランバス実行委員会は、2019年2~3月に東海地区で初上陸したレストランバスが、2020年同時期に再び東三河を走ることを報告いたします。前回の渥美半島コースのうち厳選改良した2コースに加え、今回は豊川・蒲郡を巡る2コース、奥三河を巡る2コース、合計6コースを準備いたしました。

この地域ならではの、生産者しか知らない、その瞬間の旨みをフレンチの料理人がさらに美味しく仕上げていきます。また、間近に生産地を感じ、その美味しさの背景を知る事で、その美味しさは2倍にも3倍にもなり、皆様方を必ず楽しませる事ができます。生産者や生産地にしか出来ない、“ここ”にしか出来ない事が、“ここ”にはあります。日常の食材であっても、本当の美味しさを再発見できる旅でもあります。「美しくなるレストランバス」をコンセプトに掲げ、美味しい食材発掘のほか、花巡りや地域の伝統・文化の再発見を通して、美しい時間を過ごしていただきたく、一所懸命に取り組む生産者と共に、「東三河レストランバス」は、皆様のお越しをお待ち申し上げます。

車内イメージ

公式サイト: https://higashimikawa-restaurantbus.com/
期間   : 2020年2月1日(土)~3月29日(日)の木・金・土・日曜日
申込開始 : 2020年1月上旬予定
発着場所 : 豊橋駅前「ホテルアークリッシュ豊橋」横
料金   : 全6コース 17,500円

■主催
東三河レストランバス実行委員会

■後援(申請中)
愛知県東三河広域観光協議会/東三河広域経済連合会/東三河広域連合/東三河県庁

■レストランバスとは
レストランバスは“そこにしかない日本を食べよう!”をコンセプトに移動ソリューションを提供するWILLER株式会社(代表取締役:村瀬 茂高)が開発をしたオープントップの2階建てバスです。「移動」と「食」の融合により、地域の魅力を広く発信することを目指しています。1階にはキッチンがあり、シェフが食材の調理を行います。2階には対面式の客席があり、できたての料理を景色とともにお楽しみいただけます。これまで、沖縄、新潟、東京、北海道、京都、島根など日本各地で運行を実施し好評を博しています。

■東三河レストランバスコンセプト
1. 最高のタイミングで東三河の美しい風景や出会いに感動する
光り輝く太陽と海と大地に包まれながら、花や農産物の産地を巡り、生産者とのふれあいや体験を通じて、感動をお届けします。

2. 最高のタイミングで東三河の美味しさを知る
地元の作り手だけが知っている、食材の本当に美味しい時期や特徴。この土地で採れたその瞬間でしか味わえない、旬の美味しさをお届けします。そして、そんな特徴を最高に活かす、シェフならではの洗練された技術が融合しました。

《コース例》
「奥三河 ~東栄・豊根コース~」
料金17,500円(税込)/時間 10:00~20:00

レストランバスの常識を超えた神秘の旅。
生まれ清まりを根本思想とする「花祭」発祥の地・東栄町、愛知県最深部の豊根村。
希少でありながらも究極の「美」の在り方を存分に堪能していただきます。

【ホテルアークリッシュ豊橋発】
愛知県の最深部を目指し出発。街の喧騒から離れ、奥三河の緑豊かな森林に囲まれながら、東栄町、豊根村の伝統、文化、食材などをご紹介しつつ、魅惑の旅が始まります。

【花祭会館】
到着すると、東栄町を拠点として活動するプロ和太鼓集団「志多ら」が、当地伝統のお祭り「花祭り」の要素を取り入れた「志多らの舞」でお出迎え。バスに戻ると、目でも愉しめるオードブルをお召し上がりいただきます。

【naori体験】
とうえい温泉へ移動し、東栄町産ハチミツと炭酸ガスで、お肌がしっとり潤うバスボム(入浴剤)作り体験を行います。バスに戻ると、現地の生産者から受け取った「原木シイタケ」から出汁をとった、絶品スープをお愉しみ頂きます。

【道の駅 豊根グリーンポート宮嶋】
現地の方々による「とちもち」の餅つきを行い、ご試食頂きます。またこちらでは、奥三河の物産品をお買い求め頂けます。

【チョウザメの生産地】
村の人口を超えた、ロイヤルフィッシュこと「チョウザメ」。完全養殖に成功したチョウザメを、豊根町のPRポスターさながらの迫力で受け取り、ご試食頂きます。

【柿平】
最高のロケーションで沈みゆく夕日を眺めながら、特別な演出で生産者のこだわりを感じるメインディッシュをお愉しみ頂きます。

【豊橋駅着】
東三河の魅力を感じながら、人・食・土地と触れ合えるレストランバス。旅の余韻に浸りながら、幸せな時間を感じてください。

■それぞれの地域で特色あるまち・東三河
東三河の玄関口「豊橋」。北は三河湾、南は太平洋に囲まれ、生産額日本一を誇る花のまち「田原」。格式高い寺社があり、美しく優雅なバラや胡蝶蘭で有数の生産地である「豊川」。取れたての魚介類が味わえ、サンセット時にはシャンパンゴールドに輝く三河湾に面する「蒲郡」。幾重にも連なる山々と、その山肌を縫うように流れる美しい川を有する、伝統と文化を守り続けてきた「奥三河」。
この時期、それぞれの地域ならではの豊かな香りや音、美しい様子をご覧いただけます。生産者とのふれあいを通じて、様々な場所で東三河の大自然が皆様をお迎えします。

■ここでしか味わえない記憶に残る料理を贈りたい
生産者の想いが詰まった食材の美味しさを存分に味わってほしい。料理の作り手は“ホテルアークリッシュ豊橋 総料理長 今里 武”が担います。地産地消にこだわり、生産者と向き合う、ここだけの料理をお愉しみください。いかにナチュラルで栄養単価が高く美味しさが詰まった食材を育てられるのか。恵まれた環境だけでなく、こだわりと工夫を重ねてきた生産者と真剣に向き合った料理がここにあります。

【本ツアーに関するお客様からのお申込み・お問い合わせ先】
豊鉄観光サービス・エモア旅行センター
Tel:0532-54-5691

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。